ご訪問ありがとうございます。
こちらはZEPHYRのメインサイトです。
amebaのZEPHYRとは姉妹ブログになっております。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2019年6月27日木曜日

週の占いを始めます(近々)

ようやく梅雨入りしました。

西日本では、干ばつ的な状態になっている地域もありましたので、恵みの雨になるところもあるでしょうが、台風化するとみられる熱帯低気圧が、昨年の豪雨災害のようなものをもたらさないよう、祈るばかりです。

30日には、岡山占星術教室の2回目です。
ハウスとアスペクトについて、わかりやすくお伝えする回なのですが、今準備に追われております。

ひょっとすると、毎月の12星座占いの準備が遅れるかも知れません。

じつは、REQU(リキュー)というスキルシェアサービスが、現在のアメーバにはあります。
12星座占いなどは、このREQUで有料で配信している人が多いので、あなたもやったらどうですか、とアメーバの運営のほうからご連絡がありました。

だからというわけではないんですが、じつは近々、「週の占い」をご用意してみようかなあと思っておりました。

で、その週の占いをREQUでやってみようかと考えております。
週の占いと、年間の占いについてはREQUにしようと思っています。
というのは、年間の占いなどは、かなりの時間をかけて、しかもそこそこ信頼のできる根拠のあるホロスコープ観測に基づいて作成していますので、2020年版からはREQUにさせていただこうかと思っております。

このようなことを考えるに至った理由も、いろいろとございます。
我が家の近隣の問題もあり、ひょっとすると……

物事が確定的になったら、ご報告させていただきますね。

毎月の12星座占いは、とりあえず現状維持です。
これを楽しみにされているかたも多いので、まあ、様子を見ながら。

週の占いをやろうと思った理由なんですが、これをすることで、ちょっと自分なりにホロスコープ観測に、別な見方ができるようになるかも知れないというのもあります。

一番は自分自身の研究のためです。

今後とも、このZEPHYRのブログをよろしくお願い申し上げます。





☆2019年度ZEPHYR占星術ネット講座・受講生募集中→こちら
☆岡山占星術初級教室・参加者募集中→こちら
☆占星術・タロット鑑定のお申し込み→こちら




ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

2019年6月26日水曜日

牡羊座の月の日の戦い

今日は月が牡羊座にあり、射手座の私にとっては、あまり不利な配置ではありません。
ボイドタイムでもない。

というわけで、ある行動に出ました。

長袖の作業着を着、首にはタオルを巻き、フルフェイスのヘルメットをかぶり、その上からさらにヤッケを羽織りました。
ヤッケの胸元と袖口も厳重に止め、ライダースのグローブを着用。

よし。
いったるか!

私はガンを片手に飛び出しました。
足場を確保。

狙いを定め。

一気に勝負!

私はゴルゴ13。
狙いは外さない。

敵、殲滅。

任務完了。( ̄^ ̄)ゞ


というわけで、スズメバチの巣を攻撃しました。

スズメバチ専用の強力スプレーガンで。

専用の奴はすごく強力でした。

が、これも巣が25㎝以上になっているとNGだそうで、業者さんに頼るのが正解だそうです。
この巣は、まだ10㎝ちょっとくらいかな。

早い段階で見つけられたので、今のうちに撃退した次第です

2~3年前に娘が使っている車庫に、でっかい!巣を作られて、困ったことがありました。

スズメバチにしても、ただ子孫を残すための巣作りをしているだけなんですが。
が、まあ、さすがにスズメバチさんとは近所づきあいは難しいし、怖い。
向こうから威嚇してきますからね。

この季節、皆様もお気をつけください。
ご自分で作業される場合は、くれぐれもちゃんと防備して、気をつけて行ってくださいね。


☆2019年度ZEPHYR占星術ネット講座・受講生募集中→こちら
☆岡山占星術初級教室・参加者募集中→こちら
☆占星術・タロット鑑定のお申し込み→こちら




ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

2019年6月25日火曜日

長~い1日

ちょっと前に耳下腺炎になった、ということをお伝えしました。

じつは今でも、右耳下のあたりには違和感が残っています。
それで重ーい重ーい腰を上げ、大きな病院に検査に行きました。
(4月末頃からの話なので、腰重すぎる……)

この間に、ありがたいことにレイキで治癒くださる方も複数いて、なんだかご厚意にうれし涙が……(基本水のエレメント少なめなので、言葉で言うだけですが)(笑)ナイテナインカイ!

いや、ほんとにありがたく思っているんですよ。

実際、よくなりましたし。

でも、なんかいまだに違和感が残っているんですよ。

で、すっきりさせようと大きな病院へ行きました。

倉敷のH病院。
こういう総合病院って、時間がかかるじゃないですか。

でも、前に行きつけの内科で診断を受けたとき、
CTを撮らないとはっきりとした結論は出せませんよ
耳下腺炎とか、結石が原因のことが多いですが、たまに腫瘍なんかが原因のこともありますから
というお話でしたので。

しかも、いろいろ調べたら、石原因の場合、手術が必要とされることもある。

そうすると大きな病院の方がいいのかな、と判断し、重い腰をスイフト君のシートに乗せ、倉敷市街へ。

ところが、午前中の受付時間に間に合わず。

しかも、結構暑いのに、病院から徒歩で行けるラーメン屋がない(ラーメンだけかよ!)。
仕方ないので、病院の食堂でランチ。

まったく予断になりますが、外れなそうなイタリアン・スパゲッティに。
これが、鉄板に乗って出てきて、じゅうじゅう
しかも具材とかソースとか、どいつもこいつも、
昔懐かしい感じ。(笑)



これが意外に美味しくいただけました。

しかし、午後は1時から。
どうせ、時間がかかるだろうと思っていたので、ノート・パソコンと本を持ち歩いていたのですが。
PCを使えるような環境が待合にはなく。

本を読む……。
ただただ。

こういうところは予約の患者さん優先ですよね。そういうのが多い。
でも、診察は意外に早かった。

なんか最初、こっちがむっとなるような言い方で対応する若いお医者さんだったのですが(私に比べたら若いという意味)、目を見て話す段階になると、「あ、とりあえず無駄を嫌って、自分の考えの方を伝えたい人なんだな」
ということは理解できました。
少なくとも患者さんのご機嫌を取ろうという意識はゼロ。

しかし、所見はしっかりしていそうなのでお任せすることに。

やはりCTを、ということになりましたが、私の症状から考えると、耳下腺炎ではなく顎下腺炎では? というご意見。
どっちにしてもCTを撮ればわかるので、やっていただきました。

ここからが長い。

CT撮影を待つのが30分くらいというのは、まあ、致し方ありません。
入院患者さんなんでしょう。
寝台で運ばれてきた方が、直前に入室されました。

その後、私が。

そして、先の医師の診断を仰がねばなりませんが。

待てど暮らせど、
呼ばれない。

これはある程度予想していたので、いろいろ持ってきていたのです。
PCが使える環境なら、いろいろ進行中の仕事をするとか、なんでもできたんですが、それができない。
で、持ってきた占星術関係の本を読む→飽きて歩き回る→本を読む→ちょっとそこらへんの血圧測定器をやってみる→本を……というエンドレスな状況になってしまい。

チクタクチクタク。

なんと3時間ほどが経過。

まあ、総合病院てこんなもんですかね。
実際、待合にいらっしゃる他の患者さんも、似たようなことをおっしゃられてましたし。

ようやく名前を呼ばれました。

で。

どうだったか?


結局、石らしきものはなし。
腫瘍のようなものもなし。

あれ? 

っていう感じ。

いや、もちろん腫瘍なんかあってもらっては困るんですが。
石もない?


しかし、いまだに、なんらかの不調感はあるんですよ。


とりあえず、もやっとしていますが、耳下腺炎、もしくは顎下腺炎についての疑惑はおさまったのかな??

発症は間違いなく、耳下腺炎か顎下腺炎だったと思うのです。

しかし、今は違う?

いろいろホロスコープで再検証してみると、もしかすると水瓶座&天王星なの?
という疑惑が生じてきました。

実は今、私個人のチャートでは、水瓶座と天王星が関与するハードアスペクトがいくつかあるのです。
しかも、それが健康に関与する可能性が。


水瓶座には、リンパという意味もあります。
リンパ腺は首にもあるわけで、もしかすると、これが???


自分のことは、相も変わらず……
いい加減にしか見ていない。(笑)


☆2019年度ZEPHYR占星術ネット講座・受講生募集中→こちら
☆岡山占星術初級教室・参加者募集中→こちら
☆占星術・タロット鑑定のお申し込み→こちら



ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

2019年6月24日月曜日

7月3日の日食図

7月3日、次回の新月は、日食でもあります。
日食が観測できるのは、南米のアルゼンチンやチリ、南西太平洋のエリアなのですが、とくに観測地域だけに何かがあるということはありません。

この7月3日の日食は、次の12月26日の日食まで有効です。

昨年から今年にかけて、ずっと「災害」「地震」などに関する傾向は強くあり、いい加減にゆるんで欲しいと思うのですが、残念ながら7月3日の日食でも同様な傾向が継続されるとお伝えしなければなりません。

今年の傾向は、地震だけではなく、気象的な表現をとることも多く、実際、これまでも世界各地で甚大な風水害が発生し続けています。
大雨や洪水ばかりではなく、インドの北東部では、深刻な干ばつ・酷暑のために多くの死者が出ています。


 画像はアマテルで作成→高機能 占星術ソフト・アマテル

そもそも新しい日食の効果が出てきても不思議はありません。
このチャートを単純に分析しても、「そこまでのことか?」と思われるかも知れませんが、かなり明確に災害的な暗示が出ています。

とくに地震と火山に関して暗示が強いように感じます。
気象という今年の傾向を考えると(昨年から気象はありましたが)、全般注意しておきなさいということだと思います。

それがとくに強く現われやすいポイントとしては、
ミャンマー、タイ、マレーシア、インドネシア(とくにスマトラ島付近)
メキシコと中米のカリブ海付近(ハイチやホンジュラス、ニカラグアなど)
南米のエクアドルやペルー、コロンビアとその西側の太平洋上
などが上げられます。多少、東と西への広がりはあります。

他にギリシャやイタリア、カムチャッカ半島から千島列島なども、この日食図からは気になります。


年間の傾向としては、上記の地域よりも若干、東側の地域や国なども該当します。南米だとチリやアルゼンチンなども含まれてきますし、インドネシアだとボルネオ島付近まで。

先日、中国の四川省で地震があり、多くの被害が出ていますが、年間の傾向では、これはまさに該当地域に当たっています。

年間の傾向と日食図の傾向は、両方考え合わせてみる必要があります。

その時々で、警戒地域が若干ずれることもあり得ますが、非常に目立ったものはこうした強い暗示のポイントに出やすいと思われます。
そういう意味では、日本は極端な出方をしないと思われるのですが……
用心に越したことはありません。

今後は、新月メッセージの時に、ちょっとお書き添えするようにします。

祈安。


☆2019年度ZEPHYR占星術ネット講座・受講生募集中→こちら
☆岡山占星術初級教室・参加者募集中→こちら
☆占星術・タロット鑑定のお申し込み→こちら



ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

2019年6月22日土曜日

超絶カワイイ

西宮鑑定会は、おかげさまで満席となりました。
ありがとうございます。
またキャンセルなどが発生したときにだけ、空席のご案内をさせていただきます。



ツバメの雛が巣立ちました。
よかったよかった。



ほら。
まだ首のあたりに雛の時の名残の毛が……



振り返ると、カワイイ♡





先に巣立っていたグループや親鳥たちは、このところ巣の周辺で盛んに飛び回っていました。



早く飛び立て!
早く飛べ!

なんか、雛たちにそうやって示しているかのようでした。

今年はこれで終わりでしょうか。

もしかすると、もう一回くらい、あるかな?
どうかな?

☆2019年度ZEPHYR占星術ネット講座・受講生募集中→こちら
☆岡山占星術初級教室・参加者募集中→こちら
☆占星術・タロット鑑定のお申し込み→こちら




ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

2019年6月21日金曜日

夏至チャートの解読

明日は夏至です。
正確には今夜の0時54分頃に、太陽が蟹座にイングレスし、夏至となります。


 画像はアマテルで作成→高機能 占星術ソフト・アマテル

天王星が強く働く年の中で、この夏至チャートはかなり重要です。
(秋分まで有効)

とくに日本では、よき影響を受ける人も多そうです。
これまでの仕事の仕方が変わるとか、ライフスタイルのチェンジ、また何かへの気づき、目覚め……
こういった天王星的な経験をする人が増えそうです。

社会全体としては、かなり重い印象もあります。
景気、生活への不安といった物質面でのストレスが強く、消費も抑え気味になりそう。

参議院選挙がこのチャートの下で行われるわけですが、この状態だと投票率があまり伸びないかも知れませんね。
天候??

女性の活躍が目立つ傾向もありそうです。全体に。

土星・冥王星と水星・火星の対立が厳しく、この夏も事故は多そうに思えます。火星的な事件やスキャンダル、何かの発覚といったことも。
今年はこの傾向が相当長く続きます。

地震も懸念されますが、これは日食図のほうで。


なんというのか、個人個人の感覚の中に。
一種の隙間というのか、ふっとした時間とか、ブランクのようなものを作り出し、そこへ入り込んでいくような感じがします。
その後、そのブランクから動き出し、周囲の人や目的に向かって踏み出していくというのか。

そんなプロセスをたどる人も多くいらっしゃると思います。
それが天王星の変化や目覚めにも関わっているようです。


☆7月・西宮鑑定会 予約受付中→こちら
☆2019年度ZEPHYR占星術ネット講座・受講生募集中→こちら
☆岡山占星術初級教室・参加者募集中→こちら
☆占星術・タロット鑑定のお申し込み→こちら


ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

2019年6月20日木曜日

無理せず

こちら(中国地方)は、じつはまだ梅雨入りしていないのですが。

それでで先日の強い雨のあと、急速に開花してきています。




ツバメの雛も大きくなって、玄関へ出ると、こちらをじーっと見てたりします。
こちらが見つめ返すと、ひょいっと隠れるものがいたり。

気温だけが夏みたいに勝手に進んでいくのですが、自然の生き物たちは、ちゃんと自然のサイクルの中にあるなあと思います。

無理せず。

今日も生きよう。



☆7月・西宮鑑定会 予約受付中→こちら
☆2019年度ZEPHYR占星術ネット講座・受講生募集中→こちら
☆岡山占星術初級教室・参加者募集中→こちら
☆占星術・タロット鑑定のお申し込み→こちら




ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

2019年6月19日水曜日

山形沖の地震

昨夜、一番帰りの遅い息子も帰宅し。
(娘も奥さんも帰宅済み)

家族揃って過ごしているときに、山形県沖の地震速報がTVで流れ、眠気も一気に覚めました。

一夜明け、情報番組を見る限り、今のところ死者もなく。
かつ、震度6強を記録した地震にもかかわらず、住宅の完全な倒壊なども確認されておらず、ひとまず胸をなで下ろしました。

恐ろしい……

注意時期
注意時期の追記

などでお伝えしていた時期でしたので、地震や災害関係のニュースはチェックし続けていました。

先月の26日にはペルー北部でM8。

今月15日、16日にはニュージーランド北の海域で、M7.2、M6.3。

つい先日、17日に中国の四川省でM5.8。多くの建物が倒壊し、死者も出、10万人以上の被災者という事態。

※ Mの数値はUSGSの発表値。日付はUTC。日本の気象庁の発表値とは異なる。


今回の地震で、家屋の損壊、またお怪我をされた方もいらっしゃるようです。

被災された皆様には、心よりお見舞いを申し上げます。

どうぞ、このままこの地震が沈静化に向かいますように。


☆7月・西宮鑑定会 予約受付中→こちら
☆2019年度ZEPHYR占星術ネット講座・受講生募集中→こちら
☆岡山占星術初級教室・参加者募集中→こちら
☆占星術・タロット鑑定のお申し込み→こちら



ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

2019年6月18日火曜日

Excelがいつの間にか直った

ちょっと忘れ物をしていたので、今日2本目の記事。


このところ、Excelで困った事態が発生していました。

WindowsのタスクバーにExcelのアイコンをピン留めし、使いやすいようにしていました(Excel以外にもWordや各種の占星術ソフトも)。

そこで右クリックすると、「最近使ったアイテム」が表示され、あちこち探さなくてもすぐにそのアイテムが開けるので、便利に使っていたわけです。

ところが、今年のいつだったかな? 

よく覚えていないのですが、Excelに限って、その「最近使ったアイテム」のリストがある時期で硬直化してしまった。
つまり更新されないのです。

時間が経つにつれ、今は使っていないアイテムが残されたまま。
最新で使いたいものがそこには表示されない……。

おまけに、私の場合、間の悪いことに、その症状が発生する直前に、滅多に使わないExcelの過去データをいじってしまったため、それらに占領されてしまい、すぐに使いたいものが出てこない……

普通は、今使っていないようなものは一覧から削除したら消え、順次、新しい鋳物が繰り上がってくるのですが、どーしてもそうならない。

結局、それが保存されているところへ行って開くか、Excelを開いてホーム画面では最近使ったものが見えるので、そこから開くか……

なんにしても、不便でした。

私のように基本ものぐさで、こういう事務作業的なものが苦手な人間には、ついイラッとしてしまうような状態でした。

ネット上でいろいろ検索したら、同じような症状が出ている人の情報もあったのですが、解決には至っていないご様子。
いっそのこと、一度、Officeをアンインストールして、またインストールし直したら……とかも思ったのですが、それも面倒で。

日常の仕事が停滞することのほうが痛いので、もう放置していました。


そうしたところ、先日、気づいたらこの症状が消え、最新のアイテムが表示される状態になっていました。

思い当たることといえば、そのちょっと前に、PCを立ち上げるときに、更新プログラムがインストールされたこと。
こういうって、不意打ち的に来ますよね。(笑)

電源切らずに待ってくれと。

こっちは鑑定現場にPCを持ち込んで、さあ、と思ったら、何やら再構築が始まって、なかなか起動しない……

というようなことも、たまにあるので、そういうのが怖いので、いつも鑑定現場には早めに行く小心者のゼファーだったりします。

そのときも間に合ったのですが、思えばそのときのアップデートが、なにかExcelの不調を解消したのでしょうね??

おかげさまで、今は快適に使えております。


なにが言いたいかというと。

私のようなアナログ人間にとっても、PCは今やなくてはならないものなのですが、こういった文明を支えてくださっている方々の努力なくしては……

生きていけない!

ということでございます。

ありがとうございます。

★★★★★★★★

☆7月・西宮鑑定会 予約受付中→こちら
☆2019年度ZEPHYR占星術ネット講座・受講生募集中→こちら
☆岡山占星術初級教室・参加者募集中→こちら
☆占星術・タロット鑑定のお申し込み→こちら




ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

ボイドで煮詰まった

現代は占星術ソフトがすごく発展してきて、いろいろな便利な機能を提供してくれます。
私は、そもそも、こういったPCとかソフトとかプログラムとか、込み入った操作や理解が苦手なアナログ人間ということもあり、高性能なソフトのある部分、まったく手つかずで放置されてしまう、ということもあります。

占星術ソフト、ケプラーなんかも、テキストが英語なので、よけいにその傾向があり、絶対に必要とされるもの以外は、そっとしてきたというか……(笑)

しかし、先日、「これが使えたら面白いんじゃね?」というものがあり、調べ始めると……

どど、どツボにはまりました。(笑)

迷宮に入ってしまったのです。

なんか、いろいろやっているうちに思考が煮詰まり、同じようなところを循環ぐるぐる。
それをやっている間に、派生した他の関心時にも研究が進み、そこも迷路に。

あれ? 
これはいつもの自分らしくない。

はたと我に返り、見てみると

ボイドタイム

でした。(笑)

ボイドに関する私見
なが~~~~いボイドタイムに起きたこと

などの記事がございます。

ボイドタイムは、あるサイン(星座)の中で、月が最後にメジャーアスペクトを取ってから以降、次のサインにイングレスするまでの時間のことです。
メジャーアスペクトは、コンジャンクション、セクスタイル、スクエア、トライン、オポジションなどです。

この時間帯は、長い短いの差は、その時々によって違いますが、2日に1回程度はあると思ってもらったらいいでしょう。
数時間、あるいはもっとも短い時間で終わることもあれば、1日以上の長時間にわたってボイドになることもあります。

このボイドタイムには、全般的に認識や理解の錯誤が起きることがあり、会議とか何かをとりまとめることには向かない時間帯ですし、新規なことはもっとも避けるべきです。店舗の開業とか、婚姻届の提出とか。
ボイドタイムは、検索してもらったら、今年のボイドタイムなどをまとめてくださっているサイトも数多くありますので、参考になさってください。

でも、こんなものが
「え? 2日に1回くらいあるんですか? それってヤバいですよね」
という不安をお感じになる方もいらっしゃるでしょう。

ボイドは、月の動きから算出されていますが、これは全体的な傾向です。
個人的に影響を受ける方、あまり受けない方。
同じボイドタイムでも、強く影響を受けるとき、受けないとき。
比較的明確に違いがあります。

私は個人的には、このボイドの影響をあまり受けないほうで、それは過去の経験からわかっているのですが、たまにボイド的な状態にはまってしまうこともあります。


考えてもみてください。
ボイドタイムは頻繁に発生しますが、では、ボイドタイムに
医者が診察に来た患者を誤診するか?
というと、ほとんどそんなことはありません。

ボイドタイムでも、「日常業務」はまったくOKなのです。

ですから、そこはあまり不安に思う必要はありません。


しかし、まったく新規なことには、もっとも向かないのがボイドタイムです。
お店の開店とか起業とか。
引っ越し。
あらゆる契約的な事項(婚姻も)。

こういったボイドの効力は自覚しているので、私はこの時間帯に「まったく新しいこと」は決めないようにしています。

すごくわかりやすい事例で説明すると、過去に脚本家の立場で関わってきた市民創作ミュージカルなどでも、たとえば物語の根幹に関わる部分や役決め(オーディション)などで行われた決定などには、ボイドタイム中になされたものは、あとで大きな修正が入ったり、覆されたり、ということがありました。

逆に言えば、ボイドにはそういうプロセスを経験させる役目があるのかもしれません。
無駄な出来事というのは、この世にないという前提で考えれば。


とはいえ、お店を開業するとか、重大な契約をするとか。
そんなときに、あえて火中の栗を拾う必要はないわけで。

皆様もお気をつけください。


え?
そのケプラーの機能は解明されたのかって?

もちろんですよ。
ボイドでない時間にゆっくり、腰を据えて検証したところ、すっきりまるっと解明されました。


☆7月・西宮鑑定会 予約受付中→こちら
☆2019年度ZEPHYR占星術ネット講座・受講生募集中→こちら
☆岡山占星術初級教室・参加者募集中→こちら
☆占星術・タロット鑑定のお申し込み→こちら




ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

2019年6月17日月曜日

満月メッセージ 06/17

本日、17時30分頃、射手座25度で満月となります。

戦場の旗手
というサビアンシンボルです。サビアン度数としては射手座26度。

旗は理想であり、ある集団のシンボルでもあります。
戦場は、人が生きるありとあらゆる場や局面の暗示です。
旗手が掲げるシンボルがあることで、人々は結束したり、理想に向かって邁進していくことができます。
一方、旗手であろうとすることは、人々を束ねるために、重大な責任を負うことでもあります。



 画像はアマテルで作成→高機能 占星術ソフト・アマテル

この時期には仲間意識や身内への気持ちが強くなりやすいでしょう。
また組織の中で、よりよい形を求める動きが生じるかも知れません。

個人的には自分の理想とするものを追い求めると良いですし、ただ自分の中に抱えるのではなく、人々に向かってそれを示すべき時です。
示すことで、逃げ場はなくなります。
やらなければならない状態に自らを追い立て、自らを鼓舞しなければなりません。

そして行動も起こす必要があります。
周囲の人々が、あなたを見守るでしょう。


全体的に火星のハードアスペクトは強く、交通や情報に関してネガティブな出来事は継続されそうです。
テロや戦火の懸念も、地域によってはあり得るでしょう。

一部、刷新や革新への尖った傾向が出て来るかも知れませんが、新しいページを開く機運ともなりそうです。



◇ メッセージ

あなたが存在しなければ、あなたの生きる世界に光はない。
あなたは決して、無力ではなく、無視される存在でもない。
あなたが誰であれ、今どうであれ。

旗を選びなさい。
真っ白な旗だ。

そこに大書しなさい。
あなたの名を。
あなたの役目を。
あなたの望む世界を。

人目など気にすることはない。
遠慮もいらない。

あなたの理想とするものを掲げ、立ちなさい。
そして走り出せ。

あなたを見て驚く者たちがいる。

驚かせなさい。
そしてやって見せなさい。

そうすれば、きっとあなたについてくる者たちがいる。


☆7月・西宮鑑定会 予約受付中→こちら
☆2019年度ZEPHYR占星術ネット講座・受講生募集中→こちら
☆岡山占星術初級教室・参加者募集中→こちら
☆占星術・タロット鑑定のお申し込み→こちら




ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

2019年6月16日日曜日

大谷翔平選手のホロスコープ

昨日はかなり激しい雷雨でした。
使っているノート・パソコンの電源は抜き、しばらくはバッテリーで仕事をしていたのですが、比較的、近くで
ピシャア!
という稲光と雷鳴。

リブラもどこかへもぐって隠れていたようです。
 ↑
気が強いわりに、ビビリ。


世間では相変わらず、火星的な事件や騒動が多いのですが、火星(スポーツ)で明るい話題を提供してくれたのが、大谷翔平選手。
メジャーで日本人初のサイクルヒットを達成!

すごいですね。
あのイチローさんや松井秀喜さんも達成できていなかった記録。


 画像はアマテルで作成→高機能 占星術ソフト・アマテル

大谷選手は出生時間もわかっているようです。

意外や、火星は3ハウス。
月と共にあります。

イチローさんもそうなのですが、プロスポーツ選手だからといって、火星がカルミネートしていなければとか、10ハウスにあるべきとか、あまり思い込まないほうがいいでしょう。
この二つの天体が、彼の野球人生に大きな影響を与えているのは間違いありませんが、これにはもう一つ別な要因があり、それがあるからこそ強く機能しています。

もちろん、火星と月が双子座にあることも重要で、これは彼の器用さ(二刀流)にもつながっているし、器用なバッティングセンスの下地になっています(柔軟宮なので)。

このチャートの設定では表示されておりませんが、太陽と木星との間にはゆるいトラインがあり、実際には水のグランド・トラインを持ちます。
グランド・トラインはなかなかに使いこなすのが難しい側面もあり、苦労の種になることも多いのです。
一般的にはすごく幸運と言われているが、現実を見るとそうでもない。

ところが、使いこなせば、もちろん大きな成果を上げる可能性を秘めています。
大谷選手がこれに見合うだけの努力をされているのは明かでしょうし、1ハウスの土星は勤勉さや積み重ねることを後押ししていそうです。

ちなみこの土星は、海王星との間にミューチャル・レセプション(交換配置)です。この配置は世代的に発生しているものですが、彼の場合は、自分自身の才能やセンスにもなっていると考えられます。

これがプラスに働くとすれば、
イメージしたことを形にできる
という部分が一番かも知れません。
野球選手としても、こうした能力はプラスに働くでしょう。

今後も活躍されることは間違いないでしょう。

とくに来年再来年あたりは、本来とても強い社会運となっていますので、今年以上に飛躍されるのではないか。

今回のサイクルヒット以外にも、何かすごい記録を打ち立ててくれるような予感もします。

怪我なく活躍され、今後も私たちに勇気や希望を与えてくださることを期待します。


☆7月・西宮鑑定会 予約受付中→こちら
☆2019年度ZEPHYR占星術ネット講座・受講生募集中→こちら
☆岡山占星術初級教室・参加者募集中→こちら
☆占星術・タロット鑑定のお申し込み→こちら




ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

2019年6月15日土曜日

父の日イブ

たぶん、人生上、初めての経験ではないかと思われる。

26才の息子が、初めて「父の日」の贈り物をしてくれました。
「ちょっと早いけど……」と。

たぶん、過去に本当に気持ちばかりのちょっとしたこととかはあったように思うのですが、たいていは毎年スルー。
こうした、なんか改まった形では初めて。
(ちなみに娘は過去にしてくれたことがある)


低反発のクッションと、ちょっとうたた寝とかするときのネックピローですね。
暑い季節でもさらっとしているような肌触りのやつ。


へえ~~~と思いつつ、感謝して受け取りました。

ちょうど仕事の椅子に、一枚クッションを敷いていたのですが、ややくたびれてきていて、その代わりにちょうど良いので、四角いほうのやつは早速使わせてもらいました。
うん、確かに悪くない。

仕事柄、ありがたいものをもらいました。
仕事をしているときでも、すんごく眠くなることはたまにありますので、ネックピローもそういうときに活躍しそうですね。

「父の日」とか、国のほうで制定してもらっている記念日は、我が家はあまり関心が強くない家です。
それでも、どっちかというと「母の日」のほうが意識されやすいかな?
お父ちゃんは放置でしたが、自分もあまり意識してないし、そもそも何かを期待していないので、スルーでも別に無問題なんですが。
(家族や親子間は非常に良い。良いからこそどうでもいいと思っていた)

まあ、でも、たまにはこういうことも嬉しいですよね。

日曜日は、亡父のために好きだった酒を買ってこようかな。


☆7月・西宮鑑定会 予約受付中→こちら
☆2019年度ZEPHYR占星術ネット講座・受講生募集中→こちら
☆岡山占星術初級教室・参加者募集中→こちら
☆占星術・タロット鑑定のお申し込み→こちら



ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

2019年6月14日金曜日

ツバメvs.蛇

昨日もやはりラーメンの風が吹いた……(笑)
吹いたんじゃなくて、吹かせたんだろ、と突っ込まれそうですが。

山富士のラーメンを堪能しました。


先日、家族で出ていて、家族で帰宅したとき、ツバメがえらく騒いでいました。
なんか、日頃ないくらい親鳥が激しくさえずっているのです。

どーしたの? まさか雛でも落下した?
とか思いながら、車を駐めましたところ、先に家に入ろうとしていた妻や母が、
「蛇がいた!」と。

ツバメの巣がある玄関近くにいて、人間が来ると慌てて離れていったと。


黒い大きな蛇だったそうで、カラス蛇でしょう(毒はないが、このあたりではしばしばすごく大きなものを見かける)。

つまり、ツバメの雛を狙ってきていた?
それに気づいた親鳥たちが、しきりに騒いでいたのではないかと。

それにしても……
すげーなと思ったのは、蛇はちろんツバメの巣があることもわかっていたんでしょうし。

ひょっとしたら、そのとき家が無人であったこともわかっていたのではないか……ということ。

だからこそ、そのタイミングで狙ってきた。

で、私たちがそれを邪魔するタイミングで戻ってしまった。
ツバメにとっては助かった。


まあ、自然の営みというか、野性の世界というか。
弱肉強食というか。

ツバメにしても、蛇にしても、本能に従った行動なんでしょうけれど。
そうして考えると、ツバメが民家の軒下なんかに巣を作るのは、経験上、そこが比較的安全だとわかっているからなんでしょうね。

すごいなーと思った次第。



雛たちは育っています。



親鳥からの餌を目一杯、口を開いて待つ。

親鳥は超忙しい。

この巣の下に、今年は新聞を貼り合わせたものを開いています。
大きめのプラスチックのたらいを起き、その上に広げて、新聞でたらいを巻くようにしてます。

たらいの中には重めの石を入れていて、こうすると風で新聞も飛びませんし、万が一雛が落ちても、新聞がクッションになるような構造です。

しかし、人間も忙しい。

これだけ育つと、すぐに新聞は糞だらけになり、交換しなければなりません。

せっかく我が家を間借りさせているんだから、みんな、ちゃんと巣立っておくれよ。


☆7月・西宮鑑定会 予約受付中→こちら
☆2019年度ZEPHYR占星術ネット講座・受講生募集中→こちら
☆岡山占星術初級教室・参加者募集中→こちら
☆占星術・タロット鑑定のお申し込み→こちら




ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

2019年6月13日木曜日

ふ~太の黒醤油 並の衝撃

西宮鑑定会ですが、7月7日は満席となりました。
6日はまだ3枠ほどございます。こちら


なんとか63㎏台に体重をキープしつつ。

しかし、愛する麺類は食べたい……

という誘惑は勝てずにいます。(笑)

こちらの地方では、「ふ~太」というラーメン・チェーン店があります。
以前はちょくちょく行っていたのですが、最近行っていませんでした。

先週の大学アフターで、次の仕事への合間にあまり時間がなくなってしまいました。
大学のあとって、お腹すく……
ヒモジイ……

移動に都合の良い場所に、ふ~太があることを思いだし、久しぶりに寄ってみました。

とんこつ醤油とか、うまかったんですが……
なんか、知らない看板ラーメンに「黒醤油」というのができていました。

しかも、「並」「大盛」「男盛」「祭盛」???とかある。
それぞれ、680円 790円 990円 1390円!!(税別)

祭盛は総量2㎏のメガ盛……いやいやいや。こんなの食い切れないし、仮にスープまで完食したら体重65㎏越えちゃうよ!!

というわけで、おとなしく「並」……

image

え?

これ、「並」???

盛り上がってるんですけど。

チャーシューというよりも豚肉を炒めたようなものと、もやしやキャベツがもっさりと!


麺がまた太い!

私、細麺のほうが好きなんですが……

すごく食べ応えのあるコシの強い麺で、濃いめの醤油スープとも合っている。
普通なら味が濃すぎるんですけど、救いなのはたっぷりのお野菜。
これのおかげで、うまく調和が取れている。

スープは飲み干しませんが、完食しました。

結構ワイルドなラーメンでした。

会計時、「ひょっとして並じゃなくて、大盛とかが間違ってきていたんでは……」と疑ったのですが、そうでもなかったようで……

はて?

なぜ、あれが並なのか、ということが引っかかる……


今日も大学終わったら、どこかでラーメンの風が吹く予感する……


うん。


☆7月・西宮鑑定会 予約受付中→こちら
☆2019年度ZEPHYR占星術ネット講座・受講生募集中→こちら
☆岡山占星術初級教室・参加者募集中→こちら
☆占星術・タロット鑑定のお申し込み→こちら




ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

2019年6月11日火曜日

神社に階段設営しました

氏神様である山村神社ですが、このたび、ようやく拝殿前の階段を制作できました。

材料は2017年の秋には手に入っていたのですが、日常の仕事に追われてしまい、しかも大工仕事など普段いたしませんので、どうも腰が重くなっておりました。

しかし、この5月6月に、ちょっと時間的に余裕があり、「これじゃいかん!」と一念発起し、行動を起こしました。


拝殿は村の小さな集会所みたいにもなっているのですが、そこへ上がる階段がもう足元から腐ってボロボロになり、撤去していました。
こんな状態で、一年半以上、過ぎてしまいました。


材料は、以前屋根の工事をしたとき、大工さんに踏み板を二枚、一緒に納品してもらっていました。
そして、もともとあった古い階段の踏み板、これは腐っていなかったので脚部として再利用する計画でした。



下にあるのが古い板で、上にのせているのが腐った階段の脚部です。
同じ角度でノコギリで切断。


その後、古く黒ずんだ表面と角をサンダーで研磨していきました。


研磨中。

結構きれいになりますね。

この種の機械は、亡父がいろいろ持っていたので、作業がはかどります。



そして納品してもらっていた踏み板も、寸法で切断。

宮大工みたいにノミでくぼみを作ってはめ込むような技はありませんので、こういった止め金を使うことにしました。

こうした作業を先週、先々週くらいの仕事の合間に、ちょこちょこやり、今日(11日)、奥さんと一緒に材料と機械を神社に持ち込み、
いよいよ設置!

と思いきや、上がり口に合わせてみると、下のコンクリートがボコボコで、うまく合わない……やっぱ、素人ですね。(笑)
これも機械で足元や建物に合わせる部分を削って調整(これが時間がかかった)。

なんとか納得できるレベルになり、仮組み。

そして水平器で踏み板の位置を決め、脚部に防腐剤を塗布。

さあ、組み付けです。


この段階では、一人では作業は無理で、奥さんに支えてもらいました。
こんな感じで脚部と踏み板を固定していきます。

踏み板は二枚なので、一枚固定したあと、もう一枚も位置決めして、もう一回作業をします。


おお、こんな感じに!

釘で上がり口に固定します。



できたー!!

素人仕事ながら、パッと見た目にはいい感じになりました。

神様、お待たせして申し訳ありませんでした。


これでお祭りの時など、他の氏子さんや宮司さんも苦労せずに上がることができます。



この山村神社は、多くのかたのご厚情を賜ることで、なんとかこの限界集落で存続させることができております。

あらためてこの場で感謝申し上げます。

ちなみにこの階段設営のために、

幅広金折れ8個
ステンレス木ネジ
サンダーの研磨用の刃二種
ロックナットレンチ
等々 
合計5004円。

これをご寄付いただいたご浄財の中から使わせていただきました。

山村神社存続のためにのページをご覧いただいた方から、今でも時折、ご寄付をいただいております。
この場を借りて、あらためて御礼申し上げます。


ありがとうございます!


☆7月・西宮鑑定会 予約受付中→こちら
☆2019年度ZEPHYR占星術ネット講座・受講生募集中→こちら
☆岡山占星術初級教室・参加者募集中→こちら
☆占星術・タロット鑑定のお申し込み→こちら



ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

無価値と思うことにもチャレンジする価値がある

つい最近、「12星座占いの作成の仕方」という記事を6期講座で整備しました。

12星座占いというのは、詰まるところ太陽星座占いです。
太陽の入っている星座に焦点を当てた占いです。
やはり太陽は、他の天体に比べ、重要度が高い。

でも、焦点を当てたといえば聞こえはいいのですが、実際には個人のホロスコープに比べれば、焦点がボケボケのいい加減な占いです。

私も毎月の12星座占いをUPしていますが、これはタロットを主に使用しています。
ホロスコープは使いにくい、という現実があるのです。

というのは、12星座は360度の天宮を12分の1に等分したものです。
(この12星座は現実の12星座or13星座とは直接的な関係がありません。たんに地球から見た黄道=太陽の通り道を12分の1に分割したエリアです)

12等分したとしても、一つの星座は30度あります。
牡羊座1度と牡羊座29度も、同じ牡羊座生まれですが、その度数の差が非常に大きく、同じ星座で語るにはあまりにも開きがあります。

それをあえてやってしまおうというのが、12星座占いです。
これは、そもそも無謀なのです。

人間を12種類に分けること自体が、あまりにも乱暴です。

しかし、個人のホロスコープは、12星座占いとはまったく別のものです。
とくに出生時間まで判明している場合、すべての天体の位置が特定され、ハウスも配分され、まさにこの世に一人だけ(に限りなく近い)のものが作成できます。
その精密度は、桁外れです。

それに比べると、12星座占いというのは、あまりにも漠然としていて、これは「当たらなくても不思議はない」ものです。

それでも。
長年やっていると、いろいろと思いつくことはあるものです。
その累積で、「少しはましな12星座占い」を構築しています。

あ、これはあくまでも自分なりの解釈での話で、自分の考えたのが一番ましとかいう意味ではありません。
もともと曖昧な12星座占いを、いかによりよくしていくか、というアプローチです。

同じ12星座占いでも、私よりも高精度なものに仕上げていらっしゃるかたは、たくさんいると思います。


正直、2005年に占星術研究家としてプロになった当初は、私は12星座占いは完全に軽視していました。

やる価値のないものと思っていたところもあります。
(実際、当初のブログにはそのようなものはなかったと思います)

しかし、あるとき「ん?」と思い、いろいろな角度からアプローチするようになりました。

そうすると、軽く見ていたはずのそれなのに、新しい発見があるのです。

考え方、見方。

それが個人の鑑定にも、フィードバックされていくのです。


なに、当たり前のこと言ってんの?
と思われるかたもいらっしゃるでしょう。

私の未熟をさらけ出すような記事です。


申し上げたいのは、

あまりにも価値がないと思われるようなことにも、チャレンジする価値が、じつはあるということです。

初心の、さらにその前のようなものでさえ、真剣に取り組んでみると、教えられることがある。

何事も馬鹿にしちゃいけないということなんですね。

何かを軽く見た瞬間に、人は自分の価値も軽くしてしまうのかも知れません。

そういうことを私に対して戒め、問題提起をしてくれるのは、ネット講座や日常の鑑定であることが多い。
そこで提示されたことに、真剣に対応しようとすれば、自ずと違った地平も見えてくることが多い。

導かれている感謝を覚えます。



☆7月・西宮鑑定会 予約受付中→こちら
☆2019年度ZEPHYR占星術ネット講座・受講生募集中→こちら
☆岡山占星術初級教室・参加者募集中→こちら
☆占星術・タロット鑑定のお申し込み→こちら




ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

2019年6月10日月曜日

あきれはててしまった

このブログでは、できるだけ人を悪くいったり、日常の愚痴みたいなことは書かないようにしているのですが。

あんまりことに遭遇してしまったので、ちょっと愚痴らせてください。
おまけに話が汚いので、お食事をされるかたは絶対に避けてください。
先にお願いしておきます。


毎朝、ジョギングをしております。できる日には。

地元の氏神様まで行き、朝の祝詞をあげて帰ってくるのが日課です。

昨日の朝。
つまり日曜日の朝ですね。

いつものように気持ちよく走って行くと、なんと……

神社の参道に、う○こをしてあるのです。
獣じゃないです。

拭いたティッシュも散らばってましたし。

さらにいえば……(要注意です)……繊細な人は読まないように。

わりと下痢っぽいようなもので……


はあ??

と一瞬、唖然となってしまった。



その前夜、つまり土曜日の夜なのですが。

毎年だったら、「蛍祭り」を地区でやって、すごいお客さんが来ていました。
今年から取りやめになったことは前にお書きしましたが、開催される場合は、8日の土曜日あたりになっていたはず。

だから、この夜はものすごく車がうちの集落に入り込んで、そのため渋滞が生じ、結果、うちの娘は普通のルートでは家に帰れなかった。
それくらい大渋滞を起こしていたわけで、蛍を見に来た人、祭りが今年もあるんじゃないかと期待した人が多かったのでしょう。

神社は蛍の里に隣接した場所にあります。

簡易トイレはこの時期設置されているのですが、間に合わないとか、トレイがわからないとか、子供が我慢できなかったとか……
いろいろ考えられますが。

よりによって、神様の通り道である参道に……

なんという罰当たりな。

あきれてしまったのです。

参拝後、神社にある古い竹箒を持って、その始末に。
参道には今の時期、枯れた竹の葉が一杯落ちていて、それごとなんとかしたのですが。

そもそも参道をきれいにしていなかったのも悪かったと思い直し、参道全体を熊手で清掃しました。

よく知らない人には、「あ、こんなところに山道がある。ここでしちゃえ」みたいな発想に繋がりかねませんし。
とはいえ、上がり口には「山村神社」の看板もあるので、わからないわけないと思うんですけどね、その上に神社があること。

掃除の最中に竹箒は古くなっていて、柄が折れてしまいました。
まあ、汚物を処理した箒なので、もともと神社に持って帰るつもりはなく、折れた箒は両手に持ってジョギングで帰り、自宅で他の刈った草や道路上に出て邪魔になる枝なんかと一緒に燃やしました。


なんかもう、怒りを通り越してしまって……


すみません。

この頃、ちょっと神社のためにいろいろやっていたこともあって、そのせいでつい愚痴りたくなってしまいました。

お目汚し失礼いたしました。
お許しください。


☆7月・西宮鑑定会 予約受付中→こちら
☆2019年度ZEPHYR占星術ネット講座・受講生募集中→こちら
☆岡山占星術初級教室・参加者募集中→こちら
☆占星術・タロット鑑定のお申し込み→こちら




ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

連理の翼 アクラ王4

 半島の尾根越えを行ったオウス一軍は、未明にアクラ王の拠点の一つを急襲した。
 それは児島に接近したときにオウスらを襲ったヒエダが管理する地であり、彼らにしてみれば背後から不意打ちを食らった形であった。島の西側に沿って並ぶ山々は、自然の盾であり、そこを穿って攻めてくる敵は、まったく想定されていなかった。
 オウスらの大和の船が、東の穴戸から抜けていったということも油断を誘う大きな要因になっていた。

 オウスは自ら先陣を切り、拠点へ攻め込んでいった。
 吉備武彦はオウスの大和の皇子としての立場を慮り、いさめた。が、形だけうなずくオウスの本音がどこにあるのか、うすうすわかっていた。
 心のどこかで、この皇子の本性を見たいという、熱い期待のようなものさえ感じていて、そのため駆け出す皇子を制止することができなかった。

 オウスはまるで、剣の舞を踊っているようだった。

 その姿は血にまみれながら、まるで優美なほどだった。
 人を斬り、手にかけるという行為は、とことん残虐なものだ。

 しかし、オウスのそれは、意味不明の「様式美」のようなものを備えていた。
 すべてが理にかなっており、その理を体現するためには、身体能力のすべてを発揮し、なおかつ、当たり前に見えている視野以外の、それこそ背後や遠くの闇の中にさえ届く「眼」を持っていなければならないはずだった。

 オウスはほとんど超常的な五感以上のものを持ち、自分を害する攻撃が、どこからどう向けられてくるか、すべて予知していて、その予知に従って超絶的なスピードで動く五体を駆使していた……ように見えた。
 襲いかかる剣も矢も、オウスには事前にすべての軌道が見えているように思えた。
 そのように考えないと、あり得ない状況がいくつもあった。
 普通なら幾度も死んでいるのに、オウスはそのすべてを紙一重でかわし続け、最大効率の太刀さばきで敵を打ち倒していった。

 スサノヲ――
 
 古より伝わる荒ぶる神の名がよぎった。
 スサノヲの再来だ、と。

 吉備武彦の感じた印象は、間違っていなかった。
 オウスは戦いの局面において、自分がなくなっていた。「無」になっていた。
 それはあれこれ、思考で考える状態ではなかったということだ。
 
 そのような状態であればこそ、敵の意志はすべてキャッチしていた。
 だから、自分がなにをすべきか、どう動くべきか、考えずわかっていた。

 さらに――
 武彦が想像だにできない特殊な感覚が、オウスにはあった。

 この自分が無になって動くとき、オウスは必ず特殊な時間感覚に陥った。
 それは、すべてがスローモーションになり、自分だけが他者とは違う時間の中で動くことができる、という感覚だった。

 他人にはどれほど紙一重に見えても、オウスには余裕綽々(よゆうしゃくしゃく)でかわせる攻撃ばかりだった。
 むしろ、余裕があるからこそ、紙一重まで待てる。
 そのタイミングにこそ、相手を屠(ほふ)るもっとも適切な間合いが生まれるということを、彼は本能的に理解していた。

 その超常的な感覚による動きこそが、武彦に「舞のようのである」と感じさせる要因だった。
 すべてに無駄がなく、
 すべてがなめらかで、

 そして、その結果――

 オウスの殺した相手は、もっとも多くなった。
 しかも、彼らの多くは、ほとんど一撃の太刀で命を奪われていた。
 血で濡れ、切れ味が悪くなれば、時に敵の剣を奪って使い、時に敵に衣類で血糊を拭くことさえオウスはできたし、それがかなわぬときは突いた。
 もしくは、頭蓋を打ち砕いた。
 甲冑を身につけているものは、正確に首を切った。

 そうして、朝日が昇る頃には、ヒエダの治める拠点は壊滅した。
 ヒエダは戦いの途中で逃走したようだった。

「死体を片付けろ」
 オウスは命じた。「腹が減ったな――。誰ぞ、朝餉の用意を」

 累々たる屍の上、オウスは何事もなかったかのようだった。

 武彦は、この時、失禁した。
 戦いのさなかでさえ、そのような醜態は、ついぞ見せたことがない一国の主だった。
 
 ――恐ろしい。
 と思うと同時に、悟った。

 この国の未来は、この御方によって決まる、と。
 


☆7月・西宮鑑定会 予約受付中→こちら
☆2019年度ZEPHYR占星術ネット講座・受講生募集中→こちら
☆岡山占星術初級教室・参加者募集中→こちら
☆占星術・タロット鑑定のお申し込み→こちら




ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

2019年6月9日日曜日

ツバメの雛

今年はツバメが戻ってくるのが早かったのですが。

昨年からある巣を強固に仕上げてくれた(リフォーム?)と思っていたら、なかなか雛が現れない。
二度ばかり、卵の殻が落ちていたと思っていたら、雛がいつまでたっても姿を現わさず……

ちょうどこの頃、家の外壁を部分的に補修してもらうため、業者の人が来て、ツバメの巣の周辺で作業したりしたのも悪かったか……
ストレス?

しかし、このたび、3度目の正直で雛たちが出現し、親鳥たちは餌を運ぶのに忙しい状態になりました。

ほっとしました。

わかりにくいですが、雛たちの頭が見えています。3羽か4羽?


雛たちは今、親の運んでくる餌を、大口開けて待っています。



☆7月・西宮鑑定会 予約受付中→こちら
☆2019年度ZEPHYR占星術ネット講座・受講生募集中→こちら
☆岡山占星術初級教室・参加者募集中→こちら
☆占星術・タロット鑑定のお申し込み→こちら



ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

2019年6月8日土曜日

自分を許したら

頑張るだけが吉じゃないで生活や仕事について、少し方向転換をしようということを書いたのですが。

あれもやらなきゃこれもやらなきゃ、ということを、自分がこれまでいかに思い詰めていたか、この頃、実感しています。
こういう人って多いと思いますので、参考までに書いておきます。

じつは、今ちょっと楽なのです。
楽というのは、気持ちが。

私はよく夢を見るのですが、以前は冷や汗もので寝ぼけて目覚めることが、よくありました。
毎月毎月やっておかなきゃいけないことを、もうずっと忘れていた! どうしよう! みたいな目覚めなのです。
多くはネット講座の更新とか、そういうのを忘れている夢です。(笑)

もちろん忘れているなんてことはなく、ちゃんとやっているのですが。

慌てて机の前に座り、どうしよう、なんて書こう、とか思い、パソコンを立ち上げたりしていうるうちに、寝ぼけから冷めてほっとするのですが。
いや、ホントに心臓に悪い。(笑)

こういう切迫感の中で目覚めることもままあり、それって結局、あれもこれもと思って、常に自分を追い立てているから、そんな夢を見てしまっていたのです。

しかし、前述の記事の頃に、はたと思ったのです。
なにをそんなに自分で自分を追い込んでいるのか。

そんな状態だと、何か娯楽的なことに意識を向けたりしていると、それだけでもう一種の罪悪感が生じ、こんなことで時間を無駄にするより、あれをやってあげたほうがいいんじゃないかとか考えてしまっていたのです。

仕事は好きですよ。
占星術の仕事に限らず、ホテルの仕事も好きでしたし。
働くこと自体、だいたい好きなんでしょうね。

しかし、過去あまりに過密な仕事の仕方をしてきた期間が長かったため(ホテル、大学、鑑定、ネット講座などの掛け持ち)、たぶんもう癖みたいになってしまった。

今、一応、子供達も社会にとっくに送り出し、背負っていた重荷からもかなり解放されているのに。

なぜ自分はこうまで、自分を追い込んでいるのか。

過去、奥さんに苦労させてしまったので、それを取り戻したいというのか、償いたいという思いもあることに気づきました。

いろいろ見つめていくと、もう自分を許していいんじゃないか、と思えてきました。

そうすると、ちょっと肩の力が抜けました。

人間らしく、あるいは自分らしく、普通に生きて行けたらそれでいいいのでは、と。


もちろん、これから先の夢とか計画もあります。

それに向けては動くのですが、これまでのように自分で追い込んでいくのではなく。

楽しんでやりたい。



☆7月・西宮鑑定会 予約受付中→こちら
☆2019年度ZEPHYR占星術ネット講座・受講生募集中→こちら
☆岡山占星術初級教室・参加者募集中→こちら
☆占星術・タロット鑑定のお申し込み→こちら




ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

2019年6月7日金曜日

土星の強い家系

今朝、母を連れてある整体に行きました。

わざわざ自分一人のために連れて行ってもらうのは気が引ける(私に時間を使わせるので)というのが、いつもの母の言で、
なので、私も腰を診てもらうので一緒に、という口実で連れて行きました。

ま、実際、座り仕事ばかりで腰は硬いですし。
K先生にやっていただくと、このへんがすか~っと良くなる。

母はここ数年、膝が悪くなる一方です。
これがなければ、椎茸栽培ももう少し続けていたかも。

我が家は、比較的、この膝とか関節に出やすい傾向があるようです。
管理しているのは土星とか山羊座です。

私は健康運に土星がちょっと関与していて、かなり昔の話ですが、無理をしすぎて膝関節を痛めたことがあります。
あとはもう、ホテルの仕事での腰ですね。

娘も幼少期から膝の不調があり……(これは前世療法で、劇的に治癒した!)

息子も足が痛いとよく言っています。
立ち仕事ゆえ……と、体重のせいだろうな。(笑)

じつは、現状の我が家に存在する5人は、全員。
土星が山羊座か水瓶座にある人たちなのです。

一人の例外もありません。
(ちなみに三歳上の私の兄も山羊座土星)

山羊座や水瓶座は、土星を支配星としておりますので、ここに土星があれば強く機能します。

だから、それぞれの身体や性質にも、この土星の影響は見て取れます。

へ~、そんな偶然あるんだあと思われるかも知れませんが。

じつは、土星は30年くらいの周期でホロスコープを一周しますので、つまり親が出産する→その子が成長し、30歳くらいで出産する→その子がまた30歳くらいで出産……

という循環になったら、同じ星座に土星を持つというのは、まったく不自然ではないのです。

30歳というのは、結婚や出産に関しても、一つの判断基準になっている側面もありますしね。

我が家はたまたま、親の代からそういうプロセスで、私も同じようなプロセスだったので、こうなってしまったわけです。


で、今、土星は山羊座におります。

我が家は強い土星の伝統がたまたま生じているわけですが、この伝統が継承されるためには、そろそろ娘や息子に結婚をばしていただき、土星が水瓶座を抜ける2023年3月頃までに出産していただかないといけません。

どんな伝統やねん。(^^ )

強い土星は、なかなかに厄介なところもあるので、この伝統がそろそろ切り替わってもいいのですが。

二人とも、そのケがなさ過ぎるので、近頃ではゼファー家の血が絶えることも真面目に考えつつ……墓を永代供養するとか……

そのようなことも視野にちらほら。



ところで、今朝運転中。

ある交差点に前走車に続き、青でアプローチしていたら、とんでもない車と遭遇。
私からは右手、交差している赤信号の道から、完全信号無視で黒いC-HRが左折して飛び出してきました。

そこにはちゃんと赤信号で止まっている車がいて、その車をまくっての信号無視。
ですから、うっかり信号を見落としたとかではありません。

唖然。


……皆様、安全運転をお願いいたします。


☆7月・西宮鑑定会 予約受付中→こちら
☆2019年度ZEPHYR占星術ネット講座・受講生募集中→こちら
☆岡山占星術初級教室・参加者募集中→こちら
☆占星術・タロット鑑定のお申し込み→こちら




ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

2019年6月6日木曜日

事故に戦慄する

このところ、本当に寒気がするような事故が多いですね。
なまじドライヴレコーダーが普及しているので、事故発生時のリアルな状況を目にすることも多く、ゾッとします。

火星が蟹座にあることで、自動車や交通のトラブルが日本では多く出てきているように思います。

6月の日本と全体傾向でシステム上のトラブルということも考えられるとお伝えしていましたが、横浜のシーサイドラインの逆走事故なども、まさにシステム上のことかと思われます。

今日も安全運転で、大学までやってきていますが、運転は日常のことゆえ、追気持ちが緩んだりすることもあります。

まあ、大丈夫だろうなんて、くれぐれも安直な考えにならないように、気をつけたいと思います。

今乗っている車、スイフトはATです。
でも、もしかするといつか車を乗り換えることがあるとしたら、またMTにするかも知れません。
MTのほうが操作が複雑なのは当たり前ですが、「踏み間違え」とかは起きにくいのではないかと思うのです。

ATは楽ですけどね。
とくに街中の渋滞時なんかは。

それでも、私たち夫婦はマニュアルが全然苦にならないので、そのほうが今の段階では良いかも、とか思います。


ハイブリッドカーとか、自動運転とか。
世の中次々に技術革新されるのですが、この過渡期にはシステム、プログラムなど、そういったものの不具合が浮き彫りになることもあるでしょう。

最初から100%完成されるなんてことはないわけで。

それでも限界集落に暮らす身としては、自動運転が絶対に実現して欲しい。

交通機関も一切ない集落に暮らすお年寄り達は、車以外に頼れるものもない。
その一方でお年寄りの事故が、かほどに目立つと……
やはり葛藤しますよ。


火星は7月頃まで、要注意状態です。
7月に入るとすぐ蟹座を抜けるのですが、獅子座に入る前後はべつな意味でハードアスペクトが強い。

西宮鑑定会も、今回は車でなく鉄道移動することにしました。

皆様もくれぐれもご注意下さい。
皆様とそのご家族が守られますように。


☆7月・西宮鑑定会 予約受付中→こちら
☆2019年度ZEPHYR占星術ネット講座・受講生募集中→こちら
☆岡山占星術初級教室・参加者募集中→こちら
☆占星術・タロット鑑定のお申し込み→こちら



ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓