ご訪問ありがとうございます。
こちらはZEPHYRのメインサイトです。
amebaのZEPHYRとは姉妹ブログになっております。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2018年9月18日火曜日

限界集落の暮らし

戸数が10軒に満たない、限界集落。
我が家はそんなところ。

午前中、頑張りすぎて……
くたばっておりました。ヽ(●´Д`●)ノ ハニャ~

午後には鑑定もあったので、そのときまでには回復しなければとお昼少し前から完全休憩。
もちろん鑑定時にはシャキッとしておりましたが、作業を終えた直後はぐったりきていました。

なんで、そんなにへばったのかというと、雑草たちと格闘していたのです。


before
 ↓
after

つまり草刈りですね。(笑)
(映像的には雑草が生い茂っている方が美しく見えてしまう悲しさ)

京都鑑定の後だったかな? 前に刈ったのは。
よく覚えていないのですが、今年の草の繁殖期3回目の草刈りです。

まあ、よく伸びてくださって……

今回は、ちょっとした理由があって、自分としてはわりと丁寧に刈りました。
いつもはざっくりやっつけちゃって、かつ、刈った草は斜面に放置したりしていたのですが(もちろんうちの土地だから)。

それをするとまずい。
刈った草を集めておかないと。

なぜ?

じつは、最近、我が家の周辺にまで、イノシシ君たちが出没していて、家のすぐ近くの地面をほじくり返しているのです。

あなたがたはトラクターですかっ、
こまめですかっ、
というほど。(こまめ、わからない人はスルーしてください)

無責任な飼い主がイノブタを放逐→
完全野生化→
さらに繁殖→
近隣の山林、道路などに出没多数→
食べるものを求めて、民家周辺にも堂々と出現

という流れです。
私など、夜中に車で帰宅していたら、狭い道で眼前にいきなり飛び出してきたでっかいイノシシと衝突!
イノシシはダメージ受けつつ逃亡するも、こちらの軽四のフロントは大破! 
こっちのほうがダメージ、でかいぞ!
諭吉君、たくさんいなくなった!

みたいな出来事も、すでに2012年に起きました(過去記事にあります)。

2012年でもそれなのですが、現在は堂々と民家の周辺にも現れ、なにをやっているかというと、地面を掘って、ミミズとか食べているのです。たぶん個体数に対して、食べ物が足りていないのでしょう。
夜は彼らの集会場。
眠りにつく頃には、外でブヒブヒ、ピギャー、とかいっているわけです。

おかげさまで、周辺の土地は至る所でボコボコ。

そのために舗装道路が、このままではやばいのでは? というような箇所も見受けられるようになってきました。
彼らは道路脇の土手も掘ってしまうのです。

で。

なんで、草刈りにつながるかというと、刈った草をその辺のに置していると、それはやがて腐葉土にもなるし、そもそも草がカバーした土地の下にミミズなんかがまた集まってくるわけですよ。
すると、そこが掘られる。

草を撤去してしまうと、日も当たりますし、ミミズも集まりにくい。

つまりイノシシに掘られたくなきゃ、草も集めておけっていうことなんですね。

刈っては集め、刈っては集め、を繰り返していると、今日は天気もそこそこよかったので、大量の発汗。
今日くらいしかなかったのですよね、草刈りできそうな日が。
今週から大学も始まりますし。

水分補給をしつつ頑張ったのですが、周辺の草刈りを終了させたときには、

ほけらー……

て感じでした。
放心状態?

今週の土曜日は、一年半ぶり、二回目の人間ドックなので、お酒もこの頃セーブしていたのですが……

今日は絶対、ビール(もどき)がうまい。

誘惑に勝てる自信が、1000%ないです。
夕飯は鍋だし。

┐(´∀`)┌ヤレヤレ


ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

0 件のコメント:

コメントを投稿