ご訪問ありがとうございます。
amebaのZEPHYRの後継ブログです。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2015年9月25日金曜日

粛々と

次の満月が近づいている……

そして私にとって、結構大きな山となる月まわりがやってきました。

27年前の同時期は、精神的にどん底に落ちた時期でもあります。

今回は同じようなことが起きるとは思えないのですが、すでにいくつか兆候があります。

それらはそう悪いようなことではなく、家や家族に関しての整理・調整・快癒などに関しています。

今の段階でこの期間中に確定的に起こること、行われることが、そういった面で二つある。

が、果たしてこの程度のことで終わるのか?

そこへもってきて、この満月。

同じような配置はめったに生じない。
やや近いものは2013年3月や2012年3月にありましたが、今回ほど影響が大きそうな満月ではない。

インパクトから言えば、2011年9月末の新月か、2012年6月の新月くらいか?

2011年9月といえば、そのころ何があったとか、あまり明瞭な記憶がないのですが。

しかし、その年の9月といえば、のちに講座の生徒さんとなる空さんが、わざわざ岡山にまで鑑定に来てくださったり。

自分の周囲にいろいろと変化の兆しが見え始めていたころだったかもしれない。

2012年6月の新月では、その数日後に父が他界……。


ま、人の生死がチャートに結論として出るような話ではありません。

たんに流れの中で何があったかということですが。

とにかくそろそろ、これから、非常に密度の高い3カ月ほどになりそうです。

しかし、27年前の出来事のリプレイにはならずに済みそう……いや、そうであってほしい……そうならないかな……(笑)。

同じことを延々と繰り返すのが人間ではなかろうし。

粛々と日常を生き、なすべきことをなし。

次の準備を整えていきたい。

何があっても受け止めて。

ただできることを。



0 件のコメント:

コメントを投稿