ご訪問ありがとうございます。
こちらはZEPHYRのメインサイトです。
amebaのZEPHYRとは姉妹ブログになっております。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2022年10月2日日曜日

虫の知らせいろいろ

ご訪問ありがとうございます 🌟

 

今日は!

山村神社修繕工事に奉賛して下さった皆様への

除災招福

身体健全

を祈願する、TAKE2!

となってしまいました。(笑)

なに? TAKE2って、どういうこと?

と思われるかも知れませんが、なぜTAKE2が発生したかという、詳細はこのブログでは書きません。

(ゼファーの落ち度ではありません)

(ただ、こうなって、結果的に良かったんだろうと、思っています)

 

 

今朝の蟻峰山の日の出。

だんだんと、日の出が蟻峰山の頂に近づいて参りました。

 

 

 

こちらの記事で、熊野神社でカマキリに遭遇したことを書いているのですが。

講座の生徒さんから、なんと、シンクロニシティしたメールを頂きました。

 

私もネット検索してみましたが、たしかにスピリチュアル的にカマキリとの遭遇は、やはりそういう意味があるようです。

あ、そういえば!

 

 

初めて藤田神社に参拝したときにも、カマキリに遭遇しているゾ!

 

よいことあるかな?

 

 

ところで。

昨日、いつものようにジョギングしていると。

熊野神社近くで、時々、お目にかかる主婦のかたと久しぶりに会いました。

いつも、柴犬を2匹連れておられて、この芝が可愛いんだ♡

(私に気づくと、クンクン鼻を鳴らして寄ってくる)

この方は時々、ご主人も一緒に犬の散歩に来られています。

 

私がスズメバチに刺されたあたりだったので、一応、「そこに巣があるっぽいんで危ないですよ」と忠告しました。

宮司さんがスプレーしたらしいのですが、その後も、ちょっと蜂を見かけていたので。

 

そうしたら、

「ああ、なんか刺された人がいるとか聞きました」と。

「それ、私です」

みたいな話になって……(笑)

 

ていうか、私、宮司さんに話しただけですから、一体どこをどう回って広まってるんだよ!

噂ってのは怖いなと思いました。

 

そこでふと。

あれ?

 

カマキリって幸運的な意味らしいけど、スズメバチに刺されるってのは、スピ的にどういう意味が?

と興味が湧いたので調べてみました!

 

刺激もしてないのに、蜂に刺されたら、「問題が解決する・終わる・抜け出す」といった意味があるらしいです。

おやおやおや。

てっきり悪い意味かと思ったら、そうではない??

 

ふーん。

個人的には悪い現象にしか思えませんでしたけど。

 

スズメバチに刺されたのが、8月4日。

そこから、なにかあったかな?

 

あ、しかし、その出来事がきっけになってやり始めたことがあるわ。

まだ結論は出てないけど。

ホロスコープ上のことなので、まだまだ検証は必要。

 

もしかすると、長年の悩みが解きほぐれるきっかけだったのか?

 

虫の知らせって、いろいろあるのですね。

 

 

 

 

 


ポチしてくださると、とても励みになります。(^人^)

     ↓


人気ブログランキング

 

愛について

ご訪問ありがとうございます 🌟

 

今日は1日。

 

 

 

いつもより早めのジョギング。

そして、いろいろと準備を整えて、山村神社へ。

 

今年行った山村神社の修繕(シロアリ駆除も)に奉賛して下さった皆様の招福を祈願する日です。

 

 

 
祈祷中です。
滞りなく(?)終えることができました。
ちょっと?がついてしまいましたが。(笑)
そこは後でフォローするとしよう。
 
ちょっとバタバタの数日を過ごしているゼファーです。
神社の準備もあったのですが、昨日の12星座占いもかぶり、その他諸々。
 
昨日!
 
imageimage
 

kira*kiraさんから近江のお酒と、丹生川上神社のお守りのお土産を頂きました。

うわ、どちらもパワーがありそう。

「長寿金亀」で長生きできるかな?

 

丹生川上神社……もう行ったのがいつだったか、定かな記憶がない。

結婚前だったような……

うん。

 

近いうちに、奥さんと行きたい。

 

 

  愛について

 

「このアイすげー!」っていうCMもありますが。(笑)

いろいろな愛がこの世にはあります。

 

愛という言葉からすぐに連想するのは、「恋愛」とか「肉親やパートナーを愛する」ということではないでしょうか。

しかし、愛には「友愛」もあれば「博愛」もあれば、「敬愛」「親愛」「純愛」「慈愛」もあれば、「溺愛」なんてのもある。

 

日本人というのは、「愛している」と伝えることはあまり得意でないっぽいですよね。

とくに昭和世代とかは。

うちなんかは、昭和世代だけど、普通に言い合いますけど。

 

私は本当に愛している相手であれば、呼吸をするように言えます。

言って損をするものではないと思います。

相手を満たし、その結果、また自分も満たされる。

 

これを伝えられるかどうかは、幸福の大きな境目になるかもしれません。

この言葉がないばかりに、隙間がいつの間にかできてしまうとか、愛されていないのではないかとか、不安に思ってしまうとか。

 

言葉がなくても、伝わり合うというケースもあります。

「愛している」という言葉を夫が言わなくても、もう十分に分かっている。

それは日々の行動や、何かの出来事で伝わることもあります。

 

言葉にする愛。

行動で示す愛。

 

愛はまことに多様です。

それゆえに、陥りやすいこともあります。

 

自分が望む愛の形、自分の望む愛の示し方。

それがなされない場合、「愛がない」と思い込んでしまう。

 

また親の愛も多様です。

子の幸せを願うのは、親としては普通の感覚ですが、親の価値観に沿うことが子にとって幸せに繋がるとは限りません。

しばしば、「この考えで私が幸せになっているのだから、同じようにすることが子どもにとっても幸せを意味するはず」と、非常に強い固定観念を持ってしまうこともあります。そして、その観念で縛ろうとする行為が、「親の愛だ」と思い込んでしまう。

 

溺愛という言葉は、よく親から子へのそれで表現されます。

客観的、理性的な判断ができない状態で、対象へ過剰な愛情表現を行うこと、という感じでしょうか。

これはもう、「過干渉」と紙一重です。

 

このように、

愛という言葉、愛という行為は

それが何と結びつくかによって、まったく意味合いが違ってきます。

 

そもそも、「真の愛」とは、

 

他愛

とか

小我ではなく、大我によるもの

とか

いやいや、イエスの愛です

とか

自分への愛こそ

とか

 

を尊重する立場もあります。

 

すべて間違いではないと思います。

それほど愛は多様で、様々な顔を持ちます。

 

非常に多くの人にとって、「自分の示す愛」「自分が持っている愛情の形」こそが、その人にとっての「愛」なのです。

一般的に非常に歪んだ形としては、ストーカーとか、そういうものでさえ、その当人にとっては「愛なんだよ!」と言いたいのかも知れません。まあ、これについては、一般的には受け入れられないですし、私も「そりゃ、ないよ」と思うのですが。

 

こういった「愛」について。

 

真の愛とか、そういう定義の基準は、きわめて曖昧です。

ご意見も多数ある。

 

でも、自分が思うところとして。

自分の持つ愛、自分が示す愛が、

いかに個人的なものか、いかに世界に開かれたものか

によって、いろいろな段階があり、そのどこかの段階に、いろいろな愛の単語が収録されていくように思います。

 

あまにも個人の思い込みに振り切ったものであれば、

それは、愛ではなく、ただの執着

という表現も取られることになりやすい。

 

ただ、それでも、本人にとっては「愛」なのです。

 

真なる愛に至る道。

 

それを、私なりに表現するなら、

・自分にとらわれなくなればなるほど、相手のことも見え、理解でき、その上で自分なりの愛を示すことができる。

・自分にとらわれていると、相手のことが見えず、理解できぬまま、自分なりの愛の形を押しつけることになる。

というところでしょうか。

この間には、無限の段階があると思います。

 

人は、この無限の段階で、それぞれの愛を実現しようと思います。

ピンク文字の最上の段階では、慈愛とか、アガペーとか、そんな領域でしょうか。この段階では、敵でさえ愛せるかも。

黒文字(太)では、自分のエゴにとらわれて、こうするべき、こうしてほしい、とかガチガチの型にはめてしまい、自分なりのその型に、相手をはめ込もうとします。合わない相手には攻撃する可能性すらあります。

 

ということは?

 

そう。

つまり、いかに自分を解放し、自分のエゴを癒し、この世界の中での自分を愛せるか、ということが、より上位の愛に近づくかのプロセスになりやすい、ということです(例外的な事例はあると思いますが、かなり稀)。

上位の愛、というのは、なんというのか、世俗的な表現なのですが、まあ、わかりやすいかと思います。

 

この自己解放とか自身の癒しとか、そういったプロセスは、人それぞれ合ったものがあると思います。

執着を捨てるとか、インナー・チャイルドを癒すとか、観念を手放すとか、ブロックを外すとか。

いろいろ、そういった系統の情報発信があると思います。

 

なんにしても、自分に合った手順を見つけ、実践し、意識を少しずつ広げていくことです。

意識する領域が広がれば、当然、

他者への思いやりが生まれ

感謝が生まれ

他愛が生まれます

 

愛は複雑。

感謝もまた、愛の一つの形とも言えます。

その先に、普遍的な愛もあるかも。

 

 

ここにもまた一つ。

感謝を捧げたい人がいます。

 

 

 

 


ポチしてくださると、とても励みになります。(^人^)

     ↓


人気ブログランキング

 

2022年9月30日金曜日

10月の12星座占い(2022)

新・12星座占いの取説とデーカンについての内容についてご一読の上、ご利用ください。

 

その月のホロスコープ上の特徴は、冒頭にまとめて触れていますが、各12星座の運勢は、オリジナルカードの〝斎宮タロット〟で占っています。

星座によって、タロットカードの枚数が異なることがあります。

 

12星座占いは、人をたかが12分1に分けただけのもので、個人の運勢が含まれないため、当たり外れが大きいものです。

それはタロットも占星術でも同様。

参考程度に受け止め、お役に立ちそうな情報を選別してご活用下さい。

 

 

 ホロスコープ上のポイント

 

10月はのっけから〝お金〟のことが話題に上りそうです。

金星が形成するトールハンマー+αの構造が、過去の何かを浮かび上がらせるかも。

芸能人のスキャンダルなどもあるか?

 

双子座第3デーカンの火星は海王星とスクエアを継続する。これは火星が逆行に転じる10/30への減速期にあるため、10月はまるまるこれが機能する。

結果的に、これまでと同様、事故や火災、戦争のエスカレーションなどもしやすい。銃や刃物に関わる犯罪なども起きやすい配置。

誰もが十分に注意する必要がある。

 

一方、この火星も関係するが、10月は理想や平和といったものへ傾倒を強くし、それが熱狂的になる可能性もある。

つまり国によっては、激しいデモや抵抗運動になる可能性もあり、火星との関係もあり、過激な行動に出る一群もあると思われる。

個人的な領域では、現実軽視の理想論に傾く。

サークル活動や交友が非常に活発になりやすい。(風のエレメント第2第3デーカンに顕著)

 

木星は牡羊座2度→魚座29度へ逆行するので、このあたりの度数に近い天体を持つ人は、加護が篤いと思われる。

 

山羊座太陽の人は、人間関係の中に怪しい人物が出てきやすい。

 

 

 

🌟♈・牡羊座🌟 

 

 

<全体傾向>
コミュニケーションの不調。
連絡をしっかりと。
選択ミスをしやすいので慎重に。
恋愛では浮気心や二股、不倫など。
 
<出来事と対応>

とくに職場での仲間との不調だが、最初からしっかり意思疎通していればOK、もしくは仲直りの必要性。

環境がいろいろ変化しやすく、一時的には〝悪化〟と感じられやすい。

何もかも十全ということはない。

部分的には切り捨てる可能性もあり。

変化の時なので、知恵を絞って冷静に。

 

<補足>

12

従来通りだとうまく行かないので、見方を変えてみること。

今すぐ自分の成果や実績を出さなくて良い。

むしろ今は周囲のために力を尽くしてみては?

 

 

🌟♉・牡牛座🌟

 

 

<全体傾向>

楽しみ、喜びが多い月。

グルメやおしゃれを楽しむ。

今後のことをあれこれプラニングする。

幸福感や豊かさを体感する。

 

<出来事と対応>

不当な扱いを受けて憤ることも。

妊活中の人は初期のコンディションを良く保つこと。

感情的にならず、うまく自分をコントロールすること。

意固地にならず、人の言うことにも耳を傾けると良い。

自分ではなく、周囲にトラブルが起きて、それをうまく仲裁する。

 

<補足>

人の気持ち、感情をくみ取るようにする。

すぐに何もかも対処しなくて良く、少し時間をおいて頭を冷やす。

冷静さが大切。

 

 

🌟♊・双子座🌟

 

 

<全体傾向>

気持ちが冷める。

独りになりたいと思う。

自分の能力に不足を感じやすい時期。

秘密を抱える。

受け入れがたいと感じる問題(相手)。

 

<出来事と対応>

ゲームとか遊興にハマりやすい。

欲ということを意識したり気づいたりして、歯車が狂う。

謙虚になって、新しい選択を行う。

うまく自分を律していけば最後は良い展開や知らせが。

 

<補足>

ハッとするような出来事が起きる月。

それで目が覚める。

調子に乗っていると失敗、失脚などダメージが。

 

 

🌟♋・蟹座🌟

 

 

<全体傾向>

まっさらになって始めるとき。

不安や恐れを感じやすいが、自分を信じて。

もうあきらめていたものが復活することがある。

誰かとの再会、再生もあり得る。

 

<出来事と対応>

横着すると良くない。人と助け合って。

上司に問題を感じやすい。

あれこれ迷い、妄想は広がりやすいが、良いイメージを抱くことが一番。

誰か仲介によって、うまく事が運ぶ。

助言やメッセージを受け取って進む。

 

<補足>

複数の出来事や場所に関わりやすい。

店舗や仕事の掛け持ちなど。

母親や家族との関係が意識されやすい月。

 

 

🌟♌・獅子座🌟

 

 

<全体傾向>

思いがけないサプライズのある月。

会社などでは抜擢もあるかもしれないが、大変でもある。

目立った変化や転換が起きる。

何かが示される、啓示を受ける。

 

<出来事と対応>

事故に注意。

強引にやると失敗しやすく、仲間などからも反感を買う。

より広い視野を持つべし。

自分独りの力では何もできない。

どうしようもないものについては、適切な方針転換を。

とくに女性の場合、失恋もあるかも(もしそのような思いがけない出来事だとしたら、実は別れるのが正解っぽい)。

 

<補足>

あまり深刻に考えず、なんとでもなると考えておく。

もともと計画していたことは着実に進める。

あるいは、今の状況の中でベストな未来を計画する。

 

 

🌟♍・乙女座🌟

 

 

<全体傾向>

よく知恵を働かせることができる。

物事を深く洞察できる月。

しっかりと事前に調査することで、様々なことをクリアできそう。

わりと独りで過ごしたくなるかも。

 

<出来事と対応>

仕事運が好調、良い知らせもある。

学んだことが生かせる。

自分ではいかんともしがたい出来事も出てくるが、軌道修正かカットかで対処できる。

欲はこの際捨てた方が、かえってうまく行きそう。

 

<補足>

新しい事を始めるとき。

すべてではないが、何かを一新すると良い。

断捨離も吉。

 

 

🌟♎・天秤座🌟

 

 

<全体傾向>

人間関係の不和、不調和音などが発生しやすい。

子どもの頃で悩まされるかも。

職場や学校などで、一致協力しにくい。

ちょっと元気がダウンしやすいので、無理をせぬこと。


<出来事と対応>

極端な場合、仲間割れみたいな事態が起きる。
感情論にならぬように冷静になること。
考えが悪い方へ妄想として広がりやすい。これはSTOP!
何かのちょっとした失敗、挫折などは起きやすいが、後に成功の元とすることができる。
広い視野で物事を捉えること。
 
<補足>

自分か、あるいは周囲が感情的になっていると要注意。

少し時間をおくのも良い。

人の気持ちをくみ取るように。

 

 

🌟♏・蠍座🌟

 

 

<全体傾向>

華美になる、贅沢をする。

慢心や驕慢さは注意。

欲求に負けやすい月。

 

<出来事と対応>

過去の栄光、幸せばかり見ていたのではダメ。

あのときのことを今にプレイバックさせるよりも、新しい人生を創造する。

人の幸せや成功を祝うこと。嫉妬していると幸せが遠のく。

仲間と連携して仕事ははかどりやすい。遠隔も。

同じ何かに浸っていると抜け出せない。

 

<補足>

すっぱり断ち切ること。

悪い循環から脱すること。

 

 

🌟♐・射手座🌟

 

 

<全体傾向>

調子こいていると危ない。

慢心に注意。

娯楽も良いが、楽しみごとに惑溺すると痛い目に。

性的な欲求が高まる。

妊活はうまく行く可能性。

 

<出来事と対応>
選択ミスをして、やり直す必要が生まれるかも。
あれこれ手を出しすぎてうまく行かないか、逆に広い視点を持てないことから行き詰まる。
欲は智慧を曇らせる。
たぶん目の覚めるような出来事もある。
内にこもっていないで、積極的になること。
 
<補足>

大局的な視点に立てるなら、人の欲に関することで成功する仕事もある。

意欲ややる気をいかにかき立てるか。

時には強気に出る。

 

 

🌟♑・山羊座🌟

 

 

<全体傾向>

何かに失望しやすい。

自分を卑下しがちになる月(そこまで思わなくて全然良い)。

保ってきた調和が乱れる。

自分の中にあるものをきれいにするべき。

 

<出来事と対応>
心身、あるいは人間関係のバランスが乱れやすい。

変えるべきことを変えないために問題が起きる。

周囲とよく話し合うこと。

何か意見の板挟みになりやすいので、なんとか折衷案的なものを用意する。
世間とか全体とかの観点、常識について、冷静に考えてみる。
 
<補足>
狭い世界ではなく、広い世界を見ること。
一方向だけから考えないこと。
 

 

🌟♒・水瓶座🌟

 

 

<全体傾向>

独りでいたがる傾向。

あまりにもクールに判断しすぎると問題に。

自分の能力に不足を感じやすい時期。
秘密を抱える。
受け入れがたいと感じる問題(相手)。

 

<出来事と対応>

仕事上の問題が、やや多く起きる。

人材の不足、退職など。

そのために、かなりしわ寄せが来る可能性。

自分独りで抱え込まぬように。

できる限り、事前のリサーチと根回しなどを行っておくと良い。

 

<補足>

誰かを拒否せぬこと。

限界を超える必要はない。

 

 

🌟♓・魚座🌟

 

 

<全体傾向>

ルーズさや怠惰さが問題になりやすい。

重大な問題が起きるわけではない。

主にセルフコントロールの問題で、本来は自分でなんとでもなる。

無責任な行動はせぬこと。

 

<出来事と対応>

うまく進まないことがあるとしても、時間が解決する。

あるいは、自分のやる気の問題だけかも知れない。腰を上げよう。

気持ちの上では、落ち着いている。

喜び事も多いし、良い知らせなどもあり得る。

 

<補足>

変えること。

時間をかけること。

 

 

 


ポチしてくださると、とても励みになります。(^人^)

     ↓


人気ブログランキング

 

2022年9月29日木曜日

兆しやしるしに敏感に

ご訪問ありがとうございます 🌟

 

 

 
今朝、熊野神社に行くと、木の上で烏が大きな声で鳴いていました。
 
日本第一熊野神社は、紀州の熊野本宮と同じような作りだというお話なんですが、写真のように社殿が長く伸びています。
 
image
 
この写真の一番近いところにあるのが第三殿で、最近はだいたいこのとあたりで、ちょっと時間を過ごします。
第三殿も賽銭箱や階段も二つあるのですが、今朝はなんとなくいつもとは違うパターンで、一番近い階段の前に行きました。なんとなく。
 

 

すると、社殿の戸板にカマキリが。(笑)

 

〝兆し〟〝しるし〟

ということに、できるだけ敏感になろうと思っています。

今、世間全体がとても不穏です。

戦争のこともそうですが、災害もいつも油断なりません。

また事故なども、不通では考えられないような類いのものが起きたり、頻度も高い。

 

本当に危ない何かから、ふとした気持ちの動きや気づきから、うまく回避できてしまうこともあるように思います。

こういうのが、本当の意味での神仏のご加護ではないかと。

 

 
今日は、母の歩行補助カートが、我が家にやってきました。

介護保険サービスでお安くレンタルできるのです。

 

 

 
折りたたみも簡単で、歩いていて疲れたら、座って休むこともできる。
こういうものも、すごく進化しているんですね。
 
ライフサポートの人が、三つくらい持ってきてくださって、気に入ったのを選ばせてくれたのです。
 
母は膝が痛いという問題から、最近めっきり出歩かない。
それも良くないということでお借りすることにしたのですが……
よくよく考えると、今の家じゃないと、これも難しかったろうと思います。
 
旧宅でも、もちろん利用自体はできるのですが、旧宅のまわりって……
坂しかない!
という問題が。
 
今となっては、平坦なところでないと、さすがにちょっと怖い。
加速がついて止まれないとか(それで転ぶとか)、
逆に坂を押し上げるのが大変とか。
 
ブレーキなんかもついているので、操作を間違えない限りは大丈夫のはずですけど、その〝操作〟が今の母にどれくらい確実かという不安が……
要するに前の家だと、こういうこともなかなかできなかったということ。
 

今に家に越して、誰もが環境、通勤などでメリットが大きい。

私もお客様にサロンに来てもらえるようになった。

悪いことは一つもない。

まあ、リブラはたぶんどっちでも良かったんだろうけど。(笑)

 

 

 

 


ポチしてくださると、とても励みになります。(^人^)

     ↓


人気ブログランキング