ご訪問ありがとうございます。
こちらはZEPHYRのメインサイトです。
amebaのZEPHYRとは姉妹ブログになっております。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2019年4月2日火曜日

令和の時代はどうなる

昨日の自分の戯れ言(妄想)が、かなり的中していたのに笑いました。

R=頭の文字がラ行。
W=和の一字。

でも、「れい」という言葉で「礼」は考えましたが、「令」はうっかりしていました。
でも、アリですよね。

でも、こんなことで日本国内が盛り上がっているのも、そもそもこれが天皇陛下の退位での出来事だから。

平成の元号が決まったときというのは、昭和天皇の崩御に伴ってのものですから、こんなムードはまったく!なかった。

経済の失速感が伝えられる中で、この改元、そして新天皇陛下の即位などは、ある意味、良い雰囲気を日本にもたらしてくれるように思います。
経済効果もかなり大きいのではないでしょうか。

あまり取り上げられることはないのですが、平成と令和の元号のチャートをお出しします。
画像はアマテルで作成→高機能 占星術ソフト・アマテル



平成は激動の時代でしたが、それを暗示するかのような山羊座での大会合。
隣の射手座の金星も天王星とはコンジャンクションで、天王星以降が強い土星、海王星、月、太陽と繋がってステリウム。
地のエレメント。
突発事態の天王星に、海の海王星。

新月の太陽と月は新しい時代を暗示するかのようですが、それには大きな変動が伴うことを示しているかのようです。

また強い火星が太陽にスクエア。
テロやミサイルなどの驚異も背後に感じられます。

カルミネートのキロンは、多くの国民がステリウムが引き起こす出来事に傷つき、心病むような事態も示してくれているようです。

その一方で文化的な発展や、技術革新も進む……




令和のチャートも牡牛座という地のエレメントで、太陽は天王星とコンジャンクション。
これ自体、変化や代替わりなどを示していそうですが、冥王星や土星の位置も相まって、地震などはやはり警戒しておくべきでしょう。

しかし、様々なものが再生したり、基礎固めになる時期と思われます。
日本の伝統的な文化も、これまで以上に見直されるでしょう。

女性の暴力や性に関する被害なども、月の状態から考えられます。
こういった出来事がより鮮明化し、問題提起される時代になりそうです。

それから私はよく知らないのですが……
この時代にリニア鉄道などが、開通するとか?

ともかくこれまで以上に工業技術の開発促進が進み、役に立つものが次々に生み出されていきそうです。
生活や流通も、非常に素早くなり、私のような世代には着いていくのが大変そう……(笑)

安穏とした時代ではなさそうですが、日本は危機の火種的なもの(主にアジア情勢と思われますが)を抱えながら、うまく回避していけるようにも思います。

調和と母性の復権の時でもありそうです。
男子は、女性を尊びましょう。




ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

0 件のコメント:

コメントを投稿