ご訪問ありがとうございます。
こちらはZEPHYRのメインサイトです。
amebaのZEPHYRとは姉妹ブログになっております。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2019年3月31日日曜日

暗剣殺払い

一昨日、白いキングコブラが家の中にいる、という夢を見ました。
別に怖くもなく、なんとなくつかまえようとしている行動の途中で目が覚めました。


夢占い的には吉夢みたいですね。


昨日は、奥さんと一緒に暗剣殺除けのご祈祷に行って参りました。

私たち夫婦は、共に1962年生まれの二黒土星。
九星盤では五黄殺の対向になる暗剣殺に、今年当たっています。

思わぬ災禍に遭う危険があるというものです。
またその方位へ動くことも、今年ありそうです。

寺社によっては、こういう特殊な厄払い祈祷をしてくださるところもあるようですが、私たちは地元の由加山に行きました。
由加山は厄払いの総本山と言われるくらいで、知名度は四国の薬王寺のほうが知られているのですが、そちらのお寺のかたに言わせると
「岡山から? なんで由加山に行かないのですか」
と不思議がられるほどなのです。

どこで厄除してもらったら良いかというのも、じつは事前にタロットで引きました。(笑)

候補が由加山ともう一つあったのですが、私たちにとっては地元のほうが良かったのでしょう。

由加山は、神社とお寺があり、もともと神仏習合の大権現ですが、このどちらかのほうが良いかとのタロットへの問いかけも、展開がまことに完全なもので、「二つ合わせて」という暗示でした。

つまり両方に参拝したほうが良いわけです。

タロットのご指示通りに、まずは神社へ。


こちらでは毎年、お札を頂戴しているので、今回は厄払のものを選んでいただきました。
その後、お寺のほうへ。



寺の境内の桜が、ぽつぽつと開き始めていました。



暗剣殺専用のご祈祷ではないのですが、厄払いで大丈夫ですというご案内だったので、そちらで、みっちりとご祈祷をしていただきました。

こちらでは夫婦二人分、やはりお札を頂戴しました。


ご加護をいただき、来月にはまた東京へ参ります。




ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

0 件のコメント:

コメントを投稿