ご訪問ありがとうございます。
amebaのZEPHYRの姉妹ブログです。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2015年7月8日水曜日

ベスト・オブ・地ビール!

4月に金沢取材に行ったのですが、そのときに協力してくださった現地のリブラさん

占星術講座で学んでくださった1期卒業生なのですが。

彼女のブログは読んでいると、特にお子さん二人とのやりとりが微妙におもしろい、ときに吹き出すこともあるような、独特な語り口の良さがあります。

先日、彼女からなんと、地ビールが送られてきてしまいました。
こっちがお世話になったというのに(;^_^A

地ビールといっても、金沢のではなく、新潟の。

その名もずばり
エチゴビール ヴァイツェン



なんでも味は保証するとの折り紙付き。

うーむ。
これは呑まねばなるまい(←mustを強調していますが、頼まれなくても呑む人)

私、月が1ハウスにある人で、最近、結構、日常の買い物が好きです。

普通にスーパーとかの。

あ、月は一般に母親や主婦の星で、スーパーマーケットみたいな食料品や日用品には縁が深いのであります。

というわけで、地元のスーパーきむらへビールの肴を買いに……

こういうところはとても熱心です(^_^;)

こちらの(地方の)スーパーは、普通にお刺身とかもおいしいし、とくに地元の児島は古くからの漁師町でもあり、新鮮な魚貝が並んでいたりします。

地ビールのあてに白羽の矢を立てたのは、中身も白い……


















生タコのお造りです。

タコのお刺身を生であまり食べない地域も多いと聞きますが、新鮮な生タコの身は、とても美味。

こっちも目が肥えているので、「あ、このタコはいける」とすぐわかります。

タコって、味がないようでいてある。

このお造りは私の慧眼通り、すごくおいしくて、噛むとふわっと身に歯が入り、その後ぐっと弾力を持って押し返してきます。

甘いとか辛いとか、そういう表現のできない「うま味」があります。

その後で、お待ちかねのヴァイツェンを……。

ぐ……ぐぐ……。

ぷはーっ。


あれ?

お、おおお!

出来のいいビールを飲んだときにしかやってこない、喉の奥から戻ってくる風味が。

しかも味はめちゃくちゃ柔らかい!

こんなに優しい地ビールは飲んだことがないし、ビールならではの良さが芳醇に広がっているではないかっっ

ないかっっ!!!!
   ↑
(打ち間違えではなく、強調です)

ちょっと、ちょっと、待ってよ。

こんなビール、久しく呑んでませんよ。
なにせ、最近はお安い第二第三のビールとか、糖質オフのしか呑んでませんから。

あ、いや。娘が父の日に買ってきてくれたエビス以来。

エビスはとてもいいのですが、これはそれとは個性が全然違う。

地ビールって、私の今までの経験では、それはそれぞれにおいしいのですよ、各地。
けど、こだわってお造りになっているところが多くて、けっこう苦みもきつかったり、風味が濃すぎたりするものも多い。

しかし、これは何とも優しい仕上がりで、なおかつビールらしい豊かさに溢れている麦畑。


ちゃーちゃー♪

ちゃっちゃーん!!!♪

ツァラトゥストラかく語りきのテーマとともに、私の脳裏にベスト・オブ・地ビールの称号が立ち上がって来た瞬間でした。

しかも、この日チョイスしたタコのお造りが、また合う。

ビールって割と何でも合うのですが、このタコの淡泊そのもののうま味が、このビールと見事に調和して……ああ、幸せ。


ひとときの悦楽に入りました。

悟りまでは開けませんでしたが…って、当たり前か。




本日の記事は、あくまでも個人の感想です。

皆様それぞれにこだわりはあると思いますので、ご容赦を。



明日以降、一日おきに「エレメント的生き甲斐シリーズ」をUP致します。

その合間で、余力があれば鑑定会や取材の模様をUP致します。




☆ 第4期占星術ネット講座 受講生募集中です。詳細はこちらに。



0 件のコメント:

コメントを投稿