ご訪問ありがとうございます。
こちらはZEPHYRのメインサイトです。
amebaのZEPHYRとは姉妹ブログになっております。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2018年10月11日木曜日

体重計とのバランスの中で

先日、久々に体重63㎏ジャスト!
となり喜んでおりました。

今年、いろいろあって早朝ジョギングがうまくできない時期があり、体重が増えていたのです。
人間、食べれば食べるほど身になるのも当然で、私の場合、ワインもねえ……とくに白が糖質がありますので。

しかも、どうしても炭水化物(糖に結びつきやすい)が大好きで、ついついくぐってしまうんですよね。
ラーメン屋さんの暖簾を。

かたやまの中華蕎麦。


いつぞや発見し、その後、岡山市街へ引っ越し、なかなか行けないうちに、倉敷市に支店が出て、家族と行きましたが、岡山の本店にも行ってみました。
いや、正統派というのか、ちょっと懐かしい感じの濃い味。


この二枚のかまぼこが泣かせるんですよね。


私の勝手なランキングでは、山富士が№1なのですが、地元の児島地区では、幸楽がやはり一番。全体ランキングでも№2。
この二つのお店は、全国で評判のラーメンを食べても揺るぎません。



とってもシンプルなのですが、なんか優しいうまみがたっぷりなのです。
かたやまもおいしいのですが、じゃ、毎日食べられるかというと、それはちょっと厳しいかも。
でも、幸楽は毎日食べられるかも、というような感じ。

お近くの香川県、讃岐うどんが有名ですよね。
前に丸亀で仕事をしたことがあるのですが、勤め人はたいていお昼はうどんという話を聞きました。
うどんて、すごく構成がシンプルなのですが、毎日食べてもあんまり飽きないと思うのです。地域性もあると思いますが。

幸楽の中華蕎麦って、なんかそういうスタンダードな良さがあって、飽きが来ないんですよ。
そして、満足感も大きい。




ちなみに、この幸楽へは私の母、娘、息子と四人で行きました。
高齢になるうちの母も、ここの中華蕎麦は大好き。

みんな、大好き。

そして頼むのは、息子が「チャーシュー麺の大盛り」で私たちが普通の中華蕎麦。
大盛りの蕎麦って、どんぶりもでかい。
二玉入ってます。
それのチャーシュー麺。

そして、うちの母は年なので小食。
たいてい息子にいくらか取ってもらっているのです。

つまり大盛り+αで食べるのです、息子は。

ところが先日は、私が食べ終わった頃に……

「替え玉してもいいかな」とささやいてくる。

は?
大盛りじゃなかった? おばあちゃんのもいくらか食べたよね?
それでまだもうひと玉行く?

もちろん、「いいよ」とはいいましたが。

やってきた替え玉を嬉々として食するのを、私、娘、母が、ややぽかーんとして見てしまいました。

朝抜きで早い仕事に行き(夕食が夜遅くになることが多く、それで朝がかなり早いので、さすがに食べないこともある)、その合間のお昼ご飯だからわからんでもないけれど……

それでは、さすがに痩せられんわな!(笑)


image

これはつい最近、「くら寿司」のサイドメニューのラーメンにチャレンジしたものです。
くら寿司のサイドメニューがうまいとか、ラーメンが本格的とか、いろいろ情報を耳にすることがあったのですが、がっつり寿司を食べるような状況でないときに、一度は試してみようと思い、注文。

ごらんのように、麺が結構太い。
うどんとまではいいませんが、私の感覚では完全に太麺に分類されます。

魚介のだしがしっかり効いていて、なかなか……

うん、しかし個人の感想ですが、やはり専門店のそれとは違うなと。
ま、当たり前。
回転寿司で出されるものですから、それでいえば、結構すごいなと思いました。


こんなレポばかりUPしていると、
そんなんじゃ、おまえも痩せないだろ
とか突っ込まれそうなのですが、冒頭でも申し上げたように、今、徐々に体重を落とせています。
もちろん、毎日ラーメンばかり食べていませんし。


これは、先日、自作したアボガドとトマトとマグロのサラダ。
なんてことはない、食材をぶつ切りにして、できあいのS&Bのパウダーとオリーブオイルであえるだけ!なんですけどね。



超カンタン!
料理と言えるほどのものでもないですが、こういうのをワインのおつまみなどにするように心がけています。
S&Bのパウダーは、本来、アボガドとトマトだけで作るような量なので、マグロなんか混ぜるとちょっと味が薄くなる?

なので、黒こしょうなんか、後で追加しています。

今日は大学でした。
大学の後は、やはり相当なカロリーを消費しているのですが、ここ2日ほどのオーバー気味の食物摂取がどこまで戻せるか?


とりあえず、やっぱり体重計に乗らないと、こういう努力もできないゼファーであります。


ぽちっとお願いいたします。(^人^)
      ↓

0 件のコメント:

コメントを投稿