ご訪問ありがとうございます。
amebaのZEPHYRの姉妹ブログです。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2015年7月11日土曜日

地のエレメント的な生き甲斐

この「エレメント的生き甲斐論シリーズ」は、かつて旧アメブロで12星座別生き甲斐論として連続記事にしたものを、エレメント別にまとめ、改稿したものです。
生き甲斐論は、それぞれの星座的な資質に合った人生の充実を考えるきっかけとして書かれたものです。
ただ、この見方も、当時とは私の見方も深まったり、表現の仕方も変えたりしていますし、エレメント別の記事にすることで、より個性が明瞭になっています。


ただし!
ご注意ください。

このシリーズの中で扱われる「星座」は、あなたの生まれ星座のことを必ずしも意味しません。
獅子座の生まれだからといって、この中の獅子座の項目が当てはまる人物かどうかわかりません。

星座の解説は、この生き甲斐シリーズに照らして、もっともつかみ所となる部分をピックアップしております。
なので、このシリーズ記事全体を読んで、「あ、自分はこういうところがあるな、これに一番共感するな」と思うようなエレメントや星座を参考になさってくださいね。




☆地のエレメント(牡牛座、乙女座、山羊座)☆

もっとも現実的で、実利や実効性を重んじる。夢のようなものは追い求めず、現実に役立つことや体感できるもの、リアルな評価が出来るものを好む。ロマンを理解せず、やや心が狭い。



牡牛座

牡羊座でこの世に生まれ落ち、生を実感しようとした魂が、次にこの世で求めるもの。
二番目の星座、牡牛座。

それを体感し、得ることに関わっています。

不動宮で、地のエレメントという、もっとも安定型の星座である牡牛座は、その指向がもっとも物質的な星座です。

物質的というのが、精神性に比べて劣るということはありません。

この地上に生を受けた人間は、目に見えるもの、手に触れら得るものしか、通常は確認できません。
これがすべてだと思っています。

そこを味わい尽くしたいというのが、牡牛座の潜在的な特徴なのです。
その指向は人によって異なるでしょう。
ずばりモノを獲得していくことやお金儲けになる人もいれば、食べることの喜び、ふれあうことの喜び、生活の中に溢れる豊かなミュージックや美の鑑賞などに傾く人もいます。

そうしたものに触れ、牡牛座は満足と安心を得るのです。
牡牛座は「所有」という意味にも強く関わり、大地にも関わります。土地は古来、人間が争ってでも獲得してきたものです。

牡牛座が所有の星座なのも、すべてはこの現実の世界で生きる実感を得るためです。

現実は他人が存在するため、思い通りにはならないことが多いものです。
そのためこの牡牛座では、12星座でも随一の我慢強さがあります。
しかし、思い定めたことにはずっと揺るがずに関わっていけます。

牡羊座はこの世に生まれたての「在ること」の実感を得たがりますが、牡牛座の実感は、自分以外の人や物に触れ、その確かさを確認することで実感されるのです。

人はなぜこの世に生まれるのか。
それは魂だけでは体感できない世界を実感したいから。
この物質的な世界でしか確認できないことがあるから。

牡牛座の本質はそこにあります。
現実の世界だからこそ、人は分かたれています。
他の命を分け与えてもらうことで、生きていけます。

おいしものを頂くこと。
赤子に触れてほおずりをする。
愛する人と手をつなぐ。
抱きしめる。

そんなこの世の中でしかできないことのリアルな体感。
それこそが牡牛座の生き甲斐や、生きる張り合いともなるのです。




乙女座


乙女座の属するグループである地のエレメントは、現実的ですが、その中でももっとも実務的といわれるのが乙女座です。
その乙女座の資質はどこから来ているのでしょうか。

エゴの星座である獅子座の次に位置するこの星座は、その次に位置する天秤座との橋渡しを行います。

天秤座は人間関係そのものと深い関わりがあり、エゴむき出しではその中でうまくやっていくことは出来ません。
そこでその中間点である乙女座では、現実的にこの世の中でうまく生きていけるように調整したり、自分を研鑽したりしようとします。

人とうまくやっていくためには考え、話さなければなりません。
乙女座の支配星は水星、思考やコミュニケーションに関わる星です。
うまくそれを成立させるためには、評価の厳しさも必要です。

乙女座はもっとも批判精神の強い星座だといわれますが、それは自分をしつける本質を持つためで、自分を評価するのと同じように、やはり人のことも見る目があるからなのです。

そしてこの現実の世界で生きていくため、うまくやっていくためには。
役立つこと。
これが重要です。

乙女座は、人や職場、社会の中で自分が役立っていると実感することが、とても大切なのです。
乙女座の適職の中の一つに秘書などというものもありますが、これは最たるものの一つです。
誰かのサポートをし、自分が目立って動くわけではないけれど、有能な自分がいなければうまく回らないのだと、そのように自己評価できる、あるいは人も認めてくれること。

それは現実の中で水星的な生き方をしようとする乙女座には、とてもとても大切なことなのです。
誰だって、自分が役に立つ存在でありたい。
人や世の中から評価を得たいものです。

ただ自分の存在をあるがままに「いいんだよ」と言ってくれるケースもあります。
しかし、多くの場合はそうではない。
だから、乙女座には多くの資格、技能などといったものにも、深い関わりがあります。
それを得ておくことが安心につながるからです。

大切な人や、与えられた職場、そんな中でステージの中央に立つ必要はない。
けれど、その舞台の片隅に、「あいつがいてくれたから」と言われること。
乙女座にとっての生き甲斐、生きている張り合い。

それは役立つ人であること。
そのように人として認めてもらえること。
そのために努力できる自分であること。

そこに乙女座的な生き甲斐が潜んでいるのです。




山羊座

山羊座はよく野心的と言われます。
地のエレメントは現実的で、この世的なものに関わっています。所有と体感の牡牛座、役立つ存在となることの乙女座、山羊座ではこの物質的なプロセスの中で、ある頂点を極めます。
それは社会の中での、確固たる成果を上げることです。

山羊座には、計画的で合理的などという特質もあります。
これは物事を達成するためには不可欠な条件です。
世の中には成り行きで成功する人もいますし、たなぼたで成果が転がり込んでくる場合もあります。
が、地のエレメントはもっと確実なプロセスを好みます。

そのためには、どうしても計画や、それに沿った実行、根回しといったものが必要になります。
必要なスキルがあれば獲得する必要もありますし、何よりも時間が必要な場合もあります。

自由奔放な射手座の後にくるこの星座では、いい加減さへや無責任への反省があります。
山羊座の支配星の土星は、非常にまじめで規律的。
努力、忍耐、計画性。
また時間という意味も持つ土星。

自分なりの決められたルールの中で、自分のやり方を貫いていく。
それもこれもすべてが、山羊座なりの実現を果たしたいからです。

その成果の実現は、人によって様々です。
起業して成功する場合もあるでしょう。
就職した会社で望むポストがあるかもしれません。
あるいは世間に認められるような結婚かもしれません。

結婚ですら、人がうらやむようなものが目標になるかもしれませんし、平凡でもいいから堅実な家庭を作りたいというのが、その実現となっているかもしれません。
山羊座ほど、自分の夢を計画できる星座はありませんし、そのために具体的な行動を起こせる星座もありません。

これらは確かな道を歩もうとする山羊座の美質です。

そんな山羊座の生き甲斐、生きている張り合いとは。
やはり実現したい目標へ向けて努力する日常であったり、やがてはその実現を果たすことです。
具体的な計画を立てて、それをやり続けられる人であれば、きっとこれが生き甲斐につながっていくでしょう。



☆ 第4期占星術ネット講座 受講生募集中です。詳細はこちらに。



0 件のコメント:

コメントを投稿