ご訪問ありがとうございます。
amebaのZEPHYRの後継ブログです。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2017年6月30日金曜日

7月の日本と全体傾向



☆2017年度占星術講座受講生募集中→占星術ネット講座
☆札幌鑑定会&コラボ・セッション予約受付中→札幌鑑定会&コラボ・セッション

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

まず日本に関してですが、6月の様々な問題が露呈・噴出した状況から、少し状況が良くなるように思います。

良くなるものとして、一つは経済ではないかと思われます。この月全般に関しては、かなり好調さを取り戻すように思えます。
むろん月のサイクルなので、ここからぐっと上り調子とかいう楽観ではないのですが、月の下旬に入るまでは、まあ、安定的なのではないかと思います。

その目玉としては、観光やレジャー、温泉とか、7月もあとのほうになると海水浴なども視野に入れていいかもしれませんね。自然の中での体験などがかかわるものである可能性を考えます。川、滝、そのようなものも入れていいでしょう。
これは日本人だけの話ではなく、海外からの観光客なども含んだ情報なのではないか。

農産物などに関する朗報、好調(すべての農業ということはないと思いますが、この夏季の産物が全般好調なのかもしれません)。
そんなところもあるかも。

この好調さの中には政治的なものは含まれていないように見えます。
つまり政府や与党の問題が次々に露呈している現状は、大きく変わらないように思えます。

次に、日本に限らない全体傾向で、これはもちろん日本にも影響がいくらかあるのですが。
すでにお伝えしている通り、火星の力が非常に目立つのがこの7月8月にあります。
また木星の問題点が出やすい月です。
木星と言えば、大学なども含まれるので、日本では今騒がれている問題が継続しているという見方で良いのでしょう。

また宗教や法律と言ったものが絡んだ出来事が目立つのかもしれません。

火星と太陽が蟹座を通過していく6月から7月は荒れます。
月の中頃までは、特に事故などにも注意が必要でしょう。

ただ、悪いことばかりではありません。
危機的なものが経済的に再構築されたり、また個人でも愛情の再構築が行われます。

5月の新月で開かれた女性性への目覚めが加速し、より豊かな人生や愛情関係について目覚める人が多く出ます。


ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

0 件のコメント:

コメントを投稿