ご訪問ありがとうございます。
こちらはZEPHYRのメインサイトです。
amebaのZEPHYRとは姉妹ブログになっております。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2018年6月29日金曜日

7月の日本と全体傾向

☆ZEPHYR占星術ネット講座7期募集中→こちら
☆京都鑑定会 予約受付中→こちら

先日の満月メッセージと多少、重複するところはあります。
ここしばらくは日本も動きが多いかなと思いますので、いろんな記事でフォローしておく所存です。

【日本の傾向】
交渉事はうまくいきにくい傾向。これは主に経済の関係だと思われます。
が、逆に金で解決、みたいなちょっと嫌らしい傾向もあるかもしれない。
が、ここで解決するものは少ないだろうと思います。
短いものでひと月ほど、長いもので4ヶ月程度かかるものもあるでしょう。

その一方、なかなか解決の糸口がなかったものに、ここでよい知らせが訪れるかもしれません。
これは技術分野のことや、新しいアイディアや新しい人物が困難な状況を変える、といった傾向のものかもしれません。
変わろうとしない、旧態依然とした体制や考えの人物などに和解の動きが見られるか?

何かのブームの再来、リバイバル、リメイク、リカバリーといったものに話題が集まるかも。

全体として、このところ低調だった日本が、盛り返すような動きもあります。

この7月と8月、日本は一つの節目のようなものを迎える可能性があります。
重大なものではないかもしれませんが、一つの時代の終わりと始まり(世間の空気、象徴する人物、事柄、建造物など)のようなものがここに見られるかもしれません。

【災害など】
満月チャートから見ていた7月2日3日あたりの災害的なものは、やはりありますが、全体として天王星が強く働く時期が、6月17日あたりから始まっていて、7月26日まであります。7月上旬まではこれが強い。
この天王星と無関係ではないのですが、別な強いアスペクトが7月10日~8月18日まであります。このアスペクトがもっとも強いポイントは、7月21日~8月7日あたりまでかと思われます。


日本の枠を外して、
【全体傾向】
7月の初め頃は、何か思い空気感があり、各国の交渉なども障害が出やすいと思われます。
この7月の中旬頃まで、また何か犯罪で重大なものが起きる可能性(テロなども含まれる)。

現在以降、8月10日までの間に、どこかでかなり大きな地震などの災害が起きる可能性(7月中旬・下旬が強い)。
このアスペクトに限定して推測する場合、中国内陸部やジャワ、スマトラあたりの経度か中南米付近が強く発信される可能性(日本が除外されるわけではない)。
この期間は、子供や女性性に関するものがアピールされ、これまでと同様な傾向が表現されるかもしれない。

7月13日は日食の新月です。
日本では日食は観測されません。

様々なチャートから付き合わせていっても、この日食の少し前から7月下旬に至るまでに、重要な出来事がありそうです。


ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

0 件のコメント:

コメントを投稿