ご訪問ありがとうございます。
amebaのZEPHYRの姉妹ブログです。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2016年8月14日日曜日

月のハードアスペクト(SMAP解散)


SMAP解散のニュースが深夜に飛び込んできました。
今年の1月、世間がその話題で持ちきりだったころ、私はその時点での解散というのはないだろうと考えていました。→SMAPが解散しなくてよかったと思う
それから7カ月。

彼らのチャートには何か変化はあったのでしょうか。
あるいは、その頃の私が見落としていた何かがあったのでしょうか。
あらためて検証し直してみました。

国民的なアイドルグループです。
それが解散するとなると、メンバー個人のチャートにも何事か出ていないとおかしい。

そもそもこの1月の段階では、私は彼らの出生時間についてはほとんど未入手でした。
あらためて調べてみると、中居さん、香取さん、草彅さんについては出生時間が判明していました。木村さんと稲垣さんについては、不明のまま。

この出生時間の中に大きなカギがあるのではないかと考えたのです。
今年1月の解散騒動時にも、いくつか気になるアスペクトは発見していました。
たとえばリーダーの中居さんの場合、職場=事務所の変動や解消が顕著でした。
私がなぜその時点での解散、4名の事務所からの脱退がないだろうと思ったかというと、あの業界ですし、ああいった形で事務所を離れてしまうと、干されるとか、何事か厳しい状況が発生するはずだったのですが、中居さん自身のその時点での運勢が相当に良かったからなのです。

で、あの段階での解散はないだろうと踏んでいたのですが、もし出生時間が入ることで、彼らのグループに何らかの大きな変化や解消が出てくる可能性もある。

じつは今回、出生時間が確定した三名の方のチャートに、ある共通した特徴が出ていることが判明しました。
それは月の情報です。

月は一日で星座の半分くらいを移動することもある天体で、出生時間によって位置が大きく違ってきます。つまり出生図のアスペクトなども変わってくるわけです。
これを土台に、複数の運勢チャートを追いかけますと、月に関する相当に大きな離反や改変の運勢が認められます。

とくに中居さんのチャートでは、1月時点ではなかったものが現在認められます。

じつは、稲垣さんのチャートでも、10時から14時くらいの間か17時以降の出生時間であれば、この月のハードアスペクトは同じように成立してしまう。つまりこの日の生まれの2分の1くらいの確率。
また木村さんの場合も、午前中の生まれであれば、同様なものは確認できますので、もしかするとこの「月」のアスペクトが最大の要因かもしれません。
(こういうことがありますので、出生時間というのは占星術での解読で大事なのです)

では、この場合、月とは何なのだろうか、ということになってきます。


じつはあまり知られていないことなのですが、月はあるグループ、集まりを暗示することがあります。
通常知られている月の意味は、母親や妻、母性、個人の幼年期や感受性、内面にかかわるものです。家庭や住宅などにも関連します。

蟹座の支配星である月は、人間がこの世に誕生し、初めて構成する集団(家族)などにも関連が深いのです。
これが社会的には、親しい人間の集まりになっていく場合があるのです。
特定の目的や理想を持つ集団、グループです。

もちろん月だけがこの傾向を持つのではないし、11ハウスなども挙げることができるし、7ハウスも関係しないわけがないお話です。
月の場合は、あまりにも不特定多数の集まりではなく、親しげな限定された集まりとしての印象のほうが強い。
SMAPというのは、彼らメンバーの「家」であったはずで、仲が良かろうが不仲であろうが、普段話をしようがすまいが、彼らの根っこであり基盤だった。

その解散が、現状の彼らの月のハードアスペクトが持つ意味なのであろうと思われます。

SMAPが今年の末には解散してしまうというのは、とても残念なことです。
彼ら一人一人が今後、それぞれの才能でをより輝かせて、それぞれに活躍していくことを祈ります。




0 件のコメント:

コメントを投稿