ご訪問ありがとうございます。
こちらはZEPHYRのメインサイトです。
amebaのZEPHYRとは姉妹ブログになっております。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2018年10月1日月曜日

ようやく一夜明け

昨夜は、祈りの呼びかけをさせていただきましたところ、多くの方が参加してくださったみたいで、本当にありがとうございました。
感謝しかございません。

前回大きな被害を出した真備町の小田川を含む高梁川水系が、氾濫危険水位に達したのですが、どうやら水位は下がったようです。
地元のニュースをチェックしてみましたが、交通網の麻痺、道路の崩落などはあったようですが、大きな二次災害は発生しなかったようで、胸をなで下ろしております。

前にブログで触れておりましたが、昨日は村の氏神様の「山村神社」の秋の大祭でした。
どうかな~と迷うところでしたが、すでに準備は進められていて、日を変えると宮司さんもほかの神社のご用や個人的なスケジュールもあり……

それにお祭りといっても、拝殿内でご神事を行い、その後、みんなでお弁当を食べるだけです。基本、屋内です。
神社自体はとても安全な土地にあるので、予定通り執り行うことにしました。
午前中は時折、雨が強くなるときがありましたが、まだたいした風雨ではありませんでしたし。
もし荒れるようなら、ご神事を行った後、すぐ解散でも良いかとも思っていました。

ご神事は厳かな空気の中、粛々と進められました。

ああ、ご神気が満ちているなあ、と感じました。


これは祭典が終わった瞬間もので、本殿の御扉も閉じられております。

この後、ほっかほっか亭のお弁当を皆さんでいただきました。
解散後、風雨はにわかに強まりました。

帰宅後、家の周囲を見て回り、水の流れなどをチェックしました。
(川ではなく、道路の上を流れる水)

そうして自宅で仕事をしていると、スマートフォンがけたたましく鳴り出しました。
警戒情報です。

山あいにある自宅の頭上を吹く風の音も強くなり、雨も激しくなっていました。
道路のチェックに行くと、道路が川みたいになっていました。

幸いだったのは、日曜だったので娘は休み、奥さんもJRが止まるので来るまで出勤したのですが、帰宅命令が出てすでに帰っていました。
女性二人は家にいる。
息子のみ、ホテルの仕事……

その息子も夜中に戻ってきました。
(この夜道が一番心配。倒木や土砂崩れなどあれば、帰れなくなることもある)

無事、一夜を明かしました。

ニュースを見ておりますと、各地で被害が……

もーええわ。
今年、もうええ。

これだけ続くと、さすがに……
もうやめてほしいという感じですね。




ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

0 件のコメント:

コメントを投稿