ご訪問ありがとうございます。
amebaのZEPHYRの後継ブログです。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2017年2月27日月曜日

3月の12星座の運勢



zephyrより。

この「12星座の運勢」は、主にマルセイユ・タロットを使用した12星座それぞれの運勢です。
(占星術も可能な部分では採用しておりますが、限定的なものです)

この12星座の運勢は、あくまでも全般傾向です。
個人の運勢とは異なることも、決して珍しくありません。

ですから、この全般傾向の中に何らかの不調が表示されていてもいたずらに気落ちし、「そうなんだ」と暗示にかかることは好ましくありません。
注意点に留意し、参考や心構えにして頂く。
良い暗示について、ご自分の現状に照らしてシンクロする部分があれば、それを生かす。
そのような活用をして頂ければベストかと思います。

そのような活用の仕方はできそうもない、悪いことを知らされたら落ち込む、とお感じになる方は、お読みにならないでください。
また、解説の中に出てくるアドバイスも、ご本人の現実に照らして生かせるかどうかは、ご自身で判断ください。



一言メモ

この月では、全般に数多くのカードを必要とする展開が多く、おそらくなかなか解決しにくい出来事や、多くの努力を必要とする問題を経験する風潮があるのではないかと思われます。
また訃報が多いのではないかと思われるところもあります。

☆牡羊座♈

趣味や娯楽、遊びは絶好調。
しかし、仕事は問題山積み。

そんな極端なわかれ方をするかもしれません。
同僚が辞めるとか、あるいは内輪で問題が起きて協力体制が取れないとか、そんなことが一番考えられますが、いろいろと手を打ったり、努力を重ねても、対処しても対処しても、なかなか改善が望めないかもしれません。
ある意味、ちょっと達観して、様子を見るくらいの姿勢でいたほうが、消耗は少ないかもしれません。
ただ高みの見物のような姿勢だと、それが問題になってしまうかもしれませんので、ふるまい方は慎重。

一方で楽しいことも多そうな月で、このプライベートな部分を自分の気晴らしにして、気分転換するとよいでしょう。
そういう意味でのバランス感覚があったほうが楽に過ごせる月です。

☆牡牛座♉

牡牛座は先月に引き続き、わりと安定的な運勢です。
ただ、先月に比べると、ちょっと迷いや先の見えない状態を感じやすくなります。
しかし、それで何かが崩れるというような運勢ではありません。

具体的には二つのことを掛け持ったり、仕事と家の事情が重なったり、なにかとバランス感覚が必要とされますし、大きなものではないですが、職場や家庭での内輪もめ的なことも経験するかもしれません。
上司やトップに不信を感じる出来事があるかもしれません。

が、ここはひとまず気持ちを落ち着け、謙虚な姿勢で対応しましょう。
ややその場しのぎ的な対応になってしまうかもしれませんが、それが必要な時もあります。
ちょっとしたひと波程度ですから、そこを過ぎれば大丈夫です。

☆双子座♊

前月の変化の運勢は継続されており、かなり大きな動きがある月です。
人によっては何かの辞令を受けたり、あるいは誰かから告白されたり、目の覚めるような出来事をプライベートで体験したり。

こうした動きの大きな付きには混乱もつきもので、双子座も特に次のような対応に追われる月となるかもしれません。
同僚との関係、協力体制が維持できないこと。
私生活ではパートナーや子供、兄弟など、家族関係の問題。

しかし、新しい始まりを迎えている人が多く存在しているのが双子座です。
前に進みましょう。

☆蟹座♋

この月に意識されやすいのは、「家族」である可能性が高いようです。
むろんそこになんらかの課題や問題が生じるからなのですが、あまり深刻にならないことです。
むしろ楽天的な心理を保ちましょう。なんとかなる。
先が見えにくい感じがあるのですが、それは夜になったらしばらく見通しが効きにくいのと同じです。すぐに日が昇り、道は見えてきます。

家族が意識されやすいのは、その大切さを理解するためであることが多いようです。

また仕事やほかのことでも、なにかあきらめていたものが、最終的に戻ってくるというのか、復活したり仲直りしたり、再生したり。
そのような動きもありそうな蟹座です。

☆獅子座♌

蟹座と似たところのある運勢です。
家族関係を意識しやすい傾向があり、それはやはり家族というものを自分の中で認識し直すというのがありそうですが、より獅子座のほうがコントロールしにくいものとなりそうです。
不可抗力、個人の努力や意識ではコントロールしにくい出来事がこの世にはあります。

まずそれを受け入れ、それについて家族と話し合ったり、何か新しい選択をしたりする必要があります。
心がけるべきは、全体的な調和です。ここではエゴを押し通すのは得策ではありません。むしろ引いたほうが良い結果を得られます。

迷いも多く、ここですべての結論が出せるわけではありませんので、焦らず状況に一つ一つ対応していきましょう。

☆乙女座♍

まやかしやごまかし、幻想から覚める月です。
それは偽りの恋であるかもしれませんし、その場しのぎの心を偽った仕事かもしれませんし、あなたを縛り付ける人間関係かもしれませんし、あなた自身の執着かもしれません。
いずれにせよ、この月はそうしたものにケリをつける好機です。

この月には始まりと終わりがあります。
それはこの月の中だけで発生し、終結するばかりではないかもしれません。
この月に中心的にある偽りが始まった時と終わりの時が、集約的に意識される時だということです。あたかも自分の映画でも見ているように。

その本質は、変化です。
変わる月であり、好転する月であり、そのためにケリをつける月なのです。
そのことであなたは乗り越えられるのです。今の自分を。

☆天秤座♎

ここで、あなたは何もする必要がありません。
具体的に何かをすればよい運勢になるとか、何かをつかめるとか。
そういうのではないのです。

しかし、この月の天秤座はもっともドラマティックでもっとも幸運です。
大きな変化があります。それはあなたという個人の意思や望みとは、一見、無縁に勝手に起きます。
何もする必要はないと申しましたが、じつは外に向かっての行動としては、です。

ここで起きることに対して、あなたは自分自身を見つめる必要があります。
大きな視野で、この世界の中で自分にできることを考えてみましょう。今の状況に照らして。

起きたことをただ受け入れ、天意に沿って行きましょう。
あなたが選択することが、間違ったこと、不正なことでなければ、それは天が喜び、あなたに恩寵をもたらすでしょう。
ここまでにそういう生き方ができたかどうかも試される月になります。

☆蠍座♏

この月の蠍座は、おそらく12星座の中でももっとも惑いが多いと思われます。
おそらくショッキングな出来事も、一番多く発生する星座です。
それは何らかの別れであったりするかもしれません。

家族に関する暗示は強く出ていて、あなたの愛情はここで必要とされます。
大切な存在を大切になさってください。

そして今ともにある人との間で、しっかり話し合うことが必要です。
足りなかったのなら、コミュニケーションが必要です。特に家族とのコミュニケーションです。

そのうえで、蠍座はここで新しい選択をするようになるのです。

☆射手座♐

母親や子供に関しての運勢がアピールしており、ここで子供を授かったりする人がいるかもしれません(受胎・もしくは出産)。
もっとリアルに、今存在する自分の母親が何かの役に立ってくれるということもあるのかもしれませんし、家庭の中で母の役割にある存在がありがたいということもあるのかも。

その一方で、仕事にはコミュニケーションの不足や不和などが原因で、障害が多そうです。こういったことが原因で、大きな問題が起きてしまうケースもありそうです。
ただ、その起きる出来事も、状況を変えたり、ただ変化させるのではなく、いいほうへ変えるという役目もありそうです。

ここでは、その成り行きを見守るという立場で良さそうです。
ただの傍観者ではなく、こういったことが自分の身のまわりで起きることの意味を顧みつつ…というのが理想。
すべては調和に向かっています。

☆山羊座♑

山羊座は射手座と相当に似た運勢で、全体としては調和に向かっているのですが、そのための膿み出しのようなものが行われます。
それが母性にかかわるということも共通してありますが、母親の立場にある人は重要度が増すと思われます。
思い切って、何かを捨てるという選択が功を奏する可能性があります。

過去における選択の過ちを、ここで修正するという傾向もありそうです。
その意味では、自分が謙虚になって受け止め、修正を実行に移すというのが正しそうです。
仕事やプライベートでも、そんな流れの中でバランスが崩れがちですが、完結に向けてコントロールはしていけます。投げ出してはいけません。

財運はよさそうです。


☆水瓶座♒

良かれと思って進んだ先が、どうも不調…というような流れになることがあります。
特に仕事関係で感じることが多いでしょう。
前月と同じように仲間・同僚と力を合わせていく必要があります。

この月の問題は、ここだけではなかなか終わらないかもしれず、来月に持ち越す可能性もあります。
が、焦らないことです。
一番大事なのは、冷静さを失わずに、自分をコントロールすること。
事態をしっかり見つめ、必要なものとそうでないものを選別しましょう。

必ず先には、はっきりとした具体的な形が見えてきます。
この月では、その形を見つけ出すところまでを目標にすればよいでしょう。

☆魚座♓

魚座はとうとう一区切りつけられそうです。
ここまで頑張ってきた甲斐がありました。そんな運勢で、何事かの成就や成功にたどり着く人も多いでしょう。
また背負い込んできた苦労が、ここピリオドを打つということも。

ただそこへ至るまでの最後のひと山が、前月の終わりからありそうです。
ですから、ここでひと踏ん張り。とくにこれは仕事かな? 家庭だとお年寄り関係。
ゴールは見えてきますし、事態は必ず変化します。

卑屈になってしまったり、自信を失ってしまったり。
そんな自分から脱却しましょう。それは現実ではなく、周囲が思わせる幻想にすぎません。
勇気をもって見据えた未来にはきっと拍手が待っています。

旅行運吉。



ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

2017年2月26日日曜日

3月の日本と全体傾向


全体的には天王星の力が際立ってきます。
トランプ大統領を中心にした分断の動きは、さらに強まると思われます。

また災害や事故が目立つ傾向もありそうです。


これよりしばらく、日本においては突発時が発生しやすいチャート状況が確認されます(2017年のかなり長期になります)。
その中でも3月4月は、比較的注意を要する月といえそうです。

2月の終わりから3月の初旬に目立ったものを確認できますが、そこを過ぎたら安心という状態ではありません。むしろ月の半ばの満月の後と月の終わりごろにも懸念すべきものが見られます。
この傾向は日本だけではない、全体的な傾向としてあります。
災害的なものも含め、今一度防災意識をもって過ごすように努めたいものです。

一方で国民や個人の生活が、変わってくる流れもここで強く発生します。
一番理想的だともうのは、たとえば残業ばかりしている日本の労働状況や十分な報酬を得らえないために十分なサービスが用意できない保育などです。
これらが改善されていく動きが、ここで顕著になる可能性はあります。
むろん長い年月、慣習的にやってきたものは簡単には変えられないでしょうが。


◇3月の日本のカード◇
(画像は日本神話タロット)

この日本神話タロットを使用し始めてから、3度目です。

4月の熊本地震、10月の鳥取地震のときにもこのカードの正位置でした。
今回は逆位置。
逆位置では「未完」「限界」「崩壊」などの意味があるこのカードが示すものが何なのか。

豊洲市場問題に関して百条委員会が設置される運びとなり、3月に石原元都知事も喚問されるようですが、ここで膿を出す暗示なのか?
ほかにも大きな出来事として用意されているような気がします。

カードの内容が内容ですし、チャートから感じられる懸念もあります。

個人としてはやはり用心して過ごしましょう。

※ 2月の「女教皇」の逆位置。あれは日本のカードとして引いていますが、「後継者」の意味を持つこのカードは、おそらく金正男氏暗殺事件のことも表示していたと思われます。日本でもすごく強く意識される後継者の事件として。



ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

2017年2月25日土曜日

新月メッセージ 02/26


新月チャートは、およそひと月ほどのサイクルを司ります。
新しく生まれるサイクル。
私たちには常に新しい人生を開く扉が用意されています。新月という新しい扉を開き、あなたも常に生まれ変わるのです。

2月26日23時57分ごろ――水瓶座8度で新月が生じます。



この新月は、同時に日食図でもあります。

昨年、非常に強力な浄化と癒しの流れが生まれました。
何をもって浄化、何をもって癒しとするかは、個人個人で違いはあります。しかし、本質的には自分の中を見つめ、そこにあるものと向き合うこと、理解すること、愛すること――それによって起きるものです。

人とのかかわりの中で経験することになる人もいれば、何かの個人的な体験、たとえば身体の不調と回復であるとか、仕事の挫折と再起などのプロセスであることもあります。

この新月は、その浄化と癒しの流れの中でも、ちょっと変わった出方をします。
個人や集団(企業や国など)がそれぞれの立場で、自らの力や技量を誇示する傾向があります。
要するに、この一年ほどの最後のプロセスで、みずからの価値を示すことで癒されるという側面を持っているのです。
これはたとえば不調→回復 挫折→再起というようなサイクルがあるとすれば、その最後の段階なのだと考えられます。

これは浄化と癒しの流れに乗ってきた人(集団)の話です。

そうでない場合、ここでただ自らの力を誇示することに終始するということも起きえます。チャートの力を流れの中でよい形で使えるか、それとも好ましくない方向へ転換して使ってしまうか、それぞれの判断や選択にゆだねられています。

ですから、北朝鮮が新型ミサイルをまた打ち上げることもあり得ますし、革新的な技術で産業の発展や社会のために貢献するという動きもあっておかしくありません。
ここでは、そういった新しい技術の提示が多くみられるかもしれませんし、個人の技能の数々にもスポットが当てられるかもしれません。

一芸に打ち込んできた人は、ここで納得を得られます。
競争社会に生きざるを得ない人も、成果や評価を得やすいでしょう。むろん勝者がいれば敗者も存在するのがこの世の中です。
負けることで得られるものが必ずあるはずです。
執着を手放しなさい。

そこに、新しい風が必ず吹き込んできます。



◇メッセージ

この新月は、あなたを戦いの場に導きます。

穏やかに優しく。
それは美しい。
なれど、調和が満たされているとき、大きな変化や成長は乏しくなる。

あえて促しましょう。
あなたが闘志を掻き立て、打ち勝っていくことを。成功することを。

ここでは坐していてはいけません。
人格者としてふるまうことだけでは解決しない問題もあります。
手を差し出さなければ、その手はものをつかむことはありません。
つかもうと思うのであれば、それを欲しなさい。

誰かと競争するというプロセスはあってよいのです。
競争することは、あなたに大きな成長を促し、互いを切磋琢磨させます。
打ち勝つことだけに執着する必要はありませんが、勝利することの喜びは、また格別のものです。
成功を勝ち取ることの喜びもまた、この新月にはたっぷりと用意されているのです。

あなたはその喜びの満たされた器を手に取らねばなりません。
その大きな器を手にするためには、今何をしなければいけないか、考えねばなりません。
見定めるのです、それを。

この時期にはイマジネーションが活性化し、夢が膨らみます。
なるべき自分の理想に思いを巡らせなさい。

魚座と海王星の効果は、ともするとそれを拡散させすぎます。
そうすると、広げすぎた風呂敷は、風に飛んで行ってしまいます。
だからこそ、この新月ではそこへ続く行動力や集中力が大事なのです。

それはより具体的なほうが良い。
時には誰かと自分を並べ立て、確認することも大事なのです。
よし、あの人のようになろう。
いや、あの人を超えよう。

その強い意欲があなたによき結果をもたらします。

またこの時期には、あなたの女性性が大きな変化を迎えます。
男性であっても、自分の中にある女性性を健全に保つことは、異性や配偶者との関係の健全化に大きく役立ちます。
まして女性は、自分の女性性を浄化し、そのことによって、より魅力的にもなります。

それはいわゆる女らしくなることだけではなく、この新月ではきっとパラス・アテナのようなもの。
知恵と技能と戦いの女神、アテナ。
あなたの中のアテナを目覚めさせなさい。


ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

2017年2月24日金曜日

ペッパー君と話す


先日、パソコンのことでちょっと知りたいことがあり、家電量販店に行きました。
すると、そのお店には、なんとペッパー君がいました。


なにやらコーヒーで有名な某会社(バレバレですが)の宣伝マンとして立たされているようです。
ちょっとお話してみました。
なにせ、私、彼の実物と遭遇するのって、たぶん初めて。


ちゃんとこっちの目を見て話す。
うーん。
礼儀を知っておるな。

いくつか選択肢があったのですが、彼と遊ぶことにしました。
早口言葉を選択し、100倍でしゃべってもらうことに。


彼の胸のディスプレイにある言葉を、彼が早口でしゃべってくれました。
100倍なんて聞き取れないんじゃないかと思ったのですが、意外にそーでもない速度でした。
ただ同じ事をしろと言われたら、私には無理かも。


そういえば、ちょっと前、テレビの番組で入院中のおばあちゃんをご自分の結婚披露宴に参加してもらうために、このペッパー君を介したVR技術で、在宅のおばあちゃんにあたかもその場にいるような臨場感を与え、ペッパー君を通じて披露宴に出席した喜びを感じ取ってもらったという、すごく感動的なお話を見ました。

おばあちゃんにとっては、もう出席しているのも同じ。

なんか、弾道ミサイル発射実験成功とか、それに対応したTHAAD配備がどうとか、空母や原潜、ステルス戦闘機だとか…
まあ、私も男の子的な嗜好はいまだにあって、そういうものの中でも、かっこよさげなの、嫌いじゃないですが。
子供のころ、「帰ってきたウルトラマン」のマットアローとかマットジャイロとか、作ってましたよ、プラモデルで(懐かしすぎる…)。

しかし、リアルな世界の怖い兵器の科学技術より、こういう科学技術のほうがずっとほっこりさせてくれますよね。

私たち夫婦がいよいよ晩年を迎えるころには、ペッパー君の第二第三世代が誕生していて、もしかすると生活の中に、当たり前にロボットが存在して、コミュニケーションするのが普通になっているかもしれませんね。

それこそ、家族みたいになっているかも。

「アンドリュー」(映画)…泣けます。名作です。



ハイ、ソノトオリデゴザイマス。


ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

2017年2月23日木曜日

時が巡る


朝、風が吹く。

朝、花が目覚め、咲く。

大きく、あでやかに!


春、まどろみの中で。

春、揺り動かされる。

時が来たよ、素敵な時が!


あなたがどんな姿でも。
どんな状態でも。

時は巡り、肩をたたく。

さあ――


★★★★★★★★


ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

2017年2月22日水曜日

ある星に焦点を絞って見る


昨日、腰を痛めたということを書いたのですが。
じつは近い過去の中で、顕著に腰を痛めた時期というのがあります。

それは2010年でした。
当時は私が最初に市民創作ミュージカルの台本を手掛けた「最後の五匹」が、制作進行中でした。
このころの日常は割と記録を残していて、3月24日から4月の中旬ごろまで腰の不調を抱えていました。ホテルの勤務を続けながら執筆作業をしていたのですが、あまりにも腰が痛く、机の前にひざを折って、腰を垂直に保った状態でPCに向かっているような状態でした(この体勢だと、床についた膝が痛い)。

この時期だけではなく、台本が作られ、結団式が行われ、オーディションが行われた9月にももう一度、腰を痛めています。
その時のことはアメブロの記事にも残しています。
メインキャストがほぼ決定

娘に支えられなければ、階段も降りられないような状態でした。

実はこのころも、私のチャートでは土星のハードアスペクトが絶好調でした。

歴史は繰り返す……てな、大げさなことではないんですが(笑)
こういうのも、しっかりチェックしておくと、特に自分のホロスコープを読む時には有益です。
前回の経験がかならず同じように繰り返されるわけではないのですが、土星なら土星原因のなんらかの影響はあるだろうと予測できるわけです。

私の場合、2010年の土星も、今回の土星も、どちらかといえば、メンタルに負荷をかけてきました。
そのことが原因で、体調にも影響が出たというのが、真相だと思われます。

2010年当時は、まったく書いたこともないミュージカルの台本を、短期間で脱稿することを求められ、極限的な努力をする一方、友人関係でもいわれのない不調がありました(この時の出来事は、相手方が理由を説明してくれ、私個人には非がなかったと後でわかりました)。

今回も大筋では似たような経緯をたどっています。

またほかの事例も考慮に入れると、あと3日~4日。
これで今の一番のハードな状況は去るはず……
そしてミュージカルの本番の直前には消滅する……

こういう終焉時期が予測できるのも、人には救いとなることがあります。

もっともこれは土星そのものの効果がなくなるわけではなく、それと連動した星の効果が弱まったりなくなったりするだけ。
土星は今年は長いお付き合いになります。


火星なら火星、土星なら土星。
木星なら木星。

こういう星の一つだけに焦点を絞って、自分との関係性を見ることも、時には大事です。
むろんトータルでの解読ができての話になるのですが、何らかの手掛かりになることはあります。


ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

2017年2月21日火曜日

特別鑑定延長


また腰を痛めてしまった…(´Д`;)
そのため二日ほど早朝ジョギングも休んでいましたが、今朝、ようやく再開。
まだ本調子でないため用心しなければなりません。

つくづく。
土星のシーズンなのでしょう。
しかし、出方として考えれば、まだゆるいというのか、穏やかな出方で済んでいるのかもしれません。

そんな中、とてもうれしいこともありました。
またいずれ、ご報告させていただきます。


今日はこれからBamboo Cafeで特別鑑定、連続4件!
   ↓
Bamboo Cafeで特別な鑑定企画

実は当初の定員5名様を、とっくにはみ出してしまっています。
その場に何人かいて、「私も」「私も」みたいな流れになると、とてもお断りできません(^_^;)
ま、ミュージカルを観に来てくれて、娘2のお店にも貢献できるんだからいいかっ…。

特別鑑定企画は、もう少しだけ延長しようかと思っております。
お申込みございましたら、私のほうへご連絡ください。



ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

2017年2月20日月曜日

下弦の詞 2/19


昨日が下弦の月でした。
ここでは、次の新月への準備が行われますが、とくにこの下弦のサイクルでは、一種の基礎固め、土台作りのようなことが傾向としてあります。

この下弦チャートでは、経験ということが重視されます。
あなたがこれまで積み重ねてきたもの。
それはすべて、あなたの中にあります。

それらを大切にしなさい。
あなたを形作っているのはその経験なのですから。

現実的にはそれはキャリアであることもあるでしょう。

しかし、そればかりでは決してない。

あなたは過去の自分の経験の中から、真に有益なものを選別し、そしてその大切な種を次の成長に向けるために持ち続けなければなりません。

継続は力なり。

やがて種は芽を出し、花を咲かせるでしょう。

大切なのは、続けること。



ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

2017年2月19日日曜日

年を食う


人は常に、死に向かって歩んでいる。
これは不死を得ない限り、揺るがない真実です。

この頃、自分の人生の終焉について、何となく考えることが増えました。

ずばり、トシですね(笑)

そういう年齢に自然になったということです。

といっても、別に何か悲観的になって、世をはかなんでいるということでもない。

実際、54才という年齢に達すると、夢見る未来よりも、終わりに向かっての未来のほうが、リアルに見えてくるのです。
先のほうが圧倒的に膨らんでいた10代20代とは全く違った景色が見えているということ。

今回の人生をどう終わらせるか。

そういうふうに考えた時に、まだまあやるべきことややりたいことがあることに気づく――実はそういう側面もあるんだなと、この頃感じているゼファーなのです。

以前よりも、「時」は大切なものになった。
同時に自分の身のまわりにあるものが大切に感じられる。

これが年を食うということなのかもしれませんね。


★★★★★★★★

ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

2017年2月18日土曜日

感情や思考と身体


このところ、東洋治療の先生のお世話になっているので、いろいろと体のことを考えます。

私の所有している四柱推命の書籍には、五行と病気に関する関連について書かれている個所があります。
四柱推命ではこの世の成り立ちすべてを五行、木火土金水のいずれかの相とします。
この五行は感情にも関連しやすく、

怒は木で、これが悪く働くと肝臓
喜や笑は火ですが、これが過度になると心臓や循環器、血液など
思は土であり、これも過度になると胃腸や大小腸、脾臓、膵臓など
悲は金で、これは自律神経や呼吸器
恐は水で、新陳代謝の低下

などの不調をもたらすとあります。

人間の感情や思考も身体のコンディションとは大きなかかわりがあるということになります。
四柱推命ですと、私は水が過多しており、偏りすぎています。
偏りすぎて水の強旺格になるかならないか、くらいです(ある流派の考え方では成格し、ある流派の考え方だと破格する)。
しかし、新陳代謝の問題はないようです。

一方、たとえば怒りが肝臓に影響を及ぼすというのは、私も過去の経験からわかる気がします。
ホテル勤務時代、人間関係のことで毎日腹を立てていたようなとき、肝臓に影響が出ていたように思うからです。これもその当時から、今の東洋医療の先生にお世話になっていたので、特別悪化するということはなかったのですが。

肝臓といえば、占星術では木星です。

通常、怒りというのは火星ですが、場合によっては冥王星や土星なども、形態としては怒りに転換されやすい星です。
火星は肝臓を管理する木星とどのような関係にあるのか?
同じ火のエレメントの牡羊座と射手座の支配星である二つの星は、もともとそう親和性が低いわけではない。
しかし、この二つの星が力を合わせてしまうと、あまりに火が強まってしまうというのはありそうです。
(伝統的占星術では、火星は蠍座、木星は魚座の支配星でしたので、その場合は水の強化)

しかし、東洋思想では怒りは木と考え、火ではないわけです。
東洋の五行と占星術のエレメントは、似て非なる部分があります。

占星術でも医療とこれを結びつけて、積極的に応用しようという考えがあります。
私も鑑定の現場では、こうした観点からのアドバイスを行うことがあります。

しかし、人の感情や思考をそこに結び付ける研究は、まだまだ進んでいない。
そんなことの研究意欲も抱くこの頃であります。


ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

2017年2月17日金曜日

2017年2月16日木曜日

金正男暗殺事件


2月13日、マレーシアで金正男氏が暗殺されました。

なんというのか、相当に衝撃的なニュースで、なんだか米ソの冷戦時代に戻ったような、そんなうすら寒い心地もしました。

現代でもこういうことが国の思惑で堂々と引き起こされるのか――
まあ、これは報道されていることが正しいという前提での印象ですが。



現在、火星は牡羊座の本宅にあり、非常に強い。
暴力や事故や火災に関連しやすいのが火星ですが、暗殺などの出来事に関連しやすい冥王星と緩いスクエア。
このチャートには見えにくいですが、報道通り兄弟がこの「死」に関連している可能性を読み取れます。報道が正しいいとして、そこは結び付いてきます。

要人(太陽)は隠れる部屋の12ハウスにあり、木星とトライン。
構造としてこの太陽は悪くない。

しかも怖いなと思うのは、この太陽と木星のトラインを金正男氏自身が現在持っているということ。
トランジット・チャートと本人のチャートが符合しているのです。
通常これは幸運をもたらすはずで、この影響下で暗殺されるという出来事は、普通の感覚ですと、考えにくい……



しかし、もしかすると「死」によって、ようやく呪縛から解放される→自由になる(木星)という意味が秘められているのかもしれません。
ただ、この幸運なアスペクトだけではなく、ヨッドなども確認でき、非常に危険な年回りに突入していたことは確かです。

ネイタルを見ると、やはり彼が背負ってきたものの重さも垣間見えます。
普通の家系に生まれていれば、マイペースに人生を生きていき、それなりの苦労もあったかもしれないが、楽しみは楽しみとして感じられる人生であったかもしれません。

今はもう故人。
ご冥福を祈ります。



ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

2017年2月15日水曜日

難しいし面白い


恋人でも夫婦でも、そして親子でも。

誰一人として、自分と同じ存在はいません。
双子の兄弟であっても。

むしろ双子の場合、ホロスコープのある部分を分担して持つような側面もあり、むしろ違いが際立っていることすらあります。

みんな、感じ方が違う。
価値観も違う。
似ているところもあるけど、食い違うところもある。

「自分が良かれ」と思ってする行動が、相手にとってかならず好ましいわけではありません。
このきわめて当たり前のことを、つい人間は忘れがちになってしまいます。

たとえば自分が口うるさい親に育てられた人が、子育てをするときに、同じようなことをするのは嫌だと、なるべく子供の自由にさせて育てたとします。
一見、これは良い育て方をしているように見えるのですが、育てられる子供がすごく情をほしがる感性を持っていたら、その親の対応を冷たいとかドライとか、悪くすると自分が愛されていないから無関心なのだとか、感じてしまうこともあります。

そういったことが積み重なって、思春期以降には口もきかない間柄になってしまうとか、そんなケースもあるのです。

自分にとって心地よいと思うことが、家族や恋人であっても、かならずしも心地よいわけではない。
言葉にすると当たり前のことなのですが、どうしても自分本位に考えてしまいがちです。
時には、自分の行いを顧みることも、やはり必要でしょう。

なぜこうなったのか。
どこが違っているのか。

ホロスコープは正確に読めば、かならずその謎を解く手がかりを与えてくれます。
その謎解きツールとして、これほど優れたものもそうそうありません。

この世はとかく、難しい。
けれど、だからこそ面白い。


ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

2017年2月14日火曜日

バレンタインと女教皇


奥さんからバレンタインのチョコレートをいただきました。
ピエールマルコリーニだそうです。
……そのへんの知識がないやつなので、奥さんが期待したほどのリアクションができなかったのですがf^_^;

開けてみると、見るからにうまそう。


手前のアンモナイト?型から食してみましたが、
おおw(゚o゚)w
ちょっとなんだか表現しがたいクリームのようなものが中にあり、これはうまい!

今日から1日に2個ずつくらい、食べることにします。

今年はバレンタインが集いました。
うちが畑を貸しているKさんも、私と息子にくれましたし、ミュージカルの音楽担当のK先生もクオリティの高そうなのをくださいましたし、ミュージカル参加者のUさんやY姉妹も気持ちのこもったチョコレートをくださいました。

しばらく、チョコは買いません。



「女教皇」の逆位置が暗示していた中身が、この頃になって次々に世の中に出てきたように思えます。

小池都知事は千代田区の区長選でも、その影響力の大きさを示しましたし、この「女教皇」の逆ではなかった。
しばらく前に彼女の今後については記事にいたしましたが、全体的な流れから言って、彼女の勢いが止まるとは思えません。

その一方で、女性にまつわる問題が表面化しやすいと思われます。

今思い浮かびやすい方もいらっしゃるとは思いますが、私は経済界でも出てくるのではないかと思っています。
(出てくるというのは、ここでそういことがクローズアップされたり表面化するという意味で、そのような流れになる原因はすでに蓄積されていることが多いでしょう)


★★★★★★★★
ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

2017年2月13日月曜日

今日は交通事故


今日、事故に遭いました。
といっても怪我とかもないし、大げさに騒ぐような事故ではありません。

どうしても今日出さないといけない郵便物があったので、たまたまお休みだった奥さんと一緒に出掛けたのです。運転は彼女が。
昨年、購入したばかりのワゴンRで。

奥さんは、私の母から病院でいつも服用している薬をもらってくるように頼まれていて、その病院のすぐに近くに郵便局もあるのです。
病院の駐車場に車を止め、二手に分かれ、私は郵便物を出し、通帳記入なども済ませて戻っていくと、車の横に立っている奥さんが、私に早く来るように手を振っている。

何事かと思うと……
コンパクトカーに乗った年配の女性の運転する車が、なんとバックで我が家のワゴンR君のフロントに当ててしまった……らしいのです。
まだ新品同然のワゴンR君のフロントマスクに傷が……

奥さんは病院で申し込みだけ済ませて出てきていて、ちょうどその人の車が隣にバック駐しようとしていたので、乗り込むこともできず、そばで見ていたそうな。
そしたら、ゴン! と。

その女性は車を降りると開口一番、「当たったかなあ??」

いや、当たったから、あなたバックをやめて、出てきたんですよね(・_・;)

しかも車にバックランプを付けた状態で、降りてきたらしいのです(つまりギヤをバックに入れたまま)。
怖すぎる((((;´・ω・`)))

傷はあまり見立たないものなのですが、こっちはなんにも悪くないので、ともかく直していただきたい。当然、警察も呼ばねばなりません。

うちの夫婦は、火星がどちらも不動宮の23度4度くらいにありますが、ちょうど今日はトランジットの太陽がそこを刺激する日でした。
もちろんこれくらいで事故が起きるわけでもありませんが、ほかにも私たち夫婦は、よくしたもので、まったく共有しているハードアスペクトがあります。

これがこの1月2月、私を苦しめているものなのですが、まったく同じものが奥さんにもある。これは「夫がそのような状態になる」という表示でもあるけれど、奥さん側にもホロスコープ上の問題があり、自分自身に何が起きても不思議はありません。

ほかにもトランジットの火星の位置なども一因だったようで、今日の事故に引っ張られてしまったのか。
まあ、本当に軽いもので、運転中ですらなかったのは幸い。

最近、火星が荒れていますので、交通事故現場に遭遇することも、非常に多い。
どうか、皆様もご注意くださいね。


ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

2017年2月12日日曜日

心と体のシンクロのすごさ


すごいもので、昨日の東洋治療の先生の施術で、腰の具合はかなり良くなりました。
腹をくくって、昨日という日は自分のコンディションを正すことに使うことにし、岡山にある薬湯で有名なところにも行き、しっかり浸かってきました。

する気にならなかったホ・オポノポノも行っていると、薬湯への道中にも、ラジオから有益な情報が耳に入ってくる。
「ああ、自分にも昔こういうことあったよな」
「でも、この人に比べたら、自分の苦労なんてたしいたことないかもしれないな」
などと考えさせられました。

自分のことで頭がいっぱいになると、ほかのことが考えられなくなる。
人間的な小ささを露呈してしまったように思います。

こんな小さなことにとらわれているようではいかん!

もっと大きく生きよう。
現実的な判断で、これからは難しいことや変えなければならないことはある。
が、それで自分から狭いエリアに閉じこもってしまってはいけない。

と、そんなふうに気持ちを切り替えることができました。
わかってはいるんですが、感情がなかなかついてこなかっただけ。

そこらへんの感情をいかにして癒してやるか。
なだめてやるか。

そのやり方はいろいろとあると思います。


世の中、自分の中で幸せになった者勝ち。


しかし、心と体のシンクロって、すごいわあ。

★★★★★★★★
ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓
 

2017年2月11日土曜日

まだ終わらんよ!


腰痛がなかなか改善しないので、先日の整骨院以外にも、東洋的な治療を施してくれる先生の所へ行ってきました。
この先生は、だいたいちょっと触ったくらいで人の症状と原因を見抜いてしまうところがあり、すぐに「これはストレスですね」と看破。

ええ、そうんですよ、まったく(^_^;)
1月以来、多大なストレスだったのですが、とくに2月に入ってからはひどい。

「それが内臓に来てます。胃や十二指腸、膵臓や肝臓なんかですね。硬くなってます。それが結局、腰の痛みになっている」

やっぱり、そうですか~。

話を聞きながら、私の頭の中では、現在自分のホロスコープに生じている、あれやこれやのアスペクトのことが思い浮かんでいました。

「大病のもとですよ」とも先生は言われていました。

そうなんです。
まったくその通り。

ちょっと前の記事にも書きましたが、私はここ数年がヤマなのです。
そして胃や食道、十二指腸、膵臓などは、内臓器の中では特に注意すべきポイントなのです。
悪くすると、癌とかいう可能性も。

むろんアスペクトで病気が決定されるわけではありません。
生死も。

しかし、そうなっても不思議はない条件はそろっているわけで、そしてこのアスペクトの始まりのこの時期に、まさにそっちへ流れる種が植えられているわけです。

やはり診てもらってよかったか……

一番大きな問題はメンタルなこと。
これには少々時間がかかるかもしれませんが、自分でできることもしておこうと思います。
ホ・オポノポノなど。

自分のやりたいこと、役目。
ある程度、それは満足できるくらいやってきたようにも思うのですが、できることならもう少し今回の人生、現世での時間を過ごしたい。
もう少しできることがあると思う。

そのためには何をおいても健康が一番で、そのためにはやはり心のケアが必要なんですね。

「まだだ! まだ終わらんよ!」
by.クワトロ・バジーナ

ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

2017年2月10日金曜日

満月メッセージ 02/11


2月11日の9時32分ごろ、正確な満月です。
この満月は、次なる新月への布石となります。

昨年からずっと天王星の効力が非常に強くあり、次の春分に向けて加速しています。
この満月は、変化・変容・改革ということを強く表現します。しかもそれがアクシデントという形ではなく、自分の内部でうまくやりくりしながら収めていくことができるものです。
そういう意味では、新しい扉を開いたり、自分を変えてみたいと思ったりしている人には、これは大きなチャンスです。

社会的にはやはりアメリカがカギになりそうなのですが、中南米あたりでも大きな動きがあるかもしれません。むろんこの天王星に関するものです。
カリブ海……キューバ……西インド諸島あたり?

日本にとって不利益なチャートには思えません。




◇メッセージ

新しいことを始める時。
ドキドキがつきもの。
あなたは今、新しい車を手に入れました。まっさらに輝いている車です。

美しく力強いスタイルをしています。
さあ、ドアを開けて乗り込み、座り心地を確かめなさい。

そして、イグニッションでエンジンを始動させなさい。
気持ちを落ち着かせたら、ギアを入れ、アクセルを踏みなさい。

その車には、あなたが未知の、とんでもないパワーが潜んでいます。
その力を体感しなさい。
目くるめくような加速感に、あなたは包まれるでしょう。
陶酔しそうになるかもしれない。

しかし、あなたは自分をコントロールしなければなりません。
そのパワーにのまれるのではなく、そのパワーをコントロールしなければなりません。

恐れてアクセルを抜いてばかりではいけません。
踏みなさい。
適切にブレーキを踏み、状況をコントロールしなさい。

車はあなたの意識。
そして生まれ変わったあなたです。


ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

2017年2月9日木曜日

私立恵比寿中学の松野莉奈さん……


アイドルグループ、私立恵比寿中学のメンバーの松野莉奈さんが急逝されたことのショックが広がっています。
私の血のつながらない娘2は二児の母ですが、その長女がファンだったらしく、嗚咽して話せないような状態だったそうな……

芸能界にあまり関心のない私ですら、こんな年若い子が?! なんで?! というショックと悲しみを感じます。
本当に若い子がなくなるのは、きつい……。
一人娘とか……親御さんもたまらないだろうなあ……
わが身に置き換えたら、いたたまれない想いです。

しかも状況が、一種、突然死のようなもの。
その衝撃も強く、波紋が広がっています。

2月の日本には「女教皇」の逆位置が出ていましたが、継ぐものの不調や問題の中に含まれてしまうのか……
この頃、母親が犠牲になる事故などもあり、やはり女性は注意すべき月まわりのようです。

なぐさめにもならないのですが、彼女のチャートをここに掲載します。



出生時間はわからないのですが、少ない情報をもとに考えるに、夜の9時過ぎくらいの生まれかもしれない……
このチャートは正午で作成。

太陽と木星とトラインで、月と火星がミューチャル・レセプション。
幸運の後を押し受けた運勢、そして身体能力の高さや、人気を集めそうな気配も感じます。
内向的で繊細な部分と闊達で活動的な部分の両面を持っておられたようです。
このチャートを見ると、明るくて元気のよさそうな子だという印象を受けてしまうので、よけいに若すぎる死がつらい。


今、天王星の影響が非常に強い時期だということはお伝えしていますし、トランプ大統領が天王星の申し子であることも、これに関連しています。
松野さんも天王星の影響を強く受けておられ、これが突然の急変につながったようです。

しかし、何もこのような出方をしなくても良かろうに……

多くの人たちに夢や希望を見させたに違いない彼女。
まだまだやりたいことばかりだったに違いない彼女。

あまりにも早く天に召されてしまったけれど、今はともかくご冥福を心から祈りたい気持ちです。




2017年2月8日水曜日

思考の浪費


整骨院で見ていただくと、4~5日は痛みがあるかもしれないが、骨や関節がどうこうなっているのではないとのこと。
私はこれまでにも何度も、ぎっくり腰をやっており、経験的にたぶんそうだろうなというのはわかっていましたが、昨日の整骨院の先生は、奥さんが評価しているように、良い先生であると感じました。

とりあえず腰をいたわりつつ、今日も机に向かうのであります。( ̄^ ̄)ゞ


2017年の業務計画についてですが、関西鑑定に関して日程の変更がございます。

6月29日~7月2日で最終日の2日(日)にセミナーなどを行う予定です。

また今年の占星術講座については、現在準備を進めておりますが、今年からシステムが大きく変わる可能性があります。
講座を行うこと自体には、まったく変更はありません。



さて。

思考の浪費ということを、昔から考えることがありました。

人間は日常的に思考しています。
頭が空っぽに、本当の意味でなることなど、ほとんどない。

ましてや。
人は煩悩多きもの。

たとえば、職場にすごく嫌な人間がいたとします。

そうすると、その人から受ける言動で、日がな一日、その人のことを考え続けるってこと、ないですか?
たとえば怒り、不満。
本当は言いたいことを言えない立場であればあるほど、頭の中で何度も、いや、何十、何百と、それを相手に言うシーンを思い浮かべていたりしませんか。


ホテル勤務時代、専横な厨房の料理長や上司といった人物に対して、私は

ずっっっっっと!

これを考え続けていた一時期があります。
腹立たしいとか悔しいとか、そういう思いがどうしても、そうさせてしまうのですね。

そして、そこにものすごく多大な時間とエネルギーを使っているのです。

これは、ナンセンスなのではないか?
あほらしくないか?

まるで恋にでも落ちているように、一日ずっとその人のことを考えているわけです。
(^_^;)

これは、冷静に考えてみると、自分の貴重な時間を、好きでもないその人のために浪費しているのです。

これほど、あほらしい無駄はない。

これを、私は「思考の浪費」と名付けました。


この種の思考には、結構、多大なエネルギー集中が行われています。

同じ力を、何か自分の創造的な時間のために使っていたら、どれほど素晴らしいことが起きていたかしれません。

思考のロスを行うくらいなら、

自分が楽しめる映画を見る
集中しなければできないような仕事に取り掛かる
家族とのだんらんの幸せを実感する機会を作る
恋人と楽しい時間を過ごす

など、いくらでも自分なりの対処ができるはず。
寝る、なんてのも良いかも(笑)


こういうロスを。

できるだけ回収したいものですね!

人生を楽しみましょう。



ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

2017年2月7日火曜日

メンテナンス


(´ε`;)ウーン…

太陽の上にどっかり居座っている土星のおかげか、久々に腰を痛めてしまった😥

座りすぎ…仕事のしすぎなんですよね(笑)

このところ、姿勢もよくなかったと思われる。

いつも娘や奥さんが行っている整骨院がかなり良いらしく、今日はそこへ行ってみようと思いますが、愛車のスイフト君も車検の日だったりします。

つまり今日は、メンテナンスの日。

なので、これにて失礼……(笑)




ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

2017年2月6日月曜日

月のうつわ


自分は今、心身ともに喜びを欲しているのだーっ!!

というのをいい口実に(笑)

今日はラーメン屋を新規開拓に出かけました。

娘2がフェイスブックで写真を上げているのを見て、無性に駆り立てられたのであります。😁
倉敷市日ノ出町にある「月のうつわ」です。
地図で確認した以上に、ちょっと入り組んだ住宅地にあり、大きい車だと駐車場にたどり着くのに苦労しそう。
ま、愛車のスイフト君は余裕でしたが。



お店は、民家を改造したもの。


おや、店先にはビリケンさんが。



お店の中には、鎧兜が鎮座していたり。

ちょっと変わったお店です。



さあ、何を頼もうか。
何種類かあり、定番の醤油の中華そばもあれば、塩そばもつけ麺もあります。

しかし、娘2が写真を上げていた「黄金そば」にしました。
尋ねると、中華そばに鶏油多めに加えたものだそうです。

早く……

早く来ないかな。




来ました!
黄金そば!



私が大好きなパターンの、しっかりとした細麺。

ずずー。

Σ(゚Θ゚)

これ、ヤバいぞ!

深みのあるスープにストレート麺ががっぷり四つに組んでいる。

チャーシューもやや歯ごたえがあるもので、いい出来。

最近、出会った新しいラーメンの中では、トップクラスの好み。


満足満足。

なにやらデザートまでついている。


空けてみると、中にはビワの半身が。


甘すぎず、これが後味をさわやかにしてくれます。

いやあ、いいところを見つけた。
娘2に感謝。



ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓


2017年2月5日日曜日

冥王星の正しい使い方


冥王星は激烈な星です。
劇薬といってもいい。ちょっと使用方法を誤ると、大きな破壊が生じてしまいます。

冥王星は原子力や核でもありますが、福島第一原発みたいなことになるわけです。

私は月と冥王星の二面性を持っていて、今は冥王星が私の緊急モードで守ってくれていると、一昨日お書きしたところです。


この冥王星、コントロールが難しく、感情的になってしまうと、もう使いこなす可能性はめっちゃ低くなります。

しかし、人間、どうしても怒りとか憎しみとか、そんな感情に突き動かされそうになる時がある。
爆発しそうになることがある。

これは仕方のないこと。


ホテル勤務時代。
私はその時からこの冥王星を、ほとんど無意識になのですが、うまく使っていた部分があったようなのです。

たとえば厨房にものすごく横暴な料理長がいて、怒鳴り散らし、無理を押し付けてくるような出来事は、わりと日常茶飯事的にありました。
サービススタッフの上のほうに、どうしても人を不愉快にさせずにはおれないような人物がいて、毎日頭に来ていたこともありました。

そういうときに私は、半ばヤケクソのように(^_^;)

怒りの分だけ、同じエネルギーで、お客様に心のこもったサービスを送ったのです。

そうするとそのエネルギーをいくらか消化できる。
だけではなく、
お客様から感謝されたり、笑顔で語り合ったり、そんなやり取りの中で、自分が癒されていく……


ということを今、思い出しています。

善意や親切に、そのエネルギーの分だけ転換する。
それを誰かに届ける。

今日、私はそれをやろうと思っています。




ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

2017年2月4日土曜日

春が来た


今日は春らしい日差しにあふれています。
そんな中、ミュージカルの成功と関係者の安全を祈願するために、地元の由加大権現に参拝してきました。
総指揮のKさんと共に。

帰宅してみると、自宅のロウバイが咲き誇っているのが目につきました。


そして、梅の花もちらほらと。



そしてあまりにも気持ちの良い日差しの中、玄関ポーチのタイルの上で、
愛猫と戯れる……




シアワセ~~~
(*^_^*)



ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓