ご訪問ありがとうございます。
こちらはZEPHYRのメインサイトです。
amebaのZEPHYRとは姉妹ブログになっております。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2018年3月4日日曜日

3月の12星座の運勢

え~~~~。
ま、まことにお恥ずかしい話なのですが。
3月の12星座を作成するのを、すっっっっっっかり忘れておりました!(爆)

2月最後のネット講座を用意して(2/27)、そして同日に近隣トラブルが発生し、その対応に追われ……
などしているうちに、完全に忘却しておりました。
(そのトラブルというのは、パトカーに来ていただくような類いのもの)

2月が28日までしかないというのも、落とし穴で。
奥さんの誕生日が来る頃には、なんかやるべきことはやっている的な気分で過ごしておりました。
(^▽^;)

昨日、コメントで「なくなったの?」と書き込みがあり、
(  ゚ ▽ ゚ ;)ハ……となった次第。

ダイジョウブカ オレ ダイジョウブカ オレ

ま、トシってことで!(笑)

そんなわけで、ちょっと慌ててなんですが、本日、ご用意いたしました。
大変にお待たせしました。


最初に12星座占いの取説とデーカンについてをご一読ください。
上記のリンク記事の内容をご理解の上、この記事をお読みください。


牡羊座 ♈

好調月。
エネルギーが満ちている。

特に良いのは友人関係で、楽しい交際で盛り上がれます。
仕事や学業は、ちょっとした躓きがあるかもしれませんが、すぐに挽回できます。話し合いも大事ですが、インスピレーションがあなたに訪れます。

恋愛も、誤解→解ける→より仲良くなる、みたいな流れがありそうです。
そういったこともコントロールできるはずなので、よほど感情的な対応しない限り問題は少ないでしょう。
フリーの方は、新しい恋のチャンスもあります。

第1デーカンは月の半ば以降、注意。せっかちにならず、行動する前に慎重に考えること。不本意な多忙さや出張など。
全般にどのデーカンも楽しい月になりやすい。


牡牛座 ♉
少し冷却期間を。
あるいは冷静に。

隠していたことがばれたり(自分だけではなく相手かも)、心の内に傷をまた直視させられたり、3月は少し痛い月です。
友達との関係では、金銭の貸し借りなどが原因で問題が起きやすい。
パートナーを縛り付けすぎるのもトラブルの原因になりやすいようです。

前月もクールな対応ということがあった牡牛座ですが、今月もその傾向があります。
冷静に考えること、しばらく時間をおくことなどが必要になることがあります。
親御さんは子供の状態に注意を払いましょう。

第1デーカンは月の半ば以降、能動的になります。全体としては障害が多いので、そこで無理押ししなければOKです。


双子座 ♊
本能や欲に試される。

この月は欲をかいてはいけません。
下心、あるいは損得、貪欲、誘惑。
こういったものに引っ張られると、せっかくの好調さが台無しに。
ちゃんとした恋人や配偶者がいる人は、まさにそういう傾向に注意しなければなりません。

冷静に対処し、のぼせ上がりそうな頭を冷やす時間があった方が良いでしょう。
相手のことや状況について、しっかりとしたリサーチを行うことで、実は順調に進んで行けます。

第3デーカンは、特に月の前半、衝動的な行動が増えます。親しい喧嘩などしやすい。


蟹座 ♋
仕事か家族か。

上記のどちらかでちょっとした課題が出てきます。
仕事の場合は根回しやリサーチ不足、あるいは人の言うことを聞き入れない狭量な状態が自分、もしくは周囲に発生しやすいから、と考えられます。
そのために全体をリセットすると言うこと方法がとられるかもしれません。
進めてきたことが新しい段階にならず、やり直し、みたいな。

しかし、このプロセスも必要なもののようです。
そのためにかえって団結したり、意思統一できたり、仲間との絆が強まったり、という効能もありそう。

家族のことの場合、お父さんの立場の人が鍵を握る。
たとえば引っ越しとか、何か家庭の新しい状態を作り出そうとするとき、やはり一度障害があるのですが、結果的に良い方へ結びつきやすいようです。

第1デーカンは、月の半ば以降、人間関係に注意。荒っぽい粗雑な環境には出向かないこと。また日常の通行で慎重に(車だけではなく、自転車など使う人も)。


獅子座 ♌
夢や希望を実現する布石。

ちょっとばかり障害物はあります。
人物としては女性が鍵になります。職場でも家庭でも。
家庭の場合は、母親や妻といった立場の人。季節の変わり目で健康管理をしっかりと。

自分の考え、計画、夢などを実現するためのプロセスなのですが、そのために今一度謙虚になり、人にものを頼んだり、力を借りたりする必要がありそうです。
対処法が二つありそうです。個人によって異なります。
一度、考えをリセットしてゼロから始める。
停滞した状態で様子を見る。

第3デーカンは、月の半ば頃まで活動的な運勢。女性は異性運が強まります。
全体として娯楽的な楽しみがある。


乙女座 ♍
好調な月です。

やや不安定な、心が落ち着かない感はありますが、不安を払いのけましょう。
何かで詰まったところは出てきますが、現実はたいしたことなく解決します。

この月は「案ずるより産むが易し」です。
とにかくやってみることです。
やらないと不安は取り除けません。

またこの春からの生活の計画を立てましょう。
この一年間のでもOK。

この月は仕事、旅行など好調です。

第1デーカンは、月の半ば以降、能動的になります。女性は特に異星との接触が増えます。


天秤座 ♎
今月、もっとも好調な星座です。

恋のチャンス、良き人間関係の出会い、選択したことが大当たり、友達との楽しいお付き合い、学習の向上や資格のゲット、やってきた仕事の成果が出て評価される……などいくつも良い側面のある月です。
すべてが起きる人はそういないと思いますが、これらのうちのどれかが実感されやすいと思います。

エンジョイしてください。
そんな月です。

第1デーカンは月の半ば以降、イライラしやすい。家族関係が原因のことが多い。軽く運動すると良い。


蠍座 ♏
静かな月です。

この月は動きが極めて乏しいというのか、まるで静かな湖のようです。
動きの少なさは悪い意味ではなく、むしろこの静けさの中で自分を見つめ直したり、体を癒やしたり、学んだりできます。

ここまで頑張った自分にご褒美をあげましょう。
自分の中に溜まっているものは、ここで吐き出しましょう。
感情的にもそうですが、体も癒やしてあげましょう。
エステとかアロマとか、マッサージとか、温泉とか、なんであれ自分に合った癒やしの時間を作りましょう。

そんな時間があなたにインスピレーションをもたらします。
停滞していたことがあるとしても、それが解決をもたらします。

デーカンによる差はあまりなさそうです。
健康管理が大事。


射手座 ♐
ステップアップするための月。

迷い、先の見えない状態があります。
そこへ目の覚めるような救済が降ってくる。気づきかもしれません。

しかし、まだ新しい段階へ移行できていない状態です。
飛びたいのに怖い。
そんな心理的なものがありそうです。

無理矢理動き出そうとしないことです。
まずは自分の心身のバランスを整えましょう。
生活のリズムをちゃんとすることが効果的です。

第3デーカンは、このところ何かにのめり込んでいる可能性があります。異性関係に情熱を燃やしやすい。月の半ば頃まで、特に衝動性が強く、押さえがたい人もいます。


山羊座 ♑
調和調整の月。

射手座と同じようにバランスの回復が大事で、心身のコンディションを正すのが求められます。
何か好ましくない選択をしていたり、気力が衰え、自信を失っていたり…
そんな状態があるようでしたら、まずは体から入ることです。

十分な睡眠と食事。
軽い運動。
それによって気力も回復し、整えられます。
今ある仕事の課題にも立ち向かっていけます。
断捨離も効果があります。

第1デーカンは、月の半ば以降、フラストレーションを抱きやすい。衝動性や活動力が強まるのに、思い通りにそれが許されない状況。月後半のスケジュールを管理し、計画的に事に当たると良い。


水瓶座 ♒
上手にコントロールを。

崩しそうなバランスをうまく取っていく月です。
何かこれまでの好調さが失速したり、低調になっていきそうに感じやすいようです。
これはほとんどメンタル的なものですが、現実に効率や業績が下がるということもあるかもしれません。

これはなんとかなります。
もっとも大事なのは全体の調和です。
個人の考えではなく、家族や仲間、つながり合う企業といった、そのことに関連したネットワーク全体の調和を取ることです。

そんな役割がこの月にあります。
極めて個人的なことなら、恋人や夫婦間でそんな上手な舵取りをする月と言うことにもなります。

デーカンによる差はあまりなさそうです。


魚座 ♓
スタート。

始まりの月です。
思いがけない展開があり、あらたな芽が生まれてきます。
(望まれる人にはご懐妊なども?)

執着を手放しましょう。
人にはコントロールできないこともあります。
なるようになるし、天命に沿って生きれば良いだけのこと。

何か手詰まりだと感じる出来事があれば、信頼できる人に相談を。
解決に至ります。

とても良い流れを持つ月なので、その流れのままに。

第1第2デーカンは、人間関係が重要です。自分を主張しなければならないこともあるかもしれません。


ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

0 件のコメント:

コメントを投稿