ご訪問ありがとうございます。
こちらはZEPHYRのメインサイトです。
amebaのZEPHYRとは姉妹ブログになっております。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2018年7月21日土曜日

こつこつと続ける

☆ZEPHYR占星術ネット講座7期募集中→こちら
☆京都鑑定会&セミナー 予約受付中→こちら

昨日、近隣の幹線道路で、いまだに封鎖されたままの道があるので、様子を見に行きました。
トンネルの先がもう完全に崩落していて(以前このブログでUPした土砂崩れの場所とは違います)、簡単には復旧しないだろうと思っていたのですが、そこが通れないと我が家にとってはかなり不便なのです。

トンネルのだいぶ手前から完全通行止めなので、そこから歩いてトンネルに入り、出口へ。

ありゃー。

なんにも手がつけられていませんでした。

こりゃ、まだまだかかるな。

玉野市と児島を結ぶ主要なルートなので、もうそろそろと思っていたのですが、甘かった。
復旧すべきところはたくさんあるので、優先順位的には後回しになっているのでしょう。

まだしばらくは迂回を強いられます。


ちょっと前から、コツコツと始めたことがあります。
これは結構膨大な量で、時間のかかる作業なので、1日あたりにいくつか、みたいなことしかできず、完了までに何ヶ月かかかるのですが。

でも、いつかは絶対にやらねばならないことでした。
もちろん占星術に関することなのです。

こうしたことの積み重ねでしか、実にはなっていかないのですよね。

一朝一夕に片づけたい、さっさと成果を出したいというのは、まあ、私の火のエレメントの癖みたいなものです。
私の火って、太陽と火星くらいしかないのですが、これがトラインで、結構、元気がいいのです。

ですから、基本的にはせっかちなところがあるのです。

そんな自分が、占星術の研究をずっと継続できたのは、ほかに結構、地のエレメントも強いことと、占星術が底のない学問だったからです。

射手座には知的欲求があるので、そこを深めたいというところで、うまく引っ張り込まれたのだと思います。

ホロスコープというのは、魂の計画がこの世的に表現されたものだというのが、基本的な考えなのですが。
その観点では、本当によくできているなあというのか、そうなるように仕向けられているというのか、そうなるようなタイミングで自分が生まれたというのか。

まだまだ、やめられない。
生涯学習ですね。



ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

0 件のコメント:

コメントを投稿