ご訪問ありがとうございます。
amebaのZEPHYRの姉妹ブログです。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2017年5月25日木曜日

仙人も酔う島を訪ねる



☆2017年度占星術講座受講生募集中→占星術ネット講座
☆関西鑑定会&セミナー予約受付中→関西鑑定&セミナー

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

昨日は雨がち。
しかし、ちょっとした用事があり、広島県福山市の鞆の浦まで出かけました。

岡山からは高速道路で車で一時間ほど。
近いので軽四のワゴンR君で出かけました。

せっかくなので、仙酔島というパワースポットとしても知られる島を取材することに。

仙酔島は仙人が酔ってしまうほど美しい島だというのが由来だそうですが、島自体火山活動で形成された中生代白亜紀の地層が見られるなど、奇岩絶景が楽しめる島です。

鞆の浦に到着後、渡船で海を。


鞆の浦のすぐ目の前にあるのですが、この写真の手前に見るのは弁天島と、その弁財天福寿堂。
仙酔島はその向こう側に見える、ちょっと大きな島です。


船は弁天島を迂回するように島に到着。

船着き場到着後は、ひらすら歩きです。



あいにくの曇天ですが、それでも島の美しさは楽しめました。


五色岩です。
島全体が龍神さまと七福神のパワーで満たされているそうですが、特にこの五色岩が強いパワースポットだそうです。



世界的にも五色の岩が見られるところは珍しいのだそうです。

これらも太古からの自然が残されたもの。

龍神さまが住まわれるにふさわしい。



このあたりに「閃きの門」があるそうです。
生まれてきた役割、役目に気づく場所と言われます。


恐れ多いのでその場は写真に撮りませんでしたが、龍神のお背中に乗れる橋というのがあり、作法通りに行えば願を一つ叶えてくれるそうです。
私も今一つ、取り組んでいることがありますので、それがうまく行くようにお願いしてきました。

船着き場に戻ると、ほぼなく渡船が。
なかなかかわいらしい。


鞆の浦に戻ると、「千とせ」という人気のお店に行ってみました。

鯛づくし会席をいただきました。


ここらへんはやはり鞆の浦の鯛なんですね。
なかなかに美味しかったし、ボリュームもありました。

奥さんと一緒に、ちょっとした観光気分も味わったのであります。


ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

0 件のコメント:

コメントを投稿