ご訪問ありがとうございます。
こちらはZEPHYRのメインサイトです。
amebaのZEPHYRとは姉妹ブログになっております。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2018年10月9日火曜日

四季のSong&Danceに感激

先日、岡山で劇団四季の「Song&Dance」が上演されたので、観に行きました。
四季は創立65周年だそうです。

65年間も、日本の演劇界を引っ張ってこられた。
創設メンバーの浅利慶太さんも他界されましたが、現在においても日本の商業演劇では代表的な存在。



私はショー的なものはあまり好きではなくて、宝塚とかでもお話の後のやつは、もう一つなんです。いや、素晴らしいんですけど、「筋」がないのはどうも……
という感じなのです。

それでも、この四季の「Song&Dance」は至る所で「すげえな」と感心させられるものでした。
過去の上演作の中から、いろんなシーンを断片的に歌と踊りでつないでいくのですが、そのわずかなシーンでさえ、ちゃんと皆さん役作りをされている。
端々まで。

それに、きわめて当たり前ですが、歌も踊りも、本当にうまい人たちばかりなので、もう圧巻。

しびれたのは「オペラ座の怪人」のワンシーンで、照明の当たり具合でミラーにもなるし透けても見えるついたてが縦横無尽に動き、まるで迷宮の中にヒロインがいるよう。
ファントムも幻影のよう。

いやー、いいもの見せていただきました。


ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

0 件のコメント:

コメントを投稿