ご訪問ありがとうございます。
amebaのZEPHYRの姉妹ブログです。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2016年3月9日水曜日

新月の雨に想う

新月なのであります。

岡山では雨が降っております。


昨日、奥さんはお休みだったのですが、勤め先の同僚の方からお父様がご逝去されたとの訃報が。

もうすでにずっと闘病生活で、そのご同僚の女性は、お父様のお世話でかなり大変な思いをなさってきたのですが、このところご病状も思わしくなく、それらしいお話をお医者様から聞かされていたようで、もうすでにお覚悟はあったようですが……

思いもかけぬほど急転なさいました。

ご冥福を心からお祈りしたいです。


このところ個人的に訃報をよく耳にします。

昨年秋くらいからですが、ご家族やかわいがっていたペットの他界など、悲しみのお知らせをよく受けます。


2012年、私も父を見送りました。

それ以来、時々ですが、父の夢を見るようになりました。
むろん生前はそんなこと、記憶にある限り一度もありません。

亡くなって間もないころは父が少しずつ浄化されていくのではないかと推察されるような…そのために過去、我が家で亡くなった曾祖父母や祖父母などもそれに参加して助けているような…。

一番、最近見た夢では、なんか父は私に「もうお前には頼まん!」とか不平を漏らしていました(笑)

とりあえず好きだったお酒を仏壇に上げていたのですが、その後、墓掃除に行きますと、卒塔婆を立てているあたりが荒れてたので、それだったのかな…とか。
(霊的に鈍感人間なので、親父、スマン)

亡くなる前の数年は、もうあまり人間らしい感情のやり取りもできにくくなっていたのですが、亡くなってからそこが解消したかのような気もします。


霊能力を持たれている方とか、純粋な子供とか、普通にそういった存在が見えるというご報告もよく聞きます。

どう考えても自分のことを思いながら亡くなったとしか思えないその人が、そばに来て泣いているのが見えるとか。

犬や猫でも、かわいがっていた子は、ちゃんと主人のそばに、想えば来るようです。

占星術で検証しても、そのペットはまるで結婚するような運勢で自分のもとを訪れている、というようなことも確認できることがあります。
特別なペットというのもいるのですね。


霊魂があるとかないとかいうのは、もう手垢どころかカビの生えるような議論なのですが、自分の目で見ないことには頑として信じない方もいらっしゃいます。

べつにそれは、今回の人生ではリアリストとして生き、それでないと感じられない世界観があるからそのような計画をなさっているので、それはそれでいいんです。

私も自分の目では何も見えない人です。
が、多くの事例には遭遇していて、いわゆる魂と呼ばれるものはあると信じていますし、それがないかもと疑ったこともありません。

普通の感覚でそこにあるものと認識しています。



生きている人間同士で、意識が繋がることがあります。

別にスマホで話しているわけでもないし、コードでつながっているわけでもない。

ですが、なんとなくその人のことがわかったり、気持ちが伝わってくるということが、私たちには当たり前にあります。

生きている人間同士なら、同時に同じことを考えたり、離れた場所で同じ行動をとっていたりすることを、「不思議だねー」と言いながら、それでも受け入れているものです。

皮膚感覚のようなものでは、人は肉体だけの存在だけではなく、それ以外でもつながりあえるということを、本能的にわかっています。

あきらかにそれは肉体や物質の作用ではないことがはっきりしている。

ではなぜ、死後、肉体以外の存在としての意識や魂がないと言えるのか、むしろそちらの方が不思議だったりします。


生前ですらそうだったのですから、肉体という枷が外れたなら、こちらの思うことはもっとストレートに伝わるのではないか、とさえ思えます。

話せばわかってくれるし、想えば伝わる。

私はそう信じているし、そのほうが人生やこの世界が楽しいと思えるのであります。

少なくとも失われたらそこですべてゼロになる世界よりも。



8 件のコメント:

  1. 全くの同感です!
    私も霊的鈍感人間で、中古品購入時は奥さんに観てもらうくらいですが(奥さんは見えないけど、うっすら感じるらしい��)、常々なぜ人間は、こんなにも肉体と物質に振り回されて生きて行くのか不思議でした。
    でも今が、そういう世界を生きていく時期なんだという気がしています。
    あの世この世とかじゃなくて、意識だけの世界というものが存在すると感じてます。

    返信削除
    返信
    1. 共感くださいまして、うれしいです。
      これからはきっと、肉体と精神、物質と意識のかかわりが計名されてくるんじゃないかな~などと愚考いたしまする。

      そういう奥さんがいらっしゃるというのはいいですね!
      そういうときは私は自分でタロットを引かねばなりません(笑)

      削除
  2. 10年前にひょんなことから我が家に来た猫は、母の大運の変わり目にやってきて、20年、やはり大運が変わって天国へ行きました。名実ともに??母の猫でしたよ。

    返信削除
    返信
    1. 大運の変わり目に来て、また変わり目に…
      不思議な猫ちゃんですね。
      きっとお母様にとって、特別な意味があったのだと思います。

      守ってくれてたんでしょうか。

      削除
    2. このコメントは投稿者によって削除されました。

      削除
  3. 10年前に天国へ行った猫、の間違いでした。失礼しました。

    返信削除
  4. いつもブログ楽しみに拝見しています。
    わたしも、81歳の父をなくしたばかりで・・・。「想えば伝わる。」というお言葉に慰められました。長年の確執から、最後まで、あまり素直に優しくしてあげる事はできませんでした。十分につくして生きてきたつもりで、亡くなっても泣くことはないと思っていましたが、涙がとめどもなく溢れてしまうことがあるのは、なぜなのでしょうか。親子関係が、終わったようで、始まった部分もあるのでしょうね。


    返信削除
    返信
    1. 泣けてしまうのは、やっぱりちーさんがお父様のことを愛してらしたからではないでしょうか。
      もっとちゃんと愛し合いたかった。

      誰でもそうなのではないでしょうか。

      親子と言えど、やはりいろいろと分かり合えないこと、たくさんあります。
      でも、そういう難しいことも体験して、いろんな感情を味わうのが魂の計画だと思います。
      だからきっと、そういうのでよかったのではないでしょうか…

      と、思います。

      削除