ご訪問ありがとうございます。
amebaのZEPHYRの後継ブログです。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2015年11月12日木曜日

楽しみつつの始まり

このところの無理がたたったか、腰を痛めてしまいましたっ(>_<)

にもかかわらず、今日は大学。

まあ、ホテル勤務時代にも幾度も腰をやらかし、ごまかしながら働くコツは身についているので、大丈夫!(なんのこっちゃ)

家の片づけとシイタケの労働が結構きつかったみたいですね。

いつも行く東洋的な治療をしてくれる先生の所へ行ってきます。



一昨日のことですが。

スタッフ会議が行われました。

なんの?

というと、ミュージカルなんです、これが。

東京鑑定の前にすでに予告的な話はあったのですが、2017年の春にまたオリジナルの市民創作ミュージカルを、地元児島で上演することが決定してしまいました。

東京の鑑定のさなか、事務局のKさんから電話があり、「やっぱり決まったよ」と。


これ、実は2018年の予定だったのです。

それが一年繰り上がってしまった.

せめて夏くらいまでには、その繰上りが決定してほしかった、トホホ……

私はまだ構想期間が一年ほどあると思い、二つくらいのアイディアをまだ漠然と温めていただけだった。

2017年の春に上演ならば、来年の夏ごろには練習が始まらないといけません。

逆算すれば最悪でも3月にはシナリオが出来上がっていないといけません。

ということは、もう書き始めていなければならないくらいなんですね(苦笑)。

まあ、ともかく年内を構想を固める期間に充て。

年が明けたら執筆という流れかな。


幸いなのは、毎年やっていたある文学賞の審査から今年は外れていること。

これも多くの原稿を読むために、かなりの負担で、毎年忙しい年末年始にかかってしまっていたのですが、これがないのが有り難い。

おかげで、さほど切羽詰まることはないのではないかと楽観しています。

普通に鑑定の仕事もこなしていけるだけの余力はございますので、そちらはご遠慮なくどうぞ。

執筆だけに埋没すると、それはそれであまり自分によろしくないと感じています。


まあ、この仕事も楽しい。

何事も楽しんでやりたいものです。




☆ こじまぷりんせす、初舞台12月! →詳細はこちら


0 件のコメント:

コメントを投稿