ご訪問ありがとうございます。
amebaのZEPHYRの後継ブログです。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2015年9月4日金曜日

自分を見つめる月

満月の影響なのか。

いや、そうなのだろう。

このところ不安定になっている人をよく見かけます。

多くの場合はメンタルなもの。

世間的にも、組織の分裂というのがこの満月が近づいたあたりから顕著になりましたが、これらは明らかに満月の傾向が顕著に出ているもの。

でも、個人においては内面的な葛藤や混沌として発生していることが多いように思う。


焦り、不安。

感情としてはそのようなものが強いように感じる。

そして、それが拡大していく感じ。


実は自分も、このところそういった傾向があります。

私はわりと自分の中的には整然としていて、
(ま、部屋とか散らしていることはよくあるけど)f^_^;

あまりこのような意味もない混沌に見舞われることはありません。

さしたる理由もないのに不安。
自分に自信が持てない。
先のことが思いやられる。

でも、じつはそこにはちゃんとした理由があるし、なぜ自分が揺れているのか、本当は自分の中を見つめなくちゃいけない。

感情というのは、理屈ではない、といいます。
よく言われます。

でも、じつは心の中を細分化して冷静に見つめれば、感情というもののうねりの中には、無数の思考の断片があります。

その思考がもやっと固まったものが感情。

あまりにも微細すぎて、その一つ一つを見定めるということは、意識しないと難しい。

ただ感情に流されるだけ。
感情の波を浴びるだけ。

でも、そこにあるのは無数の思考の集積。

それは私たちを不安にさせたり、焦らせたりしている。

それを一つ一つ拾いだして、掌にすくい取ってみましょうか。

そして空に解き放つ。

家の中をお掃除するみたいに。



この月は浄化としても強く働くはず。

自分を見つめる月にしましょう。



0 件のコメント:

コメントを投稿