ご訪問ありがとうございます。
こちらはZEPHYRのメインサイトです。
amebaのZEPHYRとは姉妹ブログになっております。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2019年1月4日金曜日

2019年の風のエレメント 双子座・天秤座・水瓶座

最初に12星座占いの取説とデーカンについてをご一読ください。
上記のリンク記事の内容をご理解の上、この記事をお読みください。

また今年から、新しいタロットのスプレッドを導入しており、それに伴い、記述方法もシンプルにするようにしました。


♊ 双子座
・消極的になりすぎてしまう傾向がある。閉じこもらず、心を開くことが大事。
・イメージがとても大切。自分の最良の未来をイメージし、それを育てるようにしましょう。
・意固地になったり、秘密を抱え込んだりしやすい。
・全体に恋愛運に難がある人が多い。相手を選ぶ必要がある。今パートナーがいない人は、無理をして相手を探す必要がない。
・初夏以降、↑これは解消されることが多く、特に第1第2デーカンも信頼できる相手を選択しやすくなる。
・第1デーカンは春頃まで、金運がもう一つ。それ以降は改善される。
・第2デーカンは職場での立場、あるいはメンタルが不安定になる人が多いが、なるべく良いイメージを自分の未来に抱くことで解消できる。芸術や音楽などに親しむのも良い。
・第3デーカンに限らないが、特に第3デーカンは学習や技能の習得、スキルアップなどに適している。全体に外に向かって動く年ではないので、むしろそうした役立て方をしやすい。
・9月が一つのキイポイントになる可能性がある(下旬かも知れない)。


♎ 天秤座
・あまり外に向かう年ではなく、むしろ自分の内面性や知識、見識などを磨く年。
・なんらかの危機を体感するかも知れないが、それは乗り越えられる人が多い。危機の内容は、個人によって異なるが、むしろ上記のことを促すための目覚め、きっかけとなる。
・会社組織の中にある場合、上司が今ひとつ当てにならないが、対立するのではなく、うまく動いて裏側からコントロールできる。
・第1デーカンは、かなり積極的で外に向かっていく要素も持っているが、本質的には新規なことを始める運勢になると思われる。既存の体制ややり方に不満を感じやすく、そこから精神的に自由になろうとする。知識欲が旺盛になる。
・第2デーカンが、もっとも内面的な成長を促される。人の世話をしたり、人を育てる役割もあるよう。
・第3デーカンにも第2と同じような傾向を持つ人がいる。イマジネーションが拡大する年で、今後のことを計画したり、また着手する年にしても良い。
・9月が一つのキイポイントになる可能性がある(20日頃かも知れない)。


♒ 水瓶座
・全体にコミュニケーションの不調を感じやすいかも知れない。
・また選択ミスということを犯しやすい傾向があるが、これは十分に事前のリサーチを行うことで、正しい選択を行うことができる。
・不倫、あるいは三角関係などの関係に陥ると、恋愛で失敗する可能性がある。これも上記の項目と同じく、良く相手のことを調べたり見つめること、あるいは相手のことがよく見える状態まで待つことで解決できる。
・第1デーカンは、ややフラストレーションをためやすい。仲間の協力が得られなかったり、仕事上のことで憤懣を抱えやすい。
・第2デーカンは友人関係が良好で、助けになってくれそう。知識を増やす年であり、情報を生かせる年。
・第3デーカンは個人の技能を磨けるが、あまりとがった行動を取るのは良くない。やや苦しい前に進みにくい恋愛運。
・6月が一つのキイポイントになる可能性がある(上旬?)。


ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

0 件のコメント:

コメントを投稿