ご訪問ありがとうございます。
こちらはZEPHYRのメインサイトです。
amebaのZEPHYRとは姉妹ブログになっております。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2019年1月29日火曜日

2月の日本と全体傾向

☆ 2月桑名(名古屋)鑑定会・ご予約受付中→こちら
☆ 3月春分京都セミナー&鑑定会・ご予約受付中→こちら

1月の日本では、情報の開示、秘密の公開などが解決の手段になる傾向があることを、前にこの記事でお知らせしておりました。
これに該当することはいくつもあったと思われるのですが、国民目線で関連したのは大きく二つ。

一つは勤労統計の不正調査の実態が露呈したこと。
もう一つは、嵐が2020年末を持って活動を休止する宣言をしたこと。
内容は相当に異なりますし、受ける印象も違いますが、どちらも抱えていた秘密をここで開示しているわけです。

同様な観点で申し上げると、2月の日本はかなり良い方へ転ぶというのか、移行する流れを持っているように思えます。
暗から明へ。
隠されてきたものがあるのなら、ここでもっと明るみになるでしょう。

ただ、1月の秘密の発覚のようなものではなく、夜が明けて光が差し込んでくるような、夜が昼へと変わるような、そういう印象のものです。

暗かった見通しが軽くなる。
不安に思っていたことが解消する。
そういう意味では、政治でも経済でも、あるいはスポーツの世界などでも、今ある不安が払われることを祈りたいと思います。

ここでは友愛や博愛の傾向が強まります。
国家レベルでは、日本の最大の友好国はアメリカということになるのですが……はて、そのような明るい情報がもたらされる状況に、当のアメリカがないようにも思いますし。
もっと違った表現になる可能性のほうが高い。

こじれている韓国との関係も、光が差せば良いとは思いますが、そのように転がる目はなさそうに思えます。
とすれば、何かが好況を示すのか。
企業などでは大きな統合とかがあるとか。
提携が生じるとか。

これは日本に限りませんが、2月(1月末から)は全体に男女関係も賑やかな印象があります。
ビッグネームの恋愛とか結婚とか。出産とか。
そんな報告も日本の「明るさ」の中に混じってくるかも知れませんね。

2月はおそらく、これまでのような強い災害的なものが、やや沈静化しているように感じます。
大きな被害地震はなさそうに思えます(これは日本だけに限らず)。
火星の影響は2月中旬までは強く、事故・火災的なものはここまでが一区切り。火山活動などは、このあたり顕著なものがあるかもしれません。

しかし、全般には穏やかな2月を迎えられそうに思えるのですが……。
是非そうなってほしいものです。


★★★★★★★★

ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

0 件のコメント:

コメントを投稿