ご訪問ありがとうございます。
amebaのZEPHYRの後継ブログです。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2016年2月8日月曜日

新月メッセージ 2/08

昨日夜、外出先から戻ってくると、なんだかやたらと洟が垂れる……

風邪?とか思ったのですが、それらしい症状もほかになく。

どうやら花粉症がそろそろ始まったらしいのであります。
(加齢とともに症状が軽くなった人→ゼファー)

****************

新月チャートは、およそひと月ほどのサイクルを司ります。
その月のテーマは、新月→満月というサイクルで発展・実現され、満月→新月というサイクルで収穫・収束(と次の準備)へ向かって行きます。

きわめて短い周期ではありますが、人もこの一種のバイオリズムの中で生きています。
よりこのリズムを活用しやすくするため、12星座別にテーマ・カードを引いています。

カードは青い鳥タロットで、正位置と逆位置の意味の区別は付与していません。
カードのプラス・マイナス、常にその両面の意味があり、新月のテーマに沿って12星座へのアドバイスを添えさせて頂きます。

※「悪魔」「死神」「塔」など、一般的に凶意の強いカードとして知られるものがご自分の星座に配当されていても、決して慌てたり悲観しないでください。このカードは「この新月期をより生かすため」「この新月期をより良く生きるため」という明確な目的を持って引いています。
つまりどのようなカードも、生かすための意味を持ってここに表示されています。







【新月のテーマと全体観測】

8日23時38分 水瓶座19度の新月です。

伝言を運ぶ大きな白い鳩

前新月は集団の中で自分の力を発揮する、表現をする、そしてそれによって認められることにかかわっていました。
これは社会的には評価されたり、成功したりということに、限りなく近いものです。
また前満月も自分の力を示すということが性格的にありました。

この水瓶座の「白い鳩」「メッセージ」のシンボルも、成功や評価ということに非常に近いものです。
認められた結果、立場が安定、利益を得る、などの具体的な出来事へつながっていくのですが、水瓶座のこのシンボルは個人的な利益よりもより公共的・人類愛的な観点での実現ということになるでしょう。

詳細を発揮して自分が儲けるだけではなく、全体の利益が背景にある。

だからこそ、この白い鳩はメッセージの担い手となっているのです。

ここがカギで、個人がこの新月を生かすとすれば、大きな意味での理想や人々全体のための行動や発信、それを広めていくことなどが大切になるはずです。

あなたがこのメッセージの担い手になれるかどうかが重要です。
なれることで、あなた自身も大きなものを受け取るのです。



思えば、北朝鮮の長距離弾道ミサイルの発射も、これらのシンボルのマイナス面であったということがわかります(我が身の安定、力の誇示)。

とくに、この新月図は蠍座の火星のハードアスペクトが顕著で、争い事や事故、火災、軍事的な行動、テロなど非常にきな臭い。
つまり自分の立場の案手や利益のために、こういう火星的手段をとる人物や国家も存在するということです。

新月図などもそれが近づけば、その傾向が出現します。
昨日の出来事もその象徴であったろうと思いますが、むろん暴力的な手段での試みが自己の利益につながるケースは少なく、かえって首を絞めます。

この火星はアジアにおいては直接的な戦乱につながるものではなく、むしろ外に出ない葛藤となります。
国家間の確執や緊張は高まるように見えますが、裏側では交渉が繰り返される印象があります。
(アメリカでは銃器の制限の葛藤がある? が、理想は実現されにくい)

全体的な流れでは、上記の火星事象が強く出る月の傾向が続きます。
これは昨年来、あまり切れ目がなくあります。が、これまでよりも表に出にくい印象があります。


日本に関して考えると、逆に状況が有利に働くように思われます。




【12星座へのアドバイス】

より高い理想や広い視野に立つことでさらに成功や評価を得る。
メッセージを届ける、あるいは受け取る。



☆牡羊座


№4 皇帝  画像は『青い鳥のタロット』

かなり堅実で、保守的な態度で何事も当たっていくほうが良いでしょう。
もちろん保守的すぎるのもマイナスで、逆それが評価を落とすこともあるでしょうから、この保守性は決して守りに入って何もしないということではありません。

大事なものを守りたいという意思は誰にもあり、そこを確実なものにするというような使い方が、一つ良い選択になると思われます。

権威を振りかざしたり、人の助言も入れない頑固さなどは、注意すべきです。
とくに上に立つ人は、この新月期にご注意を。

良い意味でのリーダー・シップを発揮することが求められ、そこがあなたの白い鳩とメッセージになります。



☆牡牛座


№15 悪魔  画像は『青い鳥のタロット』

物質的に欲望や性、酒やほかの誘惑的なものが、あなたをまやかしの世界へいざなうかもしれません。
自分の中の弱さと向き合ってみることです。
なにがその傾きを作っているのか、自分なりに答えを出してみるとよいでしょう。

強い客観性を得たり、高いレベルでこのカードを見られるのであれば、時にこの「欲」を上手に使うことでその場をうまくコントロールできます。
何かの欲は、無意味に与えられているわけではないからです。

しかし、多くは迷いやすく、自分をごまかしやすい。
その傾向に対して目を開いていると、この月はうまく過ごせます。
それを気付かせる「白い鳩とメッセージ」を見るかもしれません。



☆双子座


№20 審判  画像は『青い鳥のタロット』

あきらめていたものが蘇ったり、待ち望んでいた知らせが届いたりします。
またあなた自身が、多くの人に呼びかけを行う白い鳩の任を果たすべき時なのかもしれません。

不調だったものが回復し、スランプだった人には啓示があります。
自分のもとに届くものに敏感になってください。
それはふと目にする本の一節だったり、友達からのメールだったりするかもしれません。

それらはあなたに向けて発せられたメッセージなのです。
心に響くそれを見つけることです。

またすでに翼を得ているのなら、あなたが周囲にメッセージを運ぶのです。




☆蟹座


№10 運命の輪  画像は『青い鳥のタロット』

機会というものが大切です。
物事を始めたり、状況を変えるためにはタイミングを見ていなければなりません。
そういう意味で、この「運命の輪」は時ということにも深く関係しています。

この時期を逸するということもマイナス面としてはあるのですが、あなたが敏感になっていれば、この時を捕まえることができるはずです。
焦ってはいけません。
むしろ自然界の大きな流れに身をゆだね、自分でコントロールしようとしないことです。

リラックスして、外の風景を見つめ、肌に受ける風の強弱、光が照ったり翳ったりする、そのリズムに目を向けましょう。
人の動きも同じです。

蟹座もまたこの新月には、そのようなメッセージを受け取って、運命の歯車を回す必要があります。




☆獅子座


№14 節制  画像は『青い鳥のタロット』

おそらくですが、獅子座にとっての問題はすでに起きている可能性が高い。
この新月期には、獅子座は事態の調整を行わねばなりません。
そのためには冷静さを保ち、節度を守らなければなりません。

また問題が起きているわけでなくても、この新月期には上記の態度がとても役立ちます。
生活を正して、身辺を清潔にしておくことです。
また仕事や学業においては、集中力を発揮して、自分のなすべき手元を見つめましょう。

派手な動きはあまり必要ではありません。
逆に言えば生活のリズムが乱れ、冷静さを欠くと、この新月期に失敗をします。
そのためは毎日、鏡を見るのもよいでしょう。そこにある自分を見ておくのです。

そうすることで、あなた自身の姿が人々へのメッセージになったり、自分がメッセージを受け取りやすくなります。



☆乙女座


№6 恋人  画像は『青い鳥のタロット』

この新月期には熟考するということが必要なようです。
この「恋人」のカードは選択ということにも関連がありますが、右か左かというような選択を、早計に決めてしまうのではなく、様々な角度からよく考えてみる必要があります。

考えすぎると、人間、逆に決められなくなってしまう可能性もありますが、それでもいいのです。
自分の考えが煮詰まってしまって、あまり身動きが取れなくなる傾向が、乙女座にはあるのかもしれませんが、じつは本当の決定は天で為されています。

あなたはこの分岐点で、その天からのメッセージを受け取った選択をしなければなりません。
そのためには自分が考えに考えて、煮詰まってしまって、何も考えられない、というような領域に入るのも一つの手段です。
そこへふわっと、白い鳩が舞い降ります。メッセージを携えて。

安易な解決を求めず、それを受け取ることです。



☆天秤座


№12 吊られた男  画像は『青い鳥のタロット』

このカードの男の頭部は、光を放っています。
吊られた状態で身動きもできずにいるのですが、彼は思考、思索をフル活動させています。
そのため夜闇の中でも、彼は星辰のように光を放っているのです。

天秤座はこの「吊られた男」のようにあらねばなりません。
今の状況で苦しんでやるのではなく、この男のように一見つらい状況も、我が身にはかかわりなき事のように手放し、そして自分の中にある豊饒な知恵や内的な導きに耳を傾けるのです。

肉体的苦痛は別ですが、状況の中で苦しみもがいても良いことはあまりありません。
苦しみから離れ、実際には何も自分を害するものなどないのだと知ることです。

白い鳩とメッセージは、あなたの中にあります。



☆蠍座



№5 法王  画像は『青い鳥のタロット』

弟子たちに教えを授けている法王。
言うまでもなくこの法王は、精神的なものの価値を説いています。愛や倫理、神の道、スピリチュアリティなど。

蠍座はもともと精神の深いところに近い星座です。
今一度そういった本質に目を向けてみるとよいでしょう。
またこの法王のように、あなたにそれを伝えてくれる存在が現れるかもしれませんし、逆にあなたがそのようなものの価値を人々に伝えることが、全体をよくするのかもしれません。

祝福され得ないものは、ここでは役立ちません。
自らのスピリチュアリティに照らし、天や神が祝福するものがあなたに白い鳩となります。



☆射手座


№8 正義  画像は『青い鳥のタロット』

天秤を掲げるこの女神は、射手座がとるべきこの新月期の姿を象徴しています。
「正義」という名のこの女神は、むろん正しさということを強く求めています。
本当の正義とは、自分なりの一方的な正義では決してありません。
あなたが主観性のみに捉われず、客観性も同時に持ちながら、事態を見つめること。
自分の行いを他人がしたと思い、それを外側から自分が見たときにどう思うか、たとえば同じことをTVドラマの中で演じている役者がいたら、その役柄の人間のことを自分がどう思うか。
そんなことを判断材料にするとよいでしょう。

この新月期、人間関係や仕事の状況でも何かの間でバランスをとることを求められるかもしれません。
あなたは常に自分の良心に問いかけ、自らに恥じない決断をし、公正に事を行っていかねばなりません。
このことが、あなたの姿を通じて、人への白い鳩とメッセージとなります。
あるいはそのように過ごすことで、あなたの前に白い鳩が舞い降りるのです。



☆山羊座


№11 力  画像は『青い鳥のタロット』

「力」のカードは、猛獣を少女が抑えているように、本能と知性のバランスを暗示しています。
衝動的にわき起こる怒りや欲、強い熱情、こういったものと理性や知性がバランスしてこそ、自己制御がうまく行きます。
アクセルを踏みつけたい欲求が湧いても、ここは考え、セーブすることです。

また不調な何かがある時、そしてそれが続いている時、どうしても力づくで事態を変えたいということがあります。
しかし、力づくはこのカードの良き側面ではありません。

力は知性を得てこそ、100%生かせるのです。
頭脳的なプレーができるボクサーのように、相手をよく見て、俊敏に、そして我慢も知ることです。
それには勇気がいりますが、その勇気の前に白い鳩が舞い降りるでしょう。



☆水瓶座


№1 魔術師  画像は『青い鳥のタロット』

ナンバー1のこのカードは、すべての始まりを暗示しています。
ただ、始まりの時というのは、場合によっては状況が混とんとしています。
「魔術師」は四大元素からものを創造しますが、始まりの時においては何が生み出されるのかも定かならぬことがあります。

この時に必要なのは、意志の力です。
未来は必ず人の意志が創造します。悪しき未来は、それを思い描く人がいたから生まれるのです。
逆にあなたがここで良き未来を確かに意志するのであれば、この始まりの時は良き未来の種となります。

意志を持つ。そのためには自信が必要です。
心配はいりません。あなたには、良き未来を創造するための力があります。
思い描くことです。

そのイメージの中に、きっと白い鳩が舞い降り舞す。
あるいは、その白い鳩が舞い降りた未来を想像するのです。それは実現できます。



☆魚座



№13 死神  画像は『青い鳥のタロット』

この恐ろしげな「死神」は、予期せぬ大きな変化をもたらすことがあります。
しかし、意味の中には「破壊と再生」があります。
つまりただものを壊すのではなく、再生のための布石としての、現状の変化があるわけです。

その証拠のように、月のような大きな卵は割れ、孵化しています。そして日が昇ってきている。
すでに新しいものが生まれているのです。
卵は割れぬままでは、何も生み出さないのです。

この新月期の魚座は、自分の殻を脱ぎ捨てることで、いち早く新しい自分と自分を取り巻く環境を生まれ変わらせることができます。
そのためのメッセージを白い鳩が携えてくるかもしれません。




0 件のコメント:

コメントを投稿