ご訪問ありがとうございます。
こちらはZEPHYRのメインサイトです。
amebaのZEPHYRとは姉妹ブログになっております。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2018年9月2日日曜日

自民党総裁選を見る

他意はまったくございません。

私はアンチ自民党でもないし、安倍さんのことは、前にも書きましたが、ここしばらくの日本の総理大臣としては、評価させていただいています。

私が感嘆しているのは、安倍さんがここしばらくの危うい運勢を乗り切りつつある、ということです。
普通、この状況なら立場を失いかねないもので、事実、二つの教育機関に端を発した問題が大きくなり、このアスペクトは実際に強く働いていたのです。
しかし、この困難な時期のピークは、すでに越えつつあります。

これはなかなかできないことで、そのときの対処も含め、また外的な要因の追い風もあり、安倍さんは全体としてはうまくやってきたのでしょう。

石破さんですが、私は非常に困難な時期を迎えつつあるのを観測しています。
このあたりのホロスコープの動きは、世間に流れている予測を裏付けているようにも見えます。

タロットカードも引いてみました。

(画像は最古のマルセイユタロット、フランソワ・ショッソン)

左の№11「力」の逆位置が安倍さん。
右の№19の「太陽」の逆位置が石破さん。

ほかにも引いたカードはあるのですが、シンプルにお二人の状況を見ると、やはり石破さんは同志・仲間の協力を得にくい。
安倍さんはコントロールの難しい状況が出てくるか、自信過剰などが見られるわけです。
どっちもよい状態ではない、ということです。

それでも総裁選は進んで行かざるを得ない。
プラス評価での当選ではなく、どっちも問題がありながら、どっちかが選ばれるという状況が、どちらも逆位置ということに表現されていそうです。
結論としては、ホロスコープの観測に準じているようです。


ホロスコープに戻りますが。
私が安倍さんに関して、強く懸念するのは、健康問題です。
最初の政権の時も、体調不良を理由に退陣されましたが、同じようなことがないとも言い切れない。
それがタロットの暗示かもしれないし、予測し得ない災害のような事態なのかもしれません。

しかし、このアスペクトは、現在、世界的に強く働くキロンに関係しています。
その観点からも、総裁選の結論は明白に思えます。

ただ。
このところお伝えしているように、現在は女性性や被支配者の癒やし・回復と浄化、そのための膿だしが行われています。
安倍さんが強権的に存在感を強め、そのように振る舞えば振る舞うほど、安倍さん自身に大きな反動が起きえます。

そこまた賢明に舵取りされるかどうか。
今後の観測のポイントとなりそうです。


ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

0 件のコメント:

コメントを投稿