ご訪問ありがとうございます。
amebaのZEPHYRの後継ブログです。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2017年5月29日月曜日

贋作 罪と罰

☆2017年度占星術講座受講生募集中→占星術ネット講座
☆関西鑑定会&セミナー予約受付中→関西鑑定&セミナー
 ※鑑定枠、残りわずかとなってきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

昨日は岡山の天神山プラザに、「贋作 罪と罰」を観劇に行きました。
野田秀樹の脚本。
ドストエフスキーの「罪と罰」をモチーフに、江戸時代末期から明治にかけての時代の物語として創作されています。


主催は演劇ユニットcoicoiという、岡山の演劇界の有志が集まった人々。
演出・潤色はタゴヒロツグさん。

とても楽しませていただきました。

自分にとっては、野田秀樹作のお芝居の勉強させてもらう、というようなスタンスの観劇でしたが、「KAZEの道」で主役を演じてくれたKさんに笑わせてもらったり、この「罪と罰」の主役の女優のOさんの見ごたえのある演技に満足致しました。

自分に欠けているもの。
それは決定的にセリフだと自覚しています。

芝居のセリフと小説のセリフは、その用法が全く異なると感じます。
小説のそれは野球のようなものですが、芝居のそれは同じ球技でもハンドボールとかバスケットボールのようなもの…ではないかというのが、私の感じるところです。
いや、違うか。
ハンドボールやバスケットボールを、野球の軟球あたりでやり取りするようなもの…

よけいわかりにくいか(笑)

そういったことを学ぶのに、野田秀樹氏のお芝居はうってつけと感じます。

今年中に一本、新作が書き下ろせたら良いのですが……さて?


ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

0 件のコメント:

コメントを投稿