ご訪問ありがとうございます。
amebaのZEPHYRの姉妹ブログです。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2016年4月11日月曜日

海底の模型の月??

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

5月20日から4日間、関西で鑑定会を行います。
また22日はセミナーも開催いたします。
詳しくはこちらへ→関西鑑定会とセミナーのご案内

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆


とかこんさんのイラストを得て、

ヤオヨロズ第6章 椿

再構成してUPしております。絵に艶やかさが増したように感じます。

とかこんさん、ありがとうございます。


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆



娘 「ねえ、この役ってなに?」

私 「はい?」

娘 「もつきって読むのかな? 模型の摸に月……」

私 「…………」

娘 「海底摸月(かいていもつき)……て書いてる」

私 「それはハイテイツモ! 最後の盃でツモって上げることを、ハイテイツモっていうの!」

しばらく前に83歳の私の母が、iPadで麻雀ゲームにハマっているという記事を書きましたが。

その影響か、最近娘もスマホでこれをやっているのですね。



たしかに、普通の感覚では「海底摸月」をハイテイツモとは読めんわな、日本人には(笑)

娘の頭の中では、海底に沈む模型の月がイメージされていたのだろうか。


★★★★★★★★

0 件のコメント:

コメントを投稿