ご訪問ありがとうございます。
こちらはZEPHYRのメインサイトです。
amebaのZEPHYRとは姉妹ブログになっております。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2019年5月18日土曜日

注意時期の追記

ちょっと気になる感じなので、今日二つ目の記事。

不安に思われるかたは、スルーしてください。

地震などの災害関係です。

すでに注意時期の記事で、観測している時期をお伝えしているのですが。

その時期には、いくつかのアスペクトが連続して生じます。

その第1アスペクトが、もっとも顕著な時期に入ってきました。

10日には日向灘で強い地震がありました。
14日はニューギニアでM7.7(USGS発表値はM7.5)の非常に大きな地震が発生しています。
これらは第1のものに含まれますが、このアスペクトがピークに達するのがこのあとの数日です。

第2のものは5月末~6月初旬にあります。
第1と第2の間には、ほとんど切れ目がありません。

その後、第3のものは6月中旬~下旬にかけてあります。
第2と第3の間にも、あまり空白がありません。

そのため、前の記事で書いたように6月下旬まで、とお知らせしていたのです。

とりあえず、ここ数日は注意しておきたいものです。

ホロスコープは、人が認識する世界が表現されているので、地殻の動きとか起きる出来事そのものを表現するわけではありません。
ニュアンスが異なっています。
起きることがあり、それを人が認識する。
どういう認識をするか、というところから、逆に「こういうことが考えられるのではないか」ということを推定しているわけです。

ですから、やみくもに不安や懸念ばかりを募らせないでください。
こういう時期には、人がざわざわするので、そこに同調しないほうがいいでしょう。

最後に、追記させていただきます。

7月3日に来る新月は、日食でもあります。
このチャートもまた、ここのところずっと続く災害的なものを強く暗示しています(その通りに、一昨年くらいからずっと地震に限らず、世界的に災害が非常に目立っている)。

今のアスペクトの流れとしては、6月下旬が一つの節目にになるのですが、そうこうしていた7月3日の日食が迫ってしまうわけで、その後も同様な傾向が続くと見ています。

この5月6月、そして7月というのが、今年のかなり目立ったポイントになる可能性がある、ということです。



☆2019年度ZEPHYR占星術ネット講座・受講生募集中→こちら
☆岡山占星術初級教室・参加者募集中→こちら
☆占星術・タロット鑑定のお申し込み→こちら




ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

0 件のコメント:

コメントを投稿