ご訪問ありがとうございます。
amebaのZEPHYRの後継ブログです。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2015年10月13日火曜日

新月メッセージ 10/13

☆東京出張鑑定のご予約を受け付け中です。ご案内はこちら



新月チャートは、およそひと月ほどのサイクルを司ります。
その月のテーマは、新月→満月というサイクルで発展・実現され、満月→新月というサイクルで収穫・収束(と次の準備)へ向かって行きます。

きわめて短い周期ではありますが、人もこの一種のバイオリズムの中で生きています。
よりこのリズムを活用しやすくするため、12星座別にテーマ・カードを引いています。

カードは青い鳥タロットで、正位置と逆位置の意味の区別は付与していません。
カードのプラス・マイナス、常にその両面の意味があり、新月のテーマに沿って12星座へのアドバイスを添えさせて頂きます。

※「悪魔」「死神」「塔」など、一般的に凶意の強いカードとして知られるものがご自分の星座に配当されていても、決して慌てたり悲観しないでください。このカードは「この新月期をより生かすため」「この新月期をより良く生きるため」という明確な目的を持って引いています。
つまりどのようなカードも、生かすための意味を持ってここに表示されています。





【新月のテーマと全体観測】

この一年の中でも象徴的な新月。

非常に大きな変化と改革が推し進められ、それは個人でも企業でも、あるいは国家でも生じ得る。

ラビのサビアンシンボルは、自分を集団に認めさせようとする、あるいは集団に呑まれずに我が道を貫くという形で出るかもしれません。

前新月では所属する集団意識が非常に重要でした。

そのプロセスの後、今度は自分が集団に対して意識を鋭く働きかけようとする。

この新月では、その働きが非常に強められます。

本来このシンボルは、伝統的なものによって働きかけを行うのですが、この新月は伝統的なものを壊してでも改変を進めることもあるでしょうし、また伝統的なものを背景に異常に尖った行動を人に押し付けていく場合もあるでしょう。

伝統的なものが古いもの・価値のないものとして認識されている国や年代では、逆に伝統的なものが強烈なインパクトを持つこともあるでしょう。
(日本ではこの傾向が強いと思われます)

この月は集団に対して自分を認めさせるということが重要で、そのために自分の持てる力や知識を人に与えたり伝えたりします。

あるいは集団の中で求められている、しなければならない役割。

世の中でのお役目。

それを果たすことで認められるのです。

それが高次のものであれば、非常に大きな変化を世の中に対して及ぼすことすら可能です。人を助け導くような仕事であれば、なおさらでしょう。


ただ、こういった自らの存在を打ち出す新月ですから、極端な思想を持つ人々の動きはいやが上にも高まります。

テロなどの事件は、非常に目立つひと月となるかもしれません。

日本でも、事故や事件、火災や爆発といった火星的なものには注意が必要。
場合によっては火山、海底火山なども?
海洋上の問題が話題となるか。

一方ではスポーツ関連での朗報や、前新月から引き続きの婚姻やおめでたが目立つと思われます。

日本に限りませんが、芸術や文化に関連して、吉凶が顕著に出ます。




【12星座へのアドバイス】

集団に対して自らの役目を果たすことで認知を得る。



☆牡羊座




画像は『青い鳥のタロット』

自らの役目は、安定性や堅実なやり方で表現できます。
ここではせっかちに動かないことです。
計画性を持ち、先を見据えた、いえば保守的なやり方でかまいません。

また指導力を発揮するということも大事です。
そうすることで、周囲はあなたを信頼のおける、しっかりとした人物であると認識するようになります。

この新月期は、この皇帝のようにどしっと構え、自信をもって采配をふるうことです。




☆牡牛座


画像は『青い鳥のタロット』

この新月期では、あなたの呼びかけが重要です。
周囲に対して、しっかり声を発することです。
あなたのメッセージが人々を動かし、変えます。
また難航している事態にも光明を呼び込み、良い知らせを受けることができるでしょう。

また天からのメッセージに敏感になることです。
周囲の人から発せられる何気ない言葉や、起きた出来事の意味するものを、ただの偶然ではなく意味あるものとして受け止めてください。

そしてその意味を考えることで、この新月を喜ばしいものにできます。




☆双子座


画像は『青い鳥のタロット』

この新月期は、精神的な価値や思想を大事にしてください。
双子座はこの新月期のサビアンシンボルの「ラビ」に最も近い位置にいます。
あなたが教えなければならない人たちがいます。
彼らを助けることです。
そうすることでまた、あなた自身が教えられ、助けられるのです。

もし物質的なことばかりに目が向いていたのなら、この月は大きな転換点になります。
スピリチュアルな感性を磨くことで、非常に豊かな人間関係を自分の周りに作り出すことができるでしょう。




☆蟹座


画像は『青い鳥のタロット』

蟹座はこの新月期に、何事もやり抜くようにしてください。
中途半端で放り出すことをせず、ちゃんとした完成を目指してください。
もしここまでに投げ出していたものがあるようでしたら、思い出し、何らかの形でのピリオドを打ってください。

この新月期は一つの終着点となりえます。
つまり新しい始まりが間近にあると考えられるのですが、次のサイクルにスムースに移行するためには、その態勢を整える必要があるのです。

またあなたのお役目の内容によっては、完璧さを目指すということが大事になる場合があります。
喜びをもって励んでください。



☆獅子座


画像は『青い鳥のタロット』

獅子座もまた、この新月のサビアンの「ラビ」に非常に近いカード、女教皇を得ています。
同様に精神的な暗示なのですが、このカードはよりいっそう知性とその冷静さを際立たせるものです。
獅子座は本質として持つ情熱や強い指導力をここで発揮するのではなく、もしろ水のような冷静さの中で、精神の内側に入っていかねばなりません。

書物の中に答えがあるかもしれません。
あるいはこの女教皇が示すような人物が、あなたに何かを悟らせるかもしれません。

聡明であること。
冷静であること。
知ること。
それがこの新月期を生かすすべです。



☆乙女座


画像は『青い鳥のタロット』

役目を果たし、周囲の中であなたを認めてもらうためには、あなたは正しさを掲げる必要があります。
もちろん自分自身が正しく、正当な状態であることが大事です。
迷うことはありません。
自分が正しいと思うことをなすべきです。

ただ、このカードには天秤があるように、その正しさは思いこみではいけません。
相反するものや対極にあるもの。
この世の中は陰と陽、男と女、性質の異なるもので成り立っています。
そんな世界の中で、多くの人が見上げる正しさ。
それを掲げることが大事な新月期です。



☆天秤座


画像は『青い鳥のタロット』

何かを示すためには、時に痛みを伴うことがあります。
あなたが血を流すことで、人々は大切なものに気づきます。
むろん犠牲になるということとは違いますが、何事も楽にやって見せたのでは、人は共感はしません。主人公がつらい体験を乗り終えるドラマにこそ、人は共感と喝さいを送ります。

この新月期の天秤座は、そうした痛みを伴う体験をするかもしれません。
けれど、それに耐えて役目を果たす姿に、周囲があなたを認めたり、尊敬したりするようになるのです。
何かを終わらせる時、そして始まる時です。




☆蠍座


画像は『青い鳥のタロット』

心騒がせてはいけません。
この新月期は、このカードの泉のように静かであらねばなりません。

この水を壺から壺へ移し替える天使のように、あなたは手元をじっと見つめ、そして狂いのない動作で慎重に事を運ぶのです。
そのためには冷静でいなければなりません。

集中して、繊細にお役目を果たしてください。
その姿に、人々はあなたを認めるようになるでしょう。




☆射手座


画像は『青い鳥のタロット』

前新月に引き続きの「太陽」カード。

ここでは、心を開きましょう。
「太陽」のカードは、あらゆるものの統合や和解を示します。
統合のためには何かを受け入れなければなりません。
とくに人間関係においては、相手を受け入れなければ。
そのために心を開くのです。

人だけではなく、ものや出来事、自分の身に起きるすべてを受け入れるのです。
そして自ら手を差し伸べましょう。

おおらかで明るい光を、周囲にあなたが放つのです。
そうすることであなたの役目が果たせ、集団の中でも一層大きな恒星となるでしょう。




☆山羊座


画像は『青い鳥のタロット』

この新月期には、高いところから飛び降りるような勇気が必要になるかもしれません。
そしてそれが、あなたを周囲に認めさせることにつながるでしょう。

大変に大きなショックがあるとしても、それはきっとあなたを脱皮させるためのもの。
大きな衝撃の中でも、立っていることです。
そしてもし苦難があったのなら、立ち向かっていきましょう。

その姿は周囲を感動させます。
稲妻に打たれるような、そんな厳しい体験が、きっとあなたに新しい閃きをもたらすでしょう。





☆水瓶座


画像は『青い鳥のタロット』

この新月期は、成り行きに任せてみるのもよいでしょう。
計画していたとしても、それは思惑通りに運ばないかもしれません。
ならば、風任せも面白いものです。

もしかすると前新月期に何かと向き合った後、自分と向き合った後の事態が定まらない始まりの状態なのかもしれません。
執着を離れた後、あなたは自由になりますが、まだ定まってはいません。
ここで何かに膠着して、こわだりに戻ることはやめましょう。

あなたはすでに新しい時の流れに中にいるのです。
そういうあなたであることが、きっと周囲にも新しいあなたを見つけさせるのです。



☆魚座


画像は『青い鳥のタロット』

なにもかも確かな状態にするのが良いことと思いがちですが、そうでないこともあります。
あいまいで、不確かなもの。
それは人の心や感情の動き。

そこには不安や恐れも潜んでいますが、その潜在意識の底では、未知なるものとの接触があります。
この「月」のカードには、神秘的な見えざるものの存在が隠れています。
その境界線にあなたはいるのです。

理屈ではなく、言葉にも形にもできないものがある。
それをあなたが持っている、あるいはあなたが体現していることが大事で、それを周囲に提示することが、この新月期は大事です。





★★★★★★★★

0 件のコメント:

コメントを投稿