ご訪問ありがとうございます。
こちらはZEPHYRのメインサイトです。
amebaのZEPHYRとは姉妹ブログになっております。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2018年3月23日金曜日

身体あってこそだ

ちょっと前のことになりますが。

さる方とランチに行きました。
以前から鑑定をさせていただいている方です(この記事はご本人の許可をいただいて書いております)。

その方は女性で、じつは昨日の記事のうちの氏神様、山村神社にもご寄付くださっている方なのですが。
県内ですが、大分離れた土地からわざわざお見えになりました。

ちょっと前に神社にもお参りくださり、そのお参りの日にはお休みで行けなかったお店に昼食に行くというご連絡がありました(お参りの日は、私は仕事の都合でお会いできませんでした)。
ランチの日は、お昼頃なら時間があったので、私もご一緒することにしたのです。

日頃の御礼も申し上げたかったですし、なによりも彼女は昨年、心臓の手術を受けられていました。
術後は良好みたいで、とても元気になられていました。
山村神社に参拝に来ていただいたというのも、手術成功の祈願をさせていただいていて、それがうまくいったこともあっての御礼参りでもあったのです。

すごく元気になられていました。

そんな彼女と梟亭(ふくろうてい)に行きました。

{FDF19A8D-E352-4DA1-A8E8-91DABF49E2FB}

これ、すごいでしょ。
なんか、戦艦みたいな……いかつい外観です。

しかも場所が、我が家にも勝るとも劣らない山の中。
標高はうちと変わらないと思いますが、お店に登っていく最後の坂なんか、車が登るのか不安になるほどの急斜面。
その上に、どーんと建っているのです。
もう半端ない「隠れ家」です。

場所は児島の白尾というところなんですが、まあ、感覚的にはうちとおなじ「由加山のエリア」です。

この梟亭、うちからは(車なら)すぐ近くなんですが、今までに二度しか利用したことがありません。
ずっと昔、ホテルの仲間と。
あと、一度、身内と。

奥さんとは一度も行ったことがないし、前の二回はいずれも夜だったので、外観もいまいちよくわかっていなかった。

このお店、開業してからもうかなりたつのですが、「こんなところでやってお客さん来るの?」と思ったものです。
しかし、ずっと営業を続けているもの、やはりこのお店の「料理」「味」「鶏」が良いからなのでしょう。

地鶏のお店なのです。

いろいろお昼もあるので迷いましたが、ランチは親子丼が有名。
それを頼みました。

{CE0DF8C1-E310-4B14-A748-441836BCE195}
さつま揚げがまず来ました。
熱々でうまい。

{11B684DC-9A56-4794-A686-41CC474F593C}
お豆腐。
これ自家製っぽいですね。
すごくしっかりしっとりとしたお豆腐です。

{54F15B2B-812E-420C-B5B5-461FC0C5B7FD}
地鶏の唐揚げとお味噌汁。
香の物。
{07267AE9-42AA-44A7-A051-12BCB4FCD558}

そして、なんといっても、親子どーん!

{6C32E5C1-23B1-4CA8-8F83-9660251D905B}


ちょっとちょっと
ちょっとちょっと見てください、このふわとろ。

もう目にしただけで、ジュルっとなります。

お味は濃いめ。
やはり鶏がいいですね。
卵もお肉も。

最強の親子丼ですよ、これは。

唐揚げもウメー!

いや、今度、奥さんと一緒に来よう。

いろいろとお話を伺いながら、お昼のひとときを過ごしました。

彼女は手術をお受けになって、とてもアクティブになっていました。
実際、ご自身でも「前はすごく悲観的なところがあったが、そういう落ち込みがあまりなくなった」とおっしゃってました。

心臓は臓器の中でも、当たり前だけどとても重要。

そして占星術では、心臓は太陽。
要するに彼女は太陽コンディションに問題があったわけなのですが、それが改善された。
当然、太陽は人生の源ですから。
彼女の人生もこれからきっと良い方へ変わっていくのだろうと感じました。

心と体はつながっている。
私たちは運勢の不調とか好転とか、そういうことを考えるときに、ホロスコープやその人のメンタル、仕事とか生活の仕方などについ目が行きがちですが。
何かを好転させるためには、体が根本的に大事なのだということも、改めて教えられました。

体あってこその私たち。
私もジョギングするようになって、いろいろ良い面を実感しておりますよ。



ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

0 件のコメント:

コメントを投稿