ご訪問ありがとうございます。
こちらはZEPHYRのメインサイトです。
amebaのZEPHYRとは姉妹ブログになっております。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2018年10月3日水曜日

災害にいろいろと思う

このところの風水害で、周辺の道路のあちこちで破損が目立ちます。
この中には長い年月の中で、というものもあるのですが、川を渡る橋に穴があいている、なんていうのはしゃれにならないですよね。(笑)
アスファルトに、ぽっかり穴があいて、下の流れが見えているのです。

また川沿いの道路が、流れでどんどんえぐられてきているとか。

どうやら、これらの補修工事をやってもらえることになったようです。
(市の管轄)

不安要因が、多少は減ります。

正直、道路が(車で)通行できるかどうかというのが、限界集落の生命線なのです。
ほかに公共交通機関はいっさいなく、個人でタクシーを呼ぶくらいしかできません。

我が家の周辺の補修は、どうやら明日、取りかかってもらえるようです。
明日で終わるのかな? 
重大なものではないので。

しかし、川沿いの道路の補修とかは、少し後になる様子。

台風25号が近づく前に、我が家周辺の補修がされるだけでも少し安心なのですが。
間に合うのか?


ある地域の災害というのは、その地域の集合的なホロスコープ傾向が生み出していきます(やや誤解を招く言い方ですが、そういったほうがわかりやすい)。

いうなれば「災害因子」的な特徴を持ち、その時期に顕著な傾向が出ていれば、個人でも注意しておいた方がいい。

岡山に住み、3.11に直接の被害を受けなかった私でさえ、その出来事はチャートに表現されていました。
その当時やっていた仕事との関連で、モロの打撃ではありませんしたが、やはり出ていた。


そのアスペクトの元凶が、海王星ですから。
海王星=海=津波

また海王星は、天王星や冥王星とともに、地震に関係する天体です。

そのような観点で見たとき(つまり自分中心で見たとき)。
まだ今後の日本も安心はできません。

次の春分図も。
今の日食図も。


ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

0 件のコメント:

コメントを投稿