ご訪問ありがとうございます。
amebaのZEPHYRの姉妹ブログです。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2015年9月24日木曜日

こころ様のプレゼント鑑定

本日はプレゼント鑑定第5番目 こころ様の鑑定記事をUP致します。

こころ様、大変お待たせいたしました!

鑑定士はすずらんセレスさん、ZEPHYR占星術講座2期卒業生です。




ご依頼人・こころ様

【ご依頼内容】

「 結婚の時期・自分に自信を持つためには何が必要か 」

今のままではだめだと言われ続けてきたためか、自分に自信が持てないままこの年齢になって
しまいました。人間関係(特に恋愛)に臆病な自分に何かアドバイスがあればお願いします。




【こころ様の鑑定】 鑑定士・すずらんセレス

こころさん、はじめまして。すずらんセレスと申します。
当選が決まってから大変長くお待たせしてしまい、本当に申し訳ございません。
鑑定をさせていただくこと自体まったく初めてで、言葉が拙い点も多々あるかと存じますが、精一杯書かせていただきました。
どうぞよろしくお願いいたします。

では、まず、こころさんの出生チャートから読み取れる、基本的な性格に関することからお伝えしてまいります。
全体的に見ますと、ジェンダー、クオリティ、エレメント(12星座の区分けのいくつかの種類)のいずれにも大きな偏りがなく、能動性・受動性、活動性・持続性・柔軟性、情熱・現実性・理性・感受性をバランスよく兼ね備えていらっしゃることが伺えます。
また、天体の並びが広範囲にさほど偏りなく広がっていることから、どちらかといえば公私を問わず様々な事柄に関心をもち、常に何らかの活動をなさる傾向にあるのではないかと思われます。これと関連して、「小三角」という配置がいくつも連鎖してつながっているという特徴を挙げることができます。ホロスコープの円の中に六芒星を描いたとすると、その6つの頂点のうち5つに天体が乗っかっている状態です。この配置は、全体的にはバランスの良い運勢でありながら、天体が欠けている1つの頂点の位置が示す運勢のアンバランスさや不安定さが際立つといわれます。しかし、その欠けの位置に進行や経過の天体が巡ってきたとき、強力なエネルギーの回る環が完成し、宿命的な運勢の流れが起きるともいわれています。こころさんの場合は、その位置が対人関係や契約、結婚等を示す7ハウスの入口にあたるため、結婚は単純に吉凶では括ることのできないような宿命的な色合いを帯びたものになるとみられますし、7ハウスの配偶者という存在があってこそ完全なものになる人生と言えるかと思います。

また、土星と月を除く「天頂周辺にある個人天体群」と「天底周辺にある土星外天体群」との間で、天体群どうしが全体的に対峙するような配置となっているところも注目すべき点と思います。土星外天体群はすべて逆行していますので、専門性をきわめ理想や希望に向かって仲間とともに社会で活躍することを志向するこころさんに対し、こころさんの私生活に存在する諸々の条件が時に立ちはだかるような恰好になり、それらと向き合って乗り越える、又は宿命を受け入れるといった人生上の課題にいつか必ず行き当たることになるような全体構造、というふうに読み取れます。

その中で、総合的な本質を表す太陽は10ハウス牡牛座に在り、10天体の中では天頂にいちばん近い所に位置しています。1ハウスの支配星でもありますし、仕事・職場を表す6ハウスの入口と非常に良好な位置関係を強く結んでいます。この配置から、人生全般として、金銭、五感を満たす物、あるいは土地とか農地の所有・維持管理といったことに関わる仕事に長期的に取り組む生活を営み、それをご自身のアイデンティティとし、周囲からもそのように認識される運勢であろうということが想定されます。もしかしたら、そこには何か強い信念も伴っていらっしゃるかもしれません。
但し、この太陽は1ハウス獅子座に在る土星(及びアセンダント)、4ハウス蠍座に在る天王星(7ハウス支配星)との間で、強い葛藤や矛盾、困難を意味する複合的な配置を形成しています。
土星は自己完成にかかわる天体ですが、獅子座に位置した場合、本来のエネルギーが損傷し、やや弱った状態となります。そこに7ハウス(対人関係)と4ハウス(家族)に関わる天王星から横やりを入れられる配置となっており、「家族や周囲の人間から否定される」という形で人生の中に現れていた、と考えられます。身近な人たちからずっと認めてもらえないのですから、自信を持ちたくても自分の長所や美点など見当がつかないのは無理もないことと思いますし、心の傷も相当なものとお察しします…。土星の配置が意味するものは、これまでのこころさんの場合、身近な人間からのダメ出しを真面目な性格ゆえにまともに受け止めすぎてしまって弱りやすい自我のことかと思われます。しかも、アセンダントもこの複合的配置に関わっていますので、パッと見からして周りの人々にそういった真面目で物憂げ、あるいは地味な印象を与えていることが考えられ、もしかするとそういう部分でも損をされているかもしれません。

また、天王星の配置が意味するものは、情が濃く一体感を求める雰囲気が強い、あるいはアンダーグラウンドとか秘密主義といった色合いを帯びたような、いわゆる普通とは違った面がみられる「ルーツとなる居場所」、生育環境やご自身が築く家庭といったものです。天王星は蠍座に位置するとエネルギーが高まった状態になりますし、「風変わりなもの」「個性的」「独創性」「最先端」「変革」「宇宙」「電波」などといった意味を持ちますので、もしかするとそのような背景をもつご実家で、こころさんの控えめで常識的なお人柄がどこか否定されてしまうようなことがあるのでは、とも読み取れます。
先に述べたように、天王星は7ハウスの支配星ですし、7ハウス自体が他のハウスに比べて狭いので、結婚後の家庭生活が旧来の一般的な形には必ずしも囚われないものになる可能性もあります。これらと先に述べた社会生活が三つ巴となり、古き良きものを大切にしたい真面目な自我は居場所と社会生活との両方に葛藤や矛盾を抱え、居場所と社会生活との間には緊張とか衝突、あるいは足りない面を互いに補い合う関係性がある、という構造になっています。
とはいえ、土星のもつ性格は「勤勉さ」「謙虚さ」「常識」「責任感」「根気」「安定感」として人生をしっかりと支えてくれるもので、こころさんの立派な長所ですから、無理に変える必要は全然ありません。おそらくは大器晩成タイプの方で、年齢を重ね目標が達成されると、しだいに落ち着きと風格を備えた温かい包容力のある性格へと変わっていく可能性は十分ありえると思います。

また、太陽と並んで全般的な運勢の基礎となる月は、12ハウス蟹座に在り、本来備わったエネルギーを発揮しやすい位置にあります。感受性がたいへん豊かで、喜びや楽しみを満喫できる一方、ストレスも人より強く感じてしまう…というようなところがあるのではないでしょうか。この配置は、幼少期や感情、感受性、満ち欠けする変易性、母性といったものが、家族のような小さい共同体を背景に、世間から隠されたものや目に見えないもの、曖昧さといった性質を伴って表れることを意味しています。具体的なキーワードとしては、障害、秘密、潜在意識、奉仕活動、慈愛、同情心、等が考えられます。なお、「私生活や本心、内面が隠れる」という意味もあります。
こころさんの1ハウスの土星は現状では自我に対して抑制的に表れているとも読めますので、そのことと併せて考えると、今のところ12ハウスの月は、気の迷いや気の弱さ、流されやすさ、自分のなさとなって表れていると思われます。加えて、5ハウス射手座に位置する海王星とは、同じような高い感受性をもつ天体どうしながら「立ち位置的に共通要素が無いので共感はしにくいのだけれど、どこか気になって仕方ない」位置関係にありますので、結果として恋愛への気の迷いが生じ、こころさんご自身が「特に恋愛関係に臆病になってしまう」と感じていることと符合する部分があると思います。

MCは牡羊座にあり、10ハウスに太陽があることも併せると、家庭の外で働く可能性が高いと思われますが、太陽のある牡牛座、月のある蟹座は両方とも女性的な性格の星座ですし、先に述べた土星の性格もお持ちですので「言われたことに忠実に、地道に働く」というようなことになりやすいと思います。じつはこの感受点は前世からの課題を表すサウス・ノードと重なっており、対極の4ハウスの入口には前世から持ち越した良い因縁を表すノース・ノードがあります。輪廻転生という見方に立つとすれば、良き因縁で結ばれた人と共につくる家庭を基盤として、ときに人間関係等の困難を乗り越えながら社会活動を継続していくことを今生での課題としている、と見ることもできます。


ということで、既に恋愛・結婚に関するポイントがいくつか出てきていますので、まずはそちらから見ていきたいと思います。

【結婚の時期】
昨年5月から進行の月が出生の5ハウスを運行中で、今はまさしく恋愛への関心が強まる傾向の時期にいらっしゃるので、その先々を考えて、このようなご質問をいただいたのかな、と想像しております。
ある程度生きていれば、人には必ず人生上で重要な良い出来事――例えばライフワークや結婚など「一生ものの関係」につながる良い導きが起こりやすい時期がたまに巡ってまいります。
それは、進行の月が出生の太陽又は進行の太陽とたいへん良好な関係を結ぶ位置に巡ってくる時期のことなのですが、最も近い未来では2016711日頃~922日頃(特に効果が強まるのは723日頃~910日頃)がその期間となります。

この期間、同時に、一生ものの関係へとつながっていく出来事が起こる可能性が高いのではないかと思われる象徴的な天体の配置が3つ見られます。
●進行の太陽が出生の冥王星(3ハウス在室、4ハウスであまり表に出にくい状態になっている蠍座の支配星)とたいへん良好な関係の配置を形成しています。この配置は2014724日頃から2017910日頃の3年余りにわたって続いており、特に関係が強まるのは2015131日頃から201733日頃にかけてです。その間に、こころさんの人生の目的に対し、思考、精神活動、コミュニケーション、きょうだい、近距離旅行、家庭生活といったところから、非常に大きな変化の機会、もしくは宿命的な出来事による働きかけがあるものと思われます。冥王星のエネルギーを進行の太陽が受ける形となり、関係は良好ですので、力の表れ方は比較的スムーズとみられます。心身にそこまで大きな抵抗を感じることなく、その時期が過ぎて振り返ってみれば、全体的な人格や人生の目的がいつの間にか大きな変化を遂げていた…ということになりそうです。こころさんのチャート上、4ハウスの中に埋もれている蠍座は人生初期の段階では生かされにくい状態だったのですが、進行の太陽が蠍座の支配星である冥王星とこの良好な配置となることで、蠍座が生かされやすくなり、家庭などの「ルーツとなる居場所」に関する情報が改変されると読み取れます。すると、将来の結婚へも結びつきやすくなると考えられます。
10ハウスにある出生の太陽、進行の土星(出生チャートでは1ハウス、進行チャートでは2ハウスに在室)、進行の天王星(出生チャートでは4ハウス、進行チャートでは5ハウスに在室)の3天体によって形作られる配置です。この配置は2015716日頃から2018615日頃まで続きます。この位置関係から考えられることは、おそらく社会活動又は人生の目的(太陽)、自我又は仕事の収入(土星)、ご実家又は思い描く結婚後の家庭像、あるいは恋愛、趣味・娯楽(天王星)なのではないかと思うのですが、とにかく、その辺りの事柄どうしが互いに葛藤を起こすような時期であることを示している可能性が考えられます。
201679日頃~914日頃に、6ハウスを通過中の進行の月が出生のアセンダントと出生の木星(11ハウス在室、5ハウスの支配星、9ハウス(恋愛の運勢を示す金星と火星が在室)の副支配星)との間に宿命的なものを示す位置関係を結ぶ地点を通過します。これは、その時期、職業人としての立場から恋愛も含めた人生の理想・願望にどう折り合いをつけるか、といったところで、こころさんご自身ではコントロールしがたい要因によって、受け入れるしかなくなるようなことが起こる可能性を示している、と考えられます。もしかすると一時的に体調不良に見舞われる可能性もありますので、この時期は少し気を付けてみてください。
これらの配置が示す意味を考え合わせると、2016年の初秋までには「一生ものの関係」につながる条件について、まず人生の目的や社会生活の面からの整備が始まりそうな運勢と申し上げてよいかと思います。
ただ、ここまでの流れはまだ序章で、その後の展開への下地づくりにすぎないと思われるのです。

2016年半ば~20188月頃までは、こころさんの仕事の運勢を司る6ハウスを進行の月が通過するため、こころさんの関心が仕事に対して、通常の時期より強く向くようになると思われます。その状態のところに、経過の冥王星と進行の月が重なって出生の月と緊張関係の配置になったり、進行の月が出生の太陽と非常に良好な関係の位置に巡ってきたりします。よって、仕事上で何か精神的にすごくピリピリするような時期があったり、新規契約や開店、昇進・抜擢・異動といった仕事における「一生ものの関係」が生じるきっかけになる出来事が起きたりするような、動きのある運勢になる可能性があるとみられるのです。その運気の流れが落ち着くまでは、しばらく様子を見ながら、じっくりとご自身の本心を確かめ、結婚に向けての覚悟を固めていかれる方が良いかと思います。

そして、いよいよこの後、2018年夏から3年半にかけて、愛情や結婚に関連する天体どうしが、次々に良好な配置を形成していきます。以下、順に並べてみます。
    進行の月が7ハウスに在室:2018830日~202041
興味関心が対人関係、結婚、契約等に向きやすい期間です。
    経過の木星が出生の金星と非常に良好な位置関係:2018129日~1222日(特に効果が強まるのは1211日~1220日)
愛情、娯楽等に非常に良い運が巡ってくる期間です。しかも経過の木星(金星がある9ハウスの副支配星)は自らが支配する5ハウスに来ていますので、恋愛関係の意味合いがたいへん強いものと思われます。
    進行の月が進行の太陽と非常に良好な位置関係:2019422日~716日(特に効果が強まるのは57日~71日)
「一生ものの関係」への良き導きがある期間です。進行の月は7ハウスに来ていますので、結婚につながる何らかの出来事に遭遇する可能性があります。
    経過の木星が出生の太陽と非常に良好な位置関係:20191217日~1229日(特に効果が強まるのは1220日~1227日)
人生全般へ非常に良い運が巡ってくる期間です。経過の木星は6ハウスの入口に来ていますので、仕事や職場に関する何らかの好転があるかもしれません。
    経過の木星が7ハウスに在室:202118日~2021420日、2021824日~1210日(うち824日~1018日は天体逆行期間)
対人関係、結婚、契約等に何かと幸運が巡ってきやすい期間です。

なんと! これだけ多くの配置が、畳みかけるように連続して形成されていきます。
それに、そもそも①の始まりは、先に述べた「六芒星の一点欠け」を埋める位置に月が巡ってくることです。これをきっかけに、結婚に向けた宿命的な運勢が動き出し、出来事がスムーズな形で連鎖していく可能性は十分高いものと思われ、実際にご結婚されるとしたら⑤の期間である可能性が最も高いように思います。
この時期、結婚への障壁になりそうなのは、外的な条件よりもむしろ、こころさんとお相手の方の内面の問題かと思われます。20184月~20215月頃は進行の太陽が出生の海王星と正面から向き合う配置となり、内面や運勢の不安定さがいつもよりも増す暗示があります。この期間、こころさんご自身、そしてお相手の方が、各自の内面にある優柔不断さや心の弱さと向き合い、恋人関係からのステージアップを強く決意し、自ら選択していくことが必要になるのではないかと思います。
ですから、今年とか来年でなくて少しガッカリかもしれませんが、あと3年、20188月までは「結婚するつもりで、仕事と家庭生活との折り合いに関心を向けながら、人生の目的を見直して整理していく時間」とお考えになることをお勧めしたいと思います。
また、念のため申し添えますと、良き導きのある期間に、何故か物事や人間関係が壊れるといったことがあるかもしれません。しかし、それは大局的な観点から、先々に用意されている良い流れに乗るためにはそのタイミングで終わらせておいた方がよいということもあるからですので、悲観的になったり無理に繋ぎ止めようとしたりすることはなさらない方がよいかと思います。

では、次のご質問に移ります。

【自分に自信を持つためには何が必要か。人間関係(特に恋愛)に臆病な自分に何かアドバイスがあればお願いします。】
    女性としての魅力を磨きましょう。
出生の金星は牡羊座で逆行しており、傷ついた土星の自我と併せて考えると、ご自身の魅力への自信のなさや、愛情に関しての積極的な行動がとりにくい、といったことにつながっていると思われます。ファッションやお化粧について、美的なセンスのある方に相談なさって、女性としての魅力をご自分でも納得できるくらいに磨いてみてはいかがでしょうか。美容師さんにお任せして似合う髪型にしてもらうとか、美容部員さんにお化粧の相談、お洒落と評判のご友人に服のコーディネートの相談をなさるのも良いでしょうし、専門家によるパーソナルカラー診断や骨格によるファッション診断も役立つかと思います。余談ですが、私も以前、パーソナルカラーリストの方に個人診断をお願いしたことがあり、それ以降、自分の顔かたち・雰囲気に合った服装とお化粧をするようになったら、「なんだか前より垢抜けたね」と周りからも好評で、自信もつきました。自分で自分に対して抱くイメージと服飾へのセンス・知識に長けた人の見立ては異なる場合もよくありますので、上に挙げたようなことを是非お試しになって、生まれ持った女性としての魅力を大きく花開かせてあげてください。

    神経を緩めて「和みモード」になれるものを持ちましょう。
こころさんのホロスコープの特徴として、ご自身ではコントロールしがたいものを表す複合的な天体配置が2つあることが挙げられます。その両方に関わるのが5ハウス海王星と10ハウス水星の「立ち位置的に共通要素が無いので共感はしにくいのだけれど、どこか気になって仕方ない」位置関係です。以下、(1)(2)でそれぞれ説明いたします。
(1)  この2者間では海王星のエネルギーを水星が受けて働くということになるのですが、水星が支配している3ハウス(思考・精神活動、コミュニケーション、初等教育などを表す)には天秤座のところに冥王星があり、水星と前述の「どこか気になって仕方ない」位置関係を結んでいます。つまり、10ハウスの水星は3ハウス天秤座冥王星と5ハウス射手座海王星の両方からエネルギーを注がれることとなり、社会活動と恋愛関係・パートナーシップの板挟みの中、まとまらない思考を延々と繰り返すようなことになってしまう可能性があるのです。冥王星には徹底的とか白黒はっきりつけたがるといった性質がありますので、明確な答えが出るまでは膠着状態になってしまいやすいのです。
(2)  5ハウス海王星と10ハウス水星、12ハウス月(冥王星とは葛藤の位置関係)との間にも同じく「どこか気になって仕方ない」性質の位置関係が形成されています。こちらの場合は月が海王星と水星、さらに冥王星からのエネルギーを受けることとなり、恋愛について気の迷いが尽きないにも関わらず、社会的な立場からもさらに考えすぎることになってしまう可能性が考えられます。
以上のことから、こころさんは人生全般に対してもですが、特に恋愛に関して、神経が擦り切れるほどに考えすぎた結果、もしかすると欝々とした表情になったり、発する言葉がときに刺々しくなってしまったりというところがおありではありませんか? 他人の責任範囲のこと、過去のこと等、考えても仕方のないことは沢山あります。お気楽で力みの抜ける「和みモード」の状態になれるものを手元に置いておいて、不毛な思考のドツボにはまりそうになったら使ってみるのもいいかもしれません。他人の言うことを真に受けて、そんなに悩まなくてもいいのです。お笑い・演芸関係やお好きな趣味の書籍・DVD、マッサージ用品やヒーリングBGM等の癒しグッズ、ゆるキャラグッズなど、おすすめです。

    家で過ごす独りの時間をどうぞ大切になさってください。
月が12ハウスに在室していますので、人より繊細で敏感な感受性をお持ちかと思います。ついつい本心や私生活を隠してしまうようなところもあるのではないでしょうか。そんなこころさんには、人の影響から離れて緊張を解いて、心静かになれる環境でご自分の本心を確かめる時間と経験を積み重ねることが、自信を持つためには最も必要と思われます。
こころさんの今回の人生の学びで重要なのは、ご自分をあるがままでよいと肯定できること、自分を大切に思えるようになること、自分を愛することなのではないでしょうか。この世に生まれてきたということ自体、世界や宇宙や、神様みたいな大いなる存在が愛してくださっているし、既に存在を認められているということなのです。
それが腑に落ちるまで、快適な空間でリラックスする時間を一日一回はご自身に与えてあげてください。意識化・習慣化できるように、毎日の予定としてあらかじめスケジュールに組んでしまうくらいの方が良いかと思います。本心を解き放つのが目的ですから、どうぞご自分に正直になって、人には言えないようなこともどんどん口に出したり書き出したりしてOKです。感情エネルギーは溜まると身体症状や情緒不安定の原因にもなりますから、できるだけ小まめに身体の外に出してあげましょう。睡眠時間を長めに確保して神経を休ませることも大切です。要するに、人に頼らずとも心の安定を保てるような生活習慣をつくるのです。そうすれば、心身の健康を保って日常生活を元気にこなすことが出来ますし、次第に「他人の言うことに振り回されないで、ご自身の本心に基づいて考え、行動する状態」=自分に自信を持った状態 へと変わっていけることと思います。
こころさんの月のサビアンシンボルは「雌鳥が雛の餌を見つけるために土をほじくっている」。希望を実現させるために適した手段を探す、という意味があります。ご自分の本心を確かめる中で、もし心からやりたいことが出てきたら、たとえ100%でなくても実生活の中で実現させる方法をご自身で考えて、実行してみてください。これは社会活動と家庭生活・パートナーシップとの折り合いをつける方法を考える際にも有効かと思います。
併せて、こころさんの月が持つ本心を大切にし、自分を許し愛することは、それだけで幸せに近づけますし、恋愛・パートナーシップにおける男性との関係性を好転させ、パートナーになり得る人との縁を得やすくなることにもつながっていくのではないか、ということを付け加えたいと思います。

    過去の失敗や精神的な痛手の記憶が、自信を持つことへの妨げになると感じられるのであれば、クリーニングをしましょう。
意識のクリーニングには様々な技法がありますが、なかでもホ・オポノポノは日常生活に取り入れやすく、師匠のZEPHYR先生も推奨しています。「ありがとう」「ごめんなさい」「許してください」「愛しています」というシンプルな4つの言葉を唱えることと、青いガラス瓶があれば作れるブルーソーラーウォーターを飲むこと、この2つだけで十分可能ですので。意識の中のマイナスなエネルギーの蓄積をお掃除してゼロに戻すと同時に、心をやわらげ、ありのままの自分、ありのままの他人、ありのままの世界と調和し、本来のエネルギーを生かしやすい体質に変えていく効果があります。但し、焦って必死になってやると効果が出にくいので、毎日少しずつ気楽に続けてみてください。

    もし親御さん、特にお父様との関係が良くないのであれば、関係改善に向けて行動しましょう。
お父様を表す太陽が、こころさんの自我を表す1ハウスの土星と葛藤・困難を表す位置関係にありますので、お父様との関係がすんなりといかないのではないかという感じがいたします。そういう状態ですと、人生全般にも事がスムーズに運びにくいとか、結婚生活では(太陽は夫のことも表しますので)夫との関係が良くないということにつながっていきます。お父様との関係の改善は、人生全般の運勢向上に役立ちますので、ぜひお勧めします。もし会うことが既に叶わない状況にあるとしても、心の中で、今現在の大人となったこころさんとしての視点から、もう一度、お父様の人生をたどってみましょう。そのとき、今まで持ってこられた「こうあらねば」的理想論は脇に置いて、感性を開いてお父様の心情を追っていってみてください。12ハウスの月と太陽は良好な位置関係にありますので、その方がお父様のことを理解しやすいのではないかと思います。それをなさると、人生やパートナーに求めるものへの新たな視点が得られ、こころさんの人生にとって有用なものとなると思われます。

    もし余裕があれば、メンタルヘルス関係のことを勉強なさってみてはいかがでしょうか。
これは、先に述べた冥王星を逆手にとって生かすための手段にもなり得ると思われます。冥王星と9ハウス魚座火星との間にある位置関係を「容赦のない動機付け」という意味で使うことができる可能性があり、いざ取り掛かってみれば意欲がどんどん湧いてくるのではないでしょうか。ご自身が自信を持ちづらかった理由と解決策、部下や後輩の育成、パートナーシップ、子育て等の人間関係全般の改善をカバーできるものでもあります。ときには耳が痛いと感じられるようなこともあると思いますが、今後へと大いに役立つ知識が得られるはずです。書店や図書館に行けば易しい入門書がいろいろとありますので、機会があったらご覧いただけると良いと思います。

自信とは、他人から何と言われようと、ときには具体的な根拠すらなくても、自分が「私は大丈夫」「私はこれでいい」と思えれば持てるものです。その基盤となるのは幼少期に適切な愛情を十分感じて育つことですが、その辺りの運勢が厳しい状態ですと、どうしても自信を持ちにくいまま大人になる場合が多いかと思います。こころさんの出生チャートでは1ハウスが平均的な幅よりも狭く、獅子座の中にすっぽり収まっていますので、幼児扱いで可愛がってもらえる時期が何らかの理由で世間の平均より短かったのではないかと推測され、ここからも自信を持ちにくい運勢であることが伺えます。
でも、どうかご心配なく。人は何歳からでも気づいてやり直すことができます。何歳からでも成長することができます。
ホロスコープが示す運勢は、絶対的なものではなく、あくまでも「このような可能性が高いですよ」というものにすぎません。厳しい運勢を示す配置も、人生にずっと表れるものとは限らず、現実のものとして一度表れて消化してしまえば、その後はもう同じことを繰り返すことはありません。
ですから、人生経験を順当に積み、経験からその都度教訓を学んで身につけていれば、年を重ねるにつれて、厳しい運勢に対する耐性ができ、いくらかは生きやすくなってくるはずなのです。
それに、努力やつらい局面を乗り越えた経験は必ず、人生のどこかで役に立つと思います。天体配置が示す厳しい運勢でさえも、心構えと努力次第で乗りこなしていくことは可能であると、私は信じています。

では最後に、こころさんの太陽のサビアンシンボルについてご説明します。
「開いた墓での未亡人」
未亡人になるという意味ではありませんので、ご心配なく。そういうことではなく、「古い束縛から解放されて、自分の足でより大きな可能性に向かって歩きだす」ということを意味します。これが、こころさんの人生全体のテーマを表しています。ここまで長く綴ってきた内容が、この一言に凝縮されているような気がいたします。
ホロスコープのチャートはその人が思い描いた今回の人生のプランニングです。おそらく、幼いころから否定され続けるという苦しい経験や、それによって自信が育まれないまま現在の年齢まできたことさえも、崇高で勇敢な魂が選んだことで、その過程を経ること自体に大きな意味があったはずです。神様のような大いなる存在は、そんなこころさんのことをきっといとおしく思ってくださっていることでしょう。そして、7ハウスの天体が欠けた状態の出生チャートは、そこを埋め合わせることで、人生をより完全な状態に導くためのご自身の魂の計画で、きっと、あなたにふさわしいパートナーがこの先に待っています。その方と結ばれることで、この先の人生に大きな喜びを得られるのではないかと思います。
どうか、これまで縛られて不自由な思いをしてきた様々なものから解放され、ご自身の意志で向かいたい方向へと歩んでいかれますように。


鑑定文は以上になります。
今回はこのような貴重な機会を頂き、誠にありがとうございました。

こころさんの今後のお幸せを、心よりお祈りしております。


・・・・・・・・

すずらんセレスさんの鑑定は以上です。

こころ様、何かご不明な点などございましたら、遠慮なくZEPHYRのほうへメールでお問い合わせくださいね。
またブログ上で回答いたしますので。
お待ちしております。


★★★★★★★★

0 件のコメント:

コメントを投稿