ご訪問ありがとうございます。
こちらはZEPHYRのメインサイトです。
amebaのZEPHYRとは姉妹ブログになっております。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2019年4月15日月曜日

守られる感謝

☆岡山占星術初級教室・参加者募集中→こちら

このところ……本当に怖い。

なにがって、火星なんですよ。
世間的にも銃や鉄道など、目立った事件が起きていますが、個人的に「危ない!」「ヤバかった……」と思うような出来事に遭遇しやすい。

車に乗らないと生活できない限界集落なので、車に乗る日のほうが圧倒的に多い。

前にも申しましたが、ここ1~2年は火星のハードアスペクトが強いので、運転を非常に慎重にしています。
いや、本当に。
超安全運転ドライバーですよ。

安全確認できているときでも、さらに念を押しています。
発進の時、バックの時。
走行中も、目を配っています。
速度もまったり。
一時停止もしっかり。

にもかかわらず、ここ一週間で二度も、ぎょっとしたことがあります。

信号待ちの列ができかけていて、私は左のコンビニに入ろうとウインカーを出して、ハンドルを左へ切りました。
ちょうど入り口だったので。
むろん駐車場へ入るときに、左後ろに自転車など来ていないか、確認しています。

すると、前の車が少し背の高い車だったのですが。
その影から!

自転車が突っ込んできました。
中学生くらいの女子でした。

つまり状況的には、そのお嬢さんが逆走しているのです。

徐行速度くらいだったので、すぐに止まれましたが、向こうの方が突っ込んできそうでした。
もうちょっとタイミングが悪かったら、たぶん突っ込まれていたかも。

こんな、気をつけていてもタイミングがちょっと違ったら事故になっていた、というパターンが二度もありました。

コワイコワイ……

わかっているからこそ日頃から注意している。
でも、避けようもない事態もあります。

しみじみと良かったと思うのは、先日、ちゃんと安全祈願(厄払い)をしてもらったことです。

厄年ではないけれど、今年、二黒土星は暗剣殺なので、それを払ってもらうご祈祷をしていただきました。

自分の努力だけでは守り切れないものもある。
払いきれない災厄もある。

だからこそ、神仏のお力を借りることも、もう少し素直になって、積極的に受け取っていこうと思います。
ありがたく、感謝と共に。



ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

0 件のコメント:

コメントを投稿