ご訪問ありがとうございます。
amebaのZEPHYRの後継ブログです。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2015年8月7日金曜日

Mac Bookが来た日(ボイドタイムに起きたこと)

占星術にはボイドというものがあります。

これはある星座にある月が、次の星座に入るまでの間で、他の天体とメジャーなアスペクトを形成しない時間帯のことをいいます。

ボイド・オブ・コースと呼ばれます。
一般にはボイド・タイムというのが、よく知られているかな。

このボイド・タイムは、長いときもあれば、短いときもある。

丸一日以上続くときもあるし、ほんの数分で終わることもあります。


わりと頻繁に起きるものなのです。

だいたい2~3日に一回は必ずあります。


ボイドの効果は、様々ですが、お店の新規開店や婚姻届の提出などには不向きです。

よくお店の開店には、暦で大安吉日を選んでする人が多いのですが、大安であろうとなかろうと、このボイドで始めるとうまく行かないことが多いのです。
※そもそも大安で開店したらうまく行くのなら、潰れるお店はもっと少ないはず。

ボイドは「空虚」「虚空」みたいな意味で、物事を不成就的にさせます。

会議をしたら紛糾して話がまとまらないとか、何かを探していても見つからないとか、交わした言葉に誤解が生じるとか。

日常業務はまったくOKです。

ただ普段と違ったことをするには危険があります。

私も過去、
ボイドなのに普段は乗らない車に乗って、その車が途中でバッテリー上がりとか(T▽T;)
ボイド・タイムで車を車検に出したら不備があったとか
働いていたレストランが、さしたる理由もないのに異常な来客があるとか
大学で講義していると、生徒たちがへんにいつもよりざわつくとか

いろいろな経験を、この時間帯で確認しています。

昨日は午前8時29分~10時30分までの比較的短いボイドがありました。

それはわかってはいたのですが、その後に仕事のスケジュールを組んでいたので、私はボイド・タイムのさなかに、岡山のあるPCなどの電器店を訪ねました。

すでにボイドでないときに話をとりまとめていたのですが、じつはこの度、仕事上のやむを得ない事情があり、MacBook Airをそこで購入することにしていたのです。

新古というのか、未使用品などを扱っているお店で、iPhoneユーザーはこの同期やバックアップもしてくださるということで、用意のできたMacBookのところへiPhoneを持って行ったわけです。

当然ですが、このバックアップ作業のため、私の手元には携帯電話がなくなります。

「ボイドだなあ。でもまあ、あの人たち(お店の人)には日常作業だからな」

とか思いつつ、5時間ほどかかるというので、私は仕事に行きました。

そしてそれを終わらせ、お昼ご飯も食べ、ついでに伸びた髪を散髪して、まあ、合理的に時間を使って、またかなりの距離を走って岡山のそのお店へ。


私の担当をしてくださっている店員さんは、「和風総本家」に出ているアナウンサーみたいなお顔立ちで、なかなかの好青年っぽいんですが。

私がお店に入るなり、なぜかその顔が引きつって笑みにならない的な……しかも目を泳がせる。

あ、こりゃ、なんかあったな。
たま~にだけど、iPhoneのデータが飛んでしまうことがあるとか言ってたから、それかっ?!

私が覚りながら近づくと、なんと。

「すみません、じ、じつはiPhoneのパスコードがわからなくて、まだできていないんです」

はあ???

いや、パスコードは書いたけど……

あ、そうか。その書いた紙は、私が所持していているべき用紙だったので、それを私が持って行ってしまったんだ。
しかし、私はそれを書いたときに、彼がその場にいたので、パスコードは把握しているものと思っていたけれど……

していなかった。

ちなみに、その紙を持って行くときに、私は「これ、持って行っていいですよね?」と確認しているんです。もちろん彼は「あ、いいですよ」と答えている。

…………

つまり5時間、なあんにもできなかった。

ボイドキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!


彼は私の自宅に電話をかけたり、家族は家族で、私が散髪にも行くと言っていたので、そのお店の電話番号を調べようとしてくれたり、とんでもないところまで騒ぎが波及していました。

和風総本家アナウンサー似の彼は、げっそりとした顔で、私が怒るんじゃないかと思っていたようで。

いや、正直、その瞬間にはむっと来たのですが(笑)。

この5時間をまったく無駄にしたわけではなく、それなりに有意義に使っていましたし、
まあ、それにボイドとわかっていて予定を組んだのは私ですし。

「これからお預かりして、できあがったらiPhoneもパソコンもご自宅までお届けに上がります」

とおっしゃる彼に、

「まあ、しょうがないですね。そうしてください」

と、声を荒らげることもなく、私は帰宅。



そしてその夜。

もう陽が落ちて暗くなった山中にある我が家に、彼ともう一人の店員さんがPC一式とiPhoneを届けに来てくれました。

彼は腰がぎっくり腰になったという話で、車からろくに降りられない状態で……
オカワイソウニ……

ずばり災難な一日だったことでしょう。



そんなこんなのどたばたで、Macがようやく家にやってきました。




Windows8.1をブートキャンプして、これまで使ってきた占星術ソフトをすべて使えるように、これからセッティング。




そもそもWinを使ってきたのは、占星術のソフトが多数あるからで、この度、OSXでも使ってみたいソフトが出てきた。

ま、いろいろと複雑な事情があるのですが、これから仕事の合間にセッティングし、慣れていきたいと思っています。

こういったごたごたも、ある意味、厄落としになったかなと考えております。






0 件のコメント:

コメントを投稿