ご訪問ありがとうございます。
amebaのZEPHYRの後継ブログです。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2017年4月15日土曜日

継ぐ者を育てるのも楽し


ミュージカルでバタバタしているうちに、今年もはや4月半ば。
正直、正月からこっち、「あっ!」という間ではなく、「あ」の音の半分くらい出すぎてしまったような気がする。
恐ろしい……(^_^;)

というようなことを、占星術講座の記事を作成しているときに感じました。

占星術ネット講座は、だいたい8月スタートなんですね。
今やっているのは4期の上級と5期の初級ですが、どちらも一年のサイクルの後半に差し掛かっています(4期は二年目の後半)。
もう5月6月7月の3カ月とちょっとしかないわけです。
とくに4期なんかは、実占に必要な様々な情報提供をすでにかなり終えてきており、そうなると生徒さんの成長が目に見てくるケースもあります。

あ、肝心なところはわかってきてくれているな~と実感することは、私によっても大きな喜びなのです。
もちろん人によって学習のペースが異なりますし、それは人それぞれなんですよ。

リアルタイムで学習についてこられている方もいれば、ゆっくりマイペースの方もいる。
一定の閲覧期間がありますので、その範疇で調整してもらえばよいわけです。
同じことを同じ時間で学んでいても、それは胸に落とし込まれる時間もそれぞれ違いますしね!

1期生の森乃僚子さんなんかは、学ぶことが本当に苦手な方で、私以外の人間から学習することができなかったそうです。
これは私の手柄というよりも、何か相性みたいなものもあったんでしょう。
何かを学ぼうと思って、そこに多大な時間を費やしても、なかなか実にならないケースもあるわけです。

でも、頑張っていれば、どこかで通じる。
やっていることが無駄になることなんかない。

基礎的なことを一度ちゃんと体に通していれば、それはいつか理解できるようになるものですし、あきらめない限り使えるようになる。

私自身がそうでした。
私の場合は、占星術が好きで勝手に学習していたのですが、それが総合的に身についていたことを実感するのに、二十年以上かかっています。
これという師に学ばなかったからです。

ちゃんと師について学んでいれば、もっと早く使えるようになっていたのではないかと後で思いました。
そういう思いもあり、今は継ぐ者を育てることもまた楽しいゼファーなのです。


あ、5月になりましたら今年のネット講座の募集を開始いたしますね。


ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

2 件のコメント:

  1. あ!やだー!Σ(゚д゚;)恥ずかしー!
    落ちこぼれ代表みたいな感じて紹介されてるじゃないですかー!(-x-;)・・・。

    いやいや本当に。ここまで育てて下さったことに感謝しております。
    自分が真剣になれる師匠との出会いは、人生の宝物になります。

    返信削除
    返信
    1. 落ちこぼれ代表だなんて(笑)

      僚子さんがここまで成長してくださったのは、私にとっても大きな自信なんですよ。

      削除