ご訪問ありがとうございます。
amebaのZEPHYRの姉妹ブログです。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2016年8月27日土曜日

9月の日本と全体傾向


新月が1日に生じるため、新月メッセージと解説が重複する部分があります。
そちらも参照ください。→新月メッセージ 9/01

この9月は、様々な面で問題が多い月になるだろうと思われます。
分離、分裂、解消、喪失、不正など、いろんなキイワードが頭に浮かびます。
おそらくここで書ききれない出来事も多くあるはずです。

わかりやすく星の特徴として挙げるなら、
金星
火星
海王星
などのマイナス面が出やすく、また水星もマイナス面が強く出そうです。

新月メッセージに書いたことはこの9月の中に含まれているものとして、ここではほかのことに重点を置いて記述します。
火星のマイナス面は、暴力や戦火などに関係しますし、機械的な製造業はここに含まれています。日本だと自動車が代表的ですが、外国では軍需産業や銃なども。
この火星にある種の障害、ブレーキがかかるような出来事があるかもしれませんし、火星のその圧力を跳ね返すために乱暴な出方をする可能性もあります。

日本では鉄鋼業や特定の自動車メーカーの失速などのニュースとなるかも。
鉄道や各種交通機関の問題もあり得ます。

また暴力的な空気が強く流れ、事件が多いと思われますし、周辺では激しい論争が繰り広げられそうです。
口論や炎上といったことも、こうした火星や海王星、土星、それに水星にまで絡んだ現象として起きてくるかもしれません。

これは単純に個人の問題ばかりではなく、国家間でも相当なやり取りがあるでしょう。
民進党の代表選もここに含まれそうですし、アメリカの大統領選でも大きな議論や論争、あるいはスキャンダル的なものが出てくるかもしれません。
むろんこれ以外の国から出てきても不思議ではありません。

9月には、5日に中国の杭州においてG20首脳会議が予定されていますが、荒れた論戦が展開される可能性もあります。
中国の動向が注視されます。

また7日から第15回夏季パラリンピックが、やはりリオデジャネイロで開催されます。
これについては、私はむしろ大きな成果が上がるのではないかとみています。
いろんな記録が出てくるのではないか??
そのような出方になることを期待します。

あまりよい月ではないんだなという印象を持たれるかもしれません。
実際、波乱が多い印象を持ちますが、その一方、月の中ごろから後半にかけて、火星のコンディションで良い部分も出てくると思います。
これはパラリンピックでもあるのですが、全体傾向としては、新しい段階へ踏み出そうという意欲や動き、技術面では革新などにもつながりそうです。

たぶん9月は個人にも波乱が多いが、その結果、自分の使命に目覚めたり、新しい生活を構築しようという目覚めに至る方が多いのではないかと思われます。


◇9月の日本のカード◇

日本神話タロットの壱拾七の「星」が逆位置で展開されました。
このカードの逆位置には、「失望」「自己嫌悪」「高望み」などがあります。

描かれているのはスサノオ。
本来は「希望」「願い」「才能」「ひらめき」などの意味があるのですが、逆位置で展開されるために、そういった美質が発揮されににく、そのため失望感が大きいということになります。

外交や国内事情においても、そういった空気が漂いやすいということなのでしょう。

また神話上のスサノオの性格を考えても、乱暴な事態が発生する可能性も考えられます。
チャート上も日本は8月と9月、火星の影響力が非常に強く、これがオリンピックにおいては好成績に結びついたようなのですが、対外的には危険な要因もあります。
また国内や個人生活においても、火星的な荒々しい力を感じさせるような事件、出来事が起きやすいと思われます。

高天原に昇るときに大地を鳴動させた神です。
地震にもちょっと注意が必要かもしれないですね。
(あるいはほかの災害)
特定はやや難しいのですが、秋分の日の前後のある程度の期間に、これは…というようなアスペクトが発見できます。

また月の中旬も、重要なポイントになります(日本に限らず)。
ここではそれぞれに痛みを分かち合う、デリケートな部分と向き合うというようなことが必要かもしれません。



2 件のコメント:

  1. 9月も半分が過ぎやはりいろいろありました。(ここに書いたとおりになっています)  
    17日あたりで満月ですが、どのような影響をあたえるんでしょうか。

    返信削除
    返信
    1. 満月については、メッセージをUP致しました。
      そちらをお読みくださいね。

      削除