ご訪問ありがとうございます。
amebaのZEPHYRの姉妹ブログです。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2015年12月7日月曜日

こじぷり上演近づく

昨日、高校以来の親友が我が家を訪れました。

私には本当の意味で親友といえる存在は少ないのですが、極端な話、一人いれば十分だろうみたいに思っています。

親友という言葉は、そんなにほいほい使いまわしするものと思ってませんでした。
あ、もちろん違う定義をお持ちの方はそれでよいのです。
親しい友達、という、その字のままの意味もありましょう。

自分勝手な話なので、流してやってくださいね。

でも、最近、少し違う感覚も生じつつあります。

今、自分のまわりには、私のためにとても力になってくれる人が、かなりの数いてくれて……
すごく感謝しております。

現実に鑑定会で力を貸してくれるとか、別な側面で役に立ってくれる、サポートしてくださる……とか、そんな現実のこともあるのですが。
功利的な意味合いではなく、それだけのことをしてくださるそのお気持ちが、本当にありがたいと思うのです。

そういう方々のことを、昨日の高校以来の親友と同じようにとらえることはないのですが、でも、比重として同じくらい大事な人たちなのです。

仲間。

それも大事な仲間。

大切にしたい人という意味でなら、今はすごく多くの宝物に恵まれているのだと痛感します。

普段、あまり考えたこともなかったのですが、親友の来訪を受けて、ふとそんなことに想いをはせました。

私はわりと人付き合いが得意なほうではなく、だからこれは10年くらい前のことを考えると、とんでもない大きな変化が自分に起きているのだと思います。

やっぱ、人間というのは一人では何もできない。
できるとしても、たかが知れている。


ミュージカルなどでも、多くの人の力が結集して出来上がっていきますものね。

2017年春の上演に向け、絶賛快調構想中……だといいのですが、このところちょっと停滞気味(笑)。

雑事が多いのですね。主に家のことなんかですが。

骨組みはできたけれど、もう一本の柱となるものが、まだ組みあがらない……

さて、どうしたものか。


おお、ミュージカルといえば、地元児島で結成されたkojima princess=こじぷりの上演が迫ってきております!

前回の市民創作ミュージカル「ヤオヨロズ」で主力となったお姫様たちの劇団です。

その旗揚げ公演が、12月26日27日と近づいてまいりました。





大学生以上は1500円ですが、高校生~小学生は500円の入場料。
未就学児はなんと無料!

「アリス」が題材なので、お子様にも楽しんでもらえるものにもなっています。

小さいお子さん連れのお母様方もご遠慮なく、お気軽にご来場くださいね!

私も26日27日の両日、観劇に行きます。






0 件のコメント:

コメントを投稿