ご訪問ありがとうございます。
amebaのZEPHYRの姉妹ブログです。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2015年12月6日日曜日

同じ道を走ること

走りなれた道、というのがある。

若いころからもっとも慣れ親しんだ道。

ずっと走っていなかったとしても、あらためてそこを走ってみると、自分の感覚を取り戻させてくれる。

何度も走っていれば、前回とは違ったことにトライできる。

同じ道でも。

前回とは違った境域が見えることもある。


ただの同じ道が、ラインの取り方一つで、全然違った快感が得られることもある。



かつて、毎日のように走っていた。

雨の日も風の日も。

さすがに雪の日は敬遠。
むり。

だけども、多くの状況が自分に経験を与えてくれる。

雨だからこそ注意すべきことも、体感的にわかってくる。

雨を知らなければ、どこでタイヤが危ういのかということも、いつまでたってもわからない。


雨を知らなければ、晴天の空の下、駆け抜けていくことが、どれほど楽しいことなのかもわからない。

まあ、そういうことなんだろうと。

思う。


過去の経験があるがゆえに、思い出すのも早い。

それゆえに、前よりも賢くなっている。

あえて、無理をする必要もない。


同じ道を走っていれば、前よりももっともっと多くのことがわかる。

新しいことをしなければならないというわけでもない。


同じ道を走っていても、新しいことは次々に見えてくる。


そら。

そのコーナーの先に。





☆ こじまぷりんせす、初舞台12月! →詳細はこちら


0 件のコメント:

コメントを投稿