ご訪問ありがとうございます。
amebaのZEPHYRの後継ブログです。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2015年10月2日金曜日

さるめ様のプレゼント鑑定

さあ、いよいよプレゼント鑑定も最後の方になりました。
さるめ様、大変にお待たせいたしました。
鑑定士はZEPHYR占星術講座1期卒業のakariさんです。



ご依頼人・さるめ様

【ご依頼内容】

①ネイタルチャートから読み取れるわたしの性格とか宿命とか運命、天職とか適職
自分でも簡単にネイタルを見て、こういう感じかなとは思っていますが
わたしを知らない視点からのご意見が頂けるととてもありがたいと思いました。

②2012年4月から始めたまったく新しい手仕事の技術を生かして
来年あたりから、独立する方向に行きたいと思っています。
ここ3年あたりの独立などに適した運気など教えて頂けると幸いです。


宜しくお願い致します。




【さるめ様の鑑定】 鑑定士・akari

さるめさん、こんにちは。
鑑定、お待たせしてしまってごめんなさい。この鑑定が、もし少しでもお役に立つことができたら、とってもうれしいです。
----------------------------------

月と海王星の影響がとても強いさるめさん。一番に目につく特徴は「ザ・感受性」です。月も海王星も感性や感受性に関わるものだからです。
ものごとを感じ取る能力は誰よりも強いです。この海王星は、魚座の木星と非常に強い相互関係を持っていて、海王星が心地よく感じる魚座のパワーを供給してくれるので、海王星のパワーが増大しています。
さるめさんは織物をされていて、その糸をご自身で染色されているとのこと。液体を利用する染色は海王星が支配します。この選択はとてもハッピーなものです。
織物は、女性や子供のためのものが成功しやすいのではないかと思います。
さるめさんのホロスコープのエレベートしている(社会にまつわるエリアにある)星たちの内、一番きらきら輝いている天秤座の金星のパワーはビーナスのよい影響を受けていますから素晴らしいセンスの良さを与えられており、ゴージャスで素敵な作品を美術品の域まで高めるような努力をなさっても良いかもしれません。
技術の星である火星も、金星と寄り添って10ハウスの終盤にあります。この天秤座の火星、美にまつわる技術関係のこと、それは趣味の部屋である5ハウスに大きく影響を与えていますから、趣味から発した美にまつわる技術関係のことを仕事に持つことはさるめさんにとって非常に理にかなったことです。
天秤座の太陽は11ハウスにあり、やはり趣味やお友達関係というものが生活に大きくかかわってきていて、今のお仕事にも影響をあたえているのでしょうね。


さて、3ハウスにポツリと単独で入っている木星や、これまた8ハウスに単独でいる土星にお話しをうつしていきましょう。
こういった状態を、石井先生の流派では特に『ダブルトン』と呼んでいて、少し注意してみたりします。
もしかしたら、この織物のお仕事は、ご兄弟、あるいはご近所の地域的な関係におけるものでしょうか。このお仕事と、お身内の方の間に、なにか切っても切り離せない相互関係のようなものがあるのかもしれません。これは、3ハウスに『兄弟』『ごく近場』という意味があるためです。一方、8ハウスの土星には、もっと広い意味で(身内であるかに限定されず)伝統や文化を引き継ぐという意味がありますから、この場合の引き継がれる元というのは、ご兄弟に限定されないもっと広いものなのかもしれません。
いずれにせよ、切っても切れない関係のようなものの中にいらっしゃり、これは、さるめさんにとっては何か、保護がかかっているといいますか、与えられているもののようでもあり、その反面、非常に面倒でやっかいな側面をもっているのかもしれません。

また、ご自分の気持ちや意見、ご家族の意見がごっちゃになってしまい、自分と言うもののの境界線を設けることに苦労することもあるかもしれません。



さるめさんの性格は…
美しいものやおしゃれが大好き。平和主義者で、基本的には争いを好みません。行動の起点はどちらかというと『相手』。自分のためというよりは、誰かのために〇〇してあげようと思った時の方が元気にキビキビ動けたりします。
発せられた言葉が相手の本音であるのか、実は別の思いをお腹の中に持っているのか、見通す洞察力を持っています。
頭の回転が速く、コミュニケーション能力があります。

一面として、非常にクールです。中立公平な立場から物事を見ることができます。身内びいきはしません。
「いいよ、いいよ」と言ってあげられる寛大さを持っています。矛盾しているようですが、反面、しつこく根に持つ面もあります。



では、ここ最近の運勢を見ていきます。
元々天秤座にあった星の内4つが、2011年の後半の以降ここ数年、次々とアセンダントやアセンダント付近の月、海王星などの上を通過していき、現在進行形です。この時期とくに、さるめさんの感受性が刺激されています。
2014年、染色を始められた辺りには、非常に芸術感覚が刺激されていました。金星(美)と月(感覚)の影響です。
今年から3年間は自分自身がガラリと変わる運気です。いつ独立があってもおかしくありません。その中でも、20178月に入ってから10月中旬までに行ったことは、全般的に後々の良い結果につながる非常に恵まれたものになります。とくに、815から104日までのその運気が強いです。
この9月からの3年間は、芸術に没頭できる運気があります。海王星がからんでくるこの時期に安定を目指しても、むしろうまくいかないことがおおく、この強い海王星のパワーを芸術に没頭することで利用する方が人生の舵きりがうまくいくと思われます。



魂の成功は、いかにその魂が社会に役立ったかということだそうです。宿命や運命、つまり現世の自分が与えられた(ご本人が生まれる前に設定した)状況を一番生かすということは、自分の資質をもって、いかに社会、つまり人々に役立ったかということ。

さるめさんの感受性の強さは、時にさるめさんに悲しいことや辛いことももたらします。しかし、そういった悲しさや不安や辛さは、ものごとの美しさに深みをもたらします。
さるめさんのように美的感覚に優れた方が、織物という美しいものを紡ぎだすお仕事を選ばれたのですから、鶴の恩返しのツルのように、自らの痛みを美しい反物にかえて、人々の心を洗うことが天命なのではないでしょうか。

お仕事がんばってください。いつか、さるめさんの反物やお着物、はたまた何か敷物のようなものなのでしょうか…、みてみたいです。


・・・・・・・

以上、akariさんからの鑑定でした。
さるめさん、いかがでしたでしょうか。

何かぐ不明な点やご感想などございましたら、遠慮なくZEPHYRのほうへお問い合わせください。
また質疑応答の記事を掲載させていただきます。

★★★★★★★★

0 件のコメント:

コメントを投稿