ご訪問ありがとうございます。
こちらはZEPHYRのメインサイトです。
amebaのZEPHYRとは姉妹ブログになっております。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2018年6月22日金曜日

浄化の夏至チャート

☆ZEPHYR占星術ネット講座7期募集中→こちら
☆京都鑑定会 予約受付中→こちら

昨夜、19時07分ごろ、正確な夏至チャートが結ばれました。


 画像はアマテルで作成→高機能 占星術ソフト・アマテル

春分図で山羊座アセンダントだと、だいたいですが、夏至、冬至も同じアセンダントになり、秋分だけ違ったアセンダントになることが多いものです。

とりあえず今年の傾向としては山羊座アセンダントと、そのあたりに滞在する土星の影響が日本は強いわけです。
このため日本には強いブレーキ、障害の力が働いてきます。
とくにこの夏至チャートでは、責任や義務といったことの暗示が強く、国家としてもその役割を求められる…が、それにはかなりの心理的物理的な抵抗もあるように思われます。

このチャートでは、女性性といったことがものすごく強調されています。
一番に懸念されることは、性犯罪のようなもので大きな事件が起きやすそうだということです。
ですから、これはもう女性がやはりしっかりと自衛的な意識を持っていただくのが一番です。
良識のある男性たちは、肉体的に弱い女性を守るという意識をあらためて持っていただきたい。
ただ、これは加害側が必ず男性とは限らず、性や愛に絡んで女性が主役の事件を引き起こすといったケースも考えられます。
男女と問わず、パワハラ、モラハラ、セクハラといったことが強調される可能性もあります。

その一方で、この女性性の強さは、女性が持つ喜びや価値についての見直しにもつながりそうに思います。
女性のあり方は現代では多様化していて、こういうあり方が正解、というのはありません。
いわゆる原初から持っている女性の本質に目覚める方もいるでしょうし、この社会の中での自分らしさに目覚める方もいらっしゃるでしょう。
ただ、それは女性性を否定したり捨てたりすることではなく、女性として生まれ生きている自分の上に構築される…そのようなチャート傾向に見えます。

女性に限りませんが。

この夏至チャートを見る限り、「果たすべき役割」を個人個人が背負い、苦しくともそれを実行することが大事に思えます。
女性性が強調されているチャートだからこそ、男たちは自分が背負うべきものを簡単に放棄したり、楽になろうとは安直に考えるべきではないでしょう。


世の中には、この世の浄化に関わる役割を負った人が存在します。
巫女的な存在です。
男性の場合は、神官的な立場です。

これは神社のお仕事に携わる方々に限定されません。
そのような役目を意識的に、あるいは無意識的に果たしている方々が存在します。

その方々の働きが増大します。
土星の強さは、彼らの背負うものでもあるようです。

世間全体に浄化の働きが強くなるでしょう。
逆にそれは、澱を浮き立たせ、明と暗をわけることにもつながります。
光が強まれば、影も濃くなるように。

この浄化の動きは、日本を中心に東アジアに強くあるように思われます。


私も背負うものを、もう一度、見直し、自分の覚悟をあらため、

よいしょ。

背負い直します。



ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

0 件のコメント:

コメントを投稿