ご訪問ありがとうございます。
amebaのZEPHYRの姉妹ブログです。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2016年2月24日水曜日

八重垣神社

奥さんと一緒に出雲に取材に行きました。

出雲といえば、たいてい訪れる八重垣神社と熊野大社。

朝早くに岡山を出発し、お昼少し前には八重垣神社に到着しました。


神社の前にある、夫婦椿。

根が二本で幹が一つに合わさっている椿です。

この佐草の地には、一つに結びつける不思議な気があるようです。



この日は曇り、もしくは雨の予報でした。

しかし、八重垣神社はいつもと同じ清浄な空気に包まれていました。

八重垣神社といえば、奥宮に鏡の池があり、そこに和紙を浮かべて、10円などの硬貨を載せて、どれくらいで沈むかという占いができるのですが。

私も奥さんも、わりと早々に、3分くらいで沈みました。

ちなみに私の和紙に書かれていたのは、「なやみ事 解決する」というお言葉でした。

目下のところの悩み事といえば……

いやもう、新作ミュージカル創作上の課題です。

ありがたや。

信じて前に進みます。



鏡の池に行く途中にある、もう一本の夫婦椿。

これはつながっている部分が、はっきりお分かりいただけると思います。


スマホ用望遠レンズを買っていればこそ。

かなり上のほうに咲いている椿を撮影いたしました。



素戔嗚尊が詠んだと言われる和歌。





感謝を胸に、次の地へ。




0 件のコメント:

コメントを投稿