ご訪問ありがとうございます。
amebaのZEPHYRの姉妹ブログです。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2017年5月17日水曜日

創造のサイクルにて

☆2017年度占星術講座受講生募集中→占星術ネット講座
☆関西鑑定会&セミナー予約受付中→関西鑑定&セミナー

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

なにか物事が動き始めると、かならず困難な障害がある。
これは星座の三区分でも説明できます。

カーディナル・サインは牡羊座 蟹座 天秤座 山羊座
フィックスド・サインは牡牛座 獅子座 蠍座 水瓶座
ミュータブル・サインは双子座 乙女座 射手座 魚座

星座の配置は、かならず活動宮→不動宮→柔軟宮という流れになっています。
短期間のサイクルで、カーディナル→フィックスド→ミュータブルという流れで説明すると、
動き出すのがカーディナル、それを押しとどめようとするのがフィックスド、状況を変えるのがミュータブル
です。

当然、新しいことを始めようという流れになると、障害はあります。
出る杭は打たれる、なんてのが一番わかりやすい。

ただ、これは短期的な出方で、もう少し長いスパンで考えると、
新しい創造が行われるのがカーディナルで、それが安定期に入るのがフィックスド、その状況に改良を施したり、次の段階へ向けて解体するのがミュータブル
ということになります。

私は今、たぶんカーディナルの流れに入ってしまった。
ここしばらく、これは続きます。

これは今年の4月ごろから始まっています。
これは短期でも長期でもない、中期ぐらいのサイクルの流れなのですが、それでも、カーディナルが強まるのは、2010年以降にあってから、ちょっとしたインターバルがありました。
このころは、ちょうど私は初となるミュージカルの台本の執筆の大詰めでした。
この時のサイクルは蟹座資質だったので、かなり内向的で感性方向へベクトルが振られていました。
納得。

新しい創造。
そのための困難。

今は?
人との関係の中で動いています。
そして、やはり新しい創造をしなければならない流れ。

困難はあります。
でも、前回のことを考えたら、そんなに長いものではないはず。


しみじみ実感するのは、こうした運気の変わり目は、ある日突然ではないということです。
その少し手前から、すでに布石が打たれ、何気に誘導されている。

今回も少し前から布石が打たれ、その結果……

今まで想像してなかった、新しい創造へ向かっている。

ホロスコープはあまりによくできている。



ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

0 件のコメント:

コメントを投稿