ご訪問ありがとうございます。
amebaのZEPHYRの後継ブログです。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2016年3月29日火曜日

ルミネセンツァのランチ

つい先日、日ごろの感謝を込めて、奥さんと一緒に総社のオステリア・ラ・ルミネセンツァを再訪しました。

というのも、昨年の秋、本当に久しぶりにお店に行ってみると、ご主人が体の調子を崩され、長く休業されていたというお話を聞いていたからです。

ここはちょっと応援したい。
(ので、仕事などでも使ったりします)




いつもの美しいプレートにちりばめられた、オードブルたちよ~♪

それぞれが手が込んでいて、しかも全体がきれいです。


白バイ貝、でかい(゚д゚)

こんなに大きいの、見たことがありません。
バイ貝って、もっと小さいのしか見たことがない。


お魚も二種、アジと鰆か…と思ったのですが、自信がありません。

あさく炙ってあり、お野菜とドレッシングのほのかな味と香りで楽しめます。

他にも大きなホタテ、エビなど。



スモークサーモンのクリームソースのパスタ。

ソースがやはり素晴らしい。

そしてこれ、やはりただのサーモンじゃなく、スモークだからこそのパスタとのマッチングがあるんですよね。

パンでソースをきれいにお掃除したくなっちゃいます。



もう一品のパスタは、春野菜とパンチェッタのオイルソースのパスタ。

いや~、菜の花とパンチェッタがいいアクセントで、クリームソースが優しい味なら、こちらは力強い味。

パスタ自体の出来の良さも、本当に変わらない。



桜と松の実のパンとバケット、そしていつものサラダ。




メインもたくさんチョイスの余地があったのですが、魚はアンコウを選びました。

桜ソースのアンチョビバターがまわりにあり、うず高く積み上げられておりますが、なんと!


ででーん!

なんと分厚いアン肝が。

このアン肝、まったく癖もいやな匂いもなく、すんなり食べられます。

上に載っていたボタンエビもぷりっぷりです。


お肉のほうはオリーブ牛のモモ肉。

なんと、黒ゴマのソースです。

オリーブ牛は、たぶん香川県の小豆島産でしょうね。

名産のオリーブを使った養殖ハマチとか、最近、よく耳にするようになりました。

しかし、牛は初めて。

私は脂ぎっていないモモ肉が好きなんですが、これはしっかりとした肉のうまみがありましたし、その一方でなにか普通のモモ肉よりもさらに、あっさりと言ったら変ですが、そんな感じなのです。


さつまいもとカスタードのタルトとプリンのマンゴーソース。

サツマイモらしい甘い味わいと軽いカスタードがミックスされたタルトはお茶のおともに最高です。

プリンのマンゴソースが口を清涼感で満たしてくれます。


来た来た。

やってきました。彼が。



私たちの愛を込めたニックネーム。

ゲロゲロ君。



いや~、最っ高のランチでした。

皆さんも是非、繊細で素材が生かされたイタリアン、ご賞味くださいね。

オステリア・ラ・ルミネセンツァ
 住所: 〒719-1132岡山県総社市三輪1065-7
 電話: 0866-92-4239





2 件のコメント:

  1. 昼からワイン飲みながら食べたい

    返信削除
  2. す、すみません(汗)

    奥さんといった時には運転を任せ、私は白ワインをいただいちゃいました。

    返信削除