ご訪問ありがとうございます。
amebaのZEPHYRの姉妹ブログです。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2017年5月11日木曜日

ウエサク祭を想いつつ



☆2017年度占星術講座受講生募集中→占星術ネット講座
☆関西鑑定会&セミナー予約受付中→関西鑑定&セミナー

■□■□■□■□■□

昨夜の満月はすごかったですね。
我が家の上空にも冴え冴えと輝いておりました。

そして満月のせいなのか、なかなか眠れませんでした。
大変、力の強い満月で、特別なエネルギーを持っていたようです。



今年、6月末に関西に行く時には、絶対に参拝しようと思っているのが、京都の鞍馬寺です。

鞍馬寺では、毎年5月の満月の夜、ウエサク祭と呼ばれる秘祭が執り行われます。
そう、つまりそれは昨夜だったはずなのです(正確な満月は今日ですが、今夜だと満月を少し過ぎる)。

1992年の5月、私たち夫婦はこのお祭りに参加いたしました。

清らかな心からの願いを一つ、かなえてくださるといいます。

当時、私は作家として長いトンネルに入ろうとするところで、先のことが見えなくなっていました。

そのとき、一つのことを願いました。

そう。
あの頃の私は、本当に追い詰められていたような気がします。

その時の願いは、かなえていただけました。
それゆえに、私は今、こうして生きています。

その感謝を、まだちゃんとお伝えしていない。

ですから、今年の京都では、鞍馬寺に行きます。

250万年も昔、金星より救済のため、地球の惑星ロゴスとして鞍馬山に降り立ったというサナート・クマラ。
不思議な伝承ですが、私には妙に納得するというか、心の琴線に触れるものがあります。

鞍馬寺で執り行われている秘儀に想いを馳せつつ、月を仰いだのであります。


ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓





2 件のコメント:

  1. ちょうど3日前に行ってきました。
    ここ数年マイブームで、願い事はしたことないのですが、行くと自分の気が整うような気がして、もう十数回行ってます。奥の院や大杉権現もオススメです。

    返信削除
    返信
    1. はい。奥の院まで、その時も歩きましたよ。
      独特のご神気があるところでした。

      削除