ご訪問ありがとうございます。
amebaのZEPHYRの姉妹ブログです。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2017年1月6日金曜日

2017年の蠍座の運勢


2017年の星座別運勢は、魚座スタートで記事を作成しております。
毎日2つの星座をUP致します。山羊座・水瓶座の方は最後になりますので、お待ちください。
これはこの種の解説で、いつも魚座の方が最後になってしまうため、このブログでは毎年ローテーションを行っているためです。

またお読みいただく注意点として、12星座の運勢はあくまでも全体傾向に過ぎませんので、個人の運勢とは異なることが多いということです。

個人のチャートの持つ運勢が、本来は何よりも優先されます。
これは全体の占いなど、まったく問題にならないほどの重みがあります。
関心のある方は、個人鑑定をご依頼ください。
従ってこの全体傾向の中の、何が当てはまっていてアドバイスとして使えるかとか、逆にこの件に関しては自分には無関係だろうとか、そのような判断はご自身でなさってくださいね。
注意点には留意し、参考や心構えにして頂く。
良い暗示については、ご自分の現状に照らしてシンクロする部分があれば、それを生かす。
そのような活用をして頂ければベストかと思います。

また悪いことを聞かされると、落ち込む、悲観的になる。
このような方は、お読みにならないでください。

責任をもってご自身で受け止められますよ、という方がお読みくださいね。


☆蠍座♏
第1デーカン(10/24~11/2)  第2デーカン(11/3~11/11) 第3デーカン(11/12~11/21)

ここに表記しておりますデーカンは、読者の皆様に、太陽の入っている星座をわかりやすく区分けするための目安です。
本来、デーカンは星座を度数で分割するもので、「日」で分割するものではありません。
第1デーカンは0度~9.99度、第2デーカンは10度~19.99度、第3デーカンは20度~29.99度。
この記事で取り上げている12星座は太陽星座ですから、太陽がその星座の何度何分で、どのデーカンに属するかは、出生のホロスコープを作成して(占星術のチャート無料サイトなどで)ご確認ください。

◇ ASTROLOGY ◇
星座の全体傾向
・何かに夢中になるということが、この年にはあるかもしれません。昨年終盤にそれが始まっている人もいます。それは多くの場合、知ることや学ぶことにかかわっています。蠍座は昨年の浄化と癒しの年の傾向を濃厚に受け継いでおり、この2017年にそれを体感してレベルアップする人も多いのです。自分がこだわっていたもの、捨てきれなかったものをここで思い切って手放しましょう。幸せへのプロセスは順調です。

第1デーカン
恋愛運と財運に関して、吉凶両面があります。非常に豊かで恵まれる運勢がある一方、ある種、それを押さえつけようとする障害の運勢の両方があります。新規の恋愛では、相手をよく見る必要があります。が、吉凶両面がありながら、愛情も金運も強いのが今年です。
一方、仕事に相当な力を注がないといけない状況があるかもしれません。多忙そうに見えます。人によっては自分の趣味など熱狂的な傾向を示す場合もあるでしょう。何かに入れあげてしまいやすい年ですが、そのために問題が起きたり、周囲の理解が得られないこともあるかもしれません。
旅行などの運勢は良く、海外なども吉。仕事のリフレッシュにどうぞ。ただし若干、事故運もあるので、用心深く、行く先はチョイスしてください。また仕事などで無理をしすぎると、ある時、ぱたりと体がギブアップするような傾向も見えます。
10月31日前後に生まれた人の中には、良き転換を果たしたり、人生上の節目を迎えたり、新規のことを始める機運がある人がいます。

第2デーカン
仕事に相当な力を注ぐ傾向があるのは、第1デーカンと同じです。何かに入れあげてしまう傾向もあり、抑制が効きにくい運勢です。女性の場合は特に、これが異性との関係である場合もあります。しかし、仕事上の力に変えれば、これは大きな働きになると思われます。
デーカン前半の人は好奇心や探求心が強くなり、学ぶことに適しています。
全体として癒しをいかにして得るのか、実現するのかといったことへの知的関心が強まります。医療に興味を抱く人もいるでしょう。
やさしさやセクシャリティが強まる傾向があり、この時期に女性としての喜びに目覚める人もいます。愛情に関する運勢が強く、発展的なのは、この第2デーカンも同じです。
11月10日前後の生まれの人の中には、良き転換や出会いを迎える人がいます。
11月11日や12日といったデーカンの終わりごろの人は(12日も年によっては第2デーカンに入ります)、大きな癒しの年です。医療や占術などに関心を抱く人も増えます。

第3デーカン
デーカン初めごろの人であるほど、大きな癒しの年となります。医療や占術に関心を抱く人も出てきます。そのきっかけはもしかすると、自分自身のコンディションの不調から、そういったものへの関心につながるのかもしれません。
何かに入れ込んだり熱中したりする傾向は、ほかのデーカンと同様にあります。ここでは体を使うことに入れ込む傾向となるかもしれません。スポーツなどにハマる可能性もあるということです。
デーカンの後半の人ほど、何かに入れ込む率は減ります。
ほかのデーカンと異なり、このデーカン(の特に女性は)では、男性への忌避や嫌悪といった反応を経験する場合がありますし、また自身の生活でも無気力などの方向へ入りがちになります。正しい性への理解、あるいは自分の主張をバランスさせる必要があります。
11月19日前後の生まれの人の中には、人生上のよき転機や出会いを得る人がいます。その流れが実感できるのであれば、新しい仕事を始めるのも良いでしょう。


◇ TAROT ◇

頑張りましょう。
悪い運勢ではないのですが、あなたは今年、頑張りどころです。そしてそのことで、あなたはより日の当たる存在となれるし、大きな喜びを手に入れることができます。

たとえば会社で不景気な問題を抱え、その解決に力を注がねばならないかもしれません。経済的な事情で、どうしても事態を好転させられないと感じることがあるかも。
その一方で、内輪もめがあったり、なかなか意識を一つにできない状況があったり。

会社に限らず、そうした現実の問題と人間関係の問題の二つがあり、それをあなたは一つ一つ光で照らし、まとめ上げていく必要があります。
単純な話、人間関係をうまく改善することが一番の特効薬で、仲良くなればうまくいきます。それはできそうもないと感じるかもしれませんが、達成できる可能性が高い(どうしても無理だという方に強要するアドバイスではありません)。
家庭の中でなら、お金のことかお子さんのことが大きく出るかもしれません。
しかし、家族の関係をどうすればもっとよくできるか、よく考えることです。

ここで最も頼りになるのは、同僚であったり、パートナーであったり、友人であったり、あるいは兄弟などが力になってくれるかもしれません
考え、工夫しましょう。ひらめきを得ましょう。
良き未来をあなたが提示するのです。その良き未来がみんなの幸せに役立つのなら、自然と力は結集されます。



ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

0 件のコメント:

コメントを投稿