ご訪問ありがとうございます。
amebaのZEPHYRの後継ブログです。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2015年11月22日日曜日

いい夫婦の日なので婚礼が多いのは当たり前か

今日は「いい夫婦の日」でございます~~~。


そして、従弟の結婚披露宴があります。

私の従弟ですから、40を少し過ぎているのですが、初婚。

今までず~~~~っと、叔父叔母夫婦をやきもきさせ続けてきたのですが、なんとなくのらりくらりという感じのマイペース。

土星が強い人間なので、時間をかけてことを進めたようです。

魚座生まれですが、月は蠍座にあって、わりと芯が強いというか、頑固なところもあり。

しかし、ようやくここへ来て縁に恵まれたのには、二つの大きな要因がありました。


一つは、彼は2005年あたりまで、結婚に関する運勢が弱体化していたのです。

なかなか先へ進まない状況だった。

それが2005年あたりで解消された。


そして、それ以前もそれ以後もなのですが、もう一つ決定的な運勢に恵まれなかったというのがあります。

15歳から24歳くらいの間には、非常に目立ったものがあり、その中でももっとも強く働いたのが、高校時代なのだから、さすがにこの時には結婚は起きんわな(^_^;)

もしかすると、若い時代にあまりにいい巡りがあったので、その後の決断に時間がかかったのかもしれない。

星の示す通り、二十代の初めごろ、恋愛関係になった女性はいたのですが、周囲から反対され……まだ彼は若かったし……

やはりなかなか前に進まなかった。

2005年以降も、決定打となるような星の巡りはなく、けれど今。

今、トランジットの木星が彼の7ハウスにある。

これも一つのきっかけになります。
お付き合いはそれ以前からあったようですが、ここで踏ん切りがついたようです。



従弟の今後の幸せを祈りつつ。

お祝いに行ってきます。 ^_-☆






☆ こじまぷりんせす、初舞台12月! →詳細はこちら


0 件のコメント:

コメントを投稿