ご訪問ありがとうございます。
amebaのZEPHYRの後継ブログです。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2015年12月12日土曜日

メン!  メン! メ~~~ン!! 

麺をこよなく愛するゼファーです。


なんだか、冬らしくない気候が目立つこの頃ですね。

とはいえ。

やはりこの季節になると、あったかいものが食べたくなります。

大学の日とか、何かと外食する機会があると、うどんやラーメンみたいなものに、ついつい引き寄せられてしまいます。


これは先月、食べた「広松」のラーメン。


たぶん「広松」は岡山発だと思うのですが、細麺ストレート、とんこつ醤油をベースに様々な野菜やハチミツなども隠し味に入っている複雑でコクのあるスープが絶妙です。

チャーシューは薄めです。

このスープは非常に病みつきになる味なのですが。

やはり店舗によって、ちょっと味が違うというのか、調理の仕方の問題なのでしょうね。

私がよく行くのは、岡山市街の大元駅に近いお店です。






地元の児島のうどん屋「たかと」です。

ここは、しょうゆうどんが定番です。このお店のしょうゆうどんというのは、大根おろしをぶっかけて、薬味と醤油をさらにぶっかけて、よくかき混ぜて食べる冷たいうどんなのです。

これは非常にお勧めなのですが、やはりこの季節になると、普通のお汁のうどんが恋しい。

これはてんぷらうどんです。

たかとのうどんは、普通でも結構ボリュームがあり、お出汁も効いていて、非常に満足感があります。



「広松」や「たかと」は、かつてブログに書いたことがあるのですが。

今日は新しいお店との出会いがあったので、そちらをご紹介。

こちらのローカル放送局の番組で出ていた「田田」(でんでん)というお蕎麦屋さん。

なにかそそられるものがあり、奥さんと一緒に車でレッツゴー♪


足守から吉備高原に向かう途中にある……つまりはかなり田舎っぽい場所にあるのですが、訪れてみると、本当に山小屋というか、よく言うとすごくシンプルなお店でした。

しかし、お店の前には車がたくさん。

期待させます。



揚げ蕎麦とお茶が出てきました。

これをポリポリ食べながら待ちます。

席が三つしかないので、相席が普通です。



この日はかなりあったかく、蕎麦本来の味わいも確かめたかったので、一つはざるの大盛りにしました。



もう一つはてんぷら蕎麦。

奥さんと二人で、半分ずつシェアしていただきましたが。

とりあえず、ざるで衝撃。

すごくしゃっきりとした蕎麦で、お出汁の効いたタレと一緒に、ごわっと口に入ってきます。

しかし、蕎麦の風味が。

うまい。


あったかい天ぷらそばも、奥さんはこのお汁が大変気に入ったようで、甘すぎず辛くもなく、かといって淡白でもない、まねのできないお味だと高評価。

自宅から田田は、かなりの距離があります。

結構受け道を走ったので早く着きましたが、普通なら一時間半くらいかかるかも。


でも、結構と多くから来てらっしゃるお客さんも多いようです。

こりゃあ~、いいお店を見つけました。

今の季節、蕎麦が美味しいですよね~♪



☆ こじまぷりんせす、初舞台12月! →詳細はこちら


0 件のコメント:

コメントを投稿