ご訪問ありがとうございます。
amebaのZEPHYRの後継ブログです。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2015年11月19日木曜日

雨ばかりで苦労する

昨日は雨の降りしきる中、ちょっと山の中へ取材に行ってきました。

現在、執筆中の「ヤマトタケル・連理の翼」のため。

どうも筆にストップがかかっていて、おかしいな~と思っていたのですが、地元で一つ、見過ごしていたところがあったのです。

そこへお呼びがかかっていたのだと、ようやく気づき。

衝動的に動きました。

一応、火のエレメントの射手座で、火星も効いている人なので、思い立ったら、わりと即行動です。

翌日(つまり今日)が大学だったり。
この後、鑑定のご依頼がいくつかあったり。
日曜日には親戚の結婚披露宴があったり。

するので、雨が降っていようと、即日行動が正解と思えました。

現地に行ってみると、我が家の比ではない山の中に入っていきます。

我が家の周辺は、車一台分の道がかなり限定された区間ですが、それがかなり続く。

ちょっと広いところに出たと思ったら、ちょうどうまい具合に対向車をやり過ごし。

また狭い道から脇道の林道のようなものへ入り、とうとう舗装もない凸凹道に。


雨が降りしきり、しかも季節柄、落ち葉もすごくて。

タイヤが空転するする。

それくらいの急斜面。


スイフト君、頑張ってくれました。

ようやく目的地に到着したものの、あたりはガスが多く、景色はろくに楽しめません。

しかし、感触はつかめました。


こんな狭いところなら、バイクのほうが?

いやいや、オフロード・バイクじゃないし。


ともかく無事に帰ってきました。




ところで、カタナ250なのですが。

まだ乗れていません(笑)。

腰は回復しています。

ですが、このところ天気が良くない日が多く、仕事の都合などもあり……

けれど、数日前、夕方に「ちょっと乗れるかな」という瞬間があったのです。

運ばれてきたばかりで、タンクは空っぽに近く、ガソリンを入れておきたい。

そのためだけに、ちょっと出てこようかな~と思い立った瞬間があったのです。

しかし。

ちゃんと、それなりの格好をして、ヘルメットもグローブも装備し、「おし! いったるか」とエンジンをかけます。

そのとき、チョークのレバーを回したのですが。

これです。




私が回しすぎたのか。

なんとこの刀の特徴的な大きなチョーク・レバーが、ポロッ……と。

この丸い部分が取れてしまったのです!
Σ(゚д゚;)エッ
しばらく私は、チョーク・レバーを手に呆然としていました。

「さすがよな~。20年くらい前のバイクだもんな~」

笑いながら、とりあえず工具を出し、サイドカバーを外します。


昔取った杵柄というか、この程度のことはすぐにできます。

エンジンの中とか無理ですけどね。

ただ、結構忘れていることも多く、なかなか思い出せないこともありますし、自分がかつて乗っていたバイクとは違っている部分もあります。

とくにこのカタナのチョークは、他と違っています。

大本の構造は同じですが、サイドカバーの内部でややこしいことになっている。


いろいろと考えて、なんとなくちゃんと理屈が通るような配置にしても、なぜかワイヤーが引かれた状態になっても、チョークが引かれた状態にならない(引けばエンジンが吹けるんです)。




いろいろと調べた結果、このキャブレターのあたりのワイヤーも外れ、スプリングがうまく機能していないことが判明。

これも、あーだったかな、こーだったかな、で、なんとか収まるところへ収まりました。

そんなことをやっているうちに、最近は日が暮れるのも早く。

結局、乗れていません(笑)。


ま、しゃーないか。

明日もたぶん無理ですしね~。

いつになったら、リターン・ライダーになれるのだろう…???



☆ こじまぷりんせす、初舞台12月! →詳細はこちら


0 件のコメント:

コメントを投稿