ご訪問ありがとうございます。
amebaのZEPHYRの姉妹ブログです。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2016年6月3日金曜日

京都最終日に



*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

今年度受講生募集中→占星術ネット講座
(定員、残り9名様)

7月福岡鑑定会予約受付中→福岡チャリティ鑑定会のご案内

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

5月24日――。

京都でのセミナーと鑑定会の全行程を終えた翌日、私は岡山に戻ろうとしていました。

が、奥さんの仕事の関係で、結局、夕方ごろに岡山駅に到着すればよいという流れになり、せめて午前中だけでも京都観光をしようと思いました。

ホテルから京都駅に着き、ロッカーに荷物を預けて身軽になって動こう……と思っていたら、とんでもなかった!!

ロッカーが全部使用禁止!

そうなのです。

伊勢志摩サミットに関しての警戒下で、ロッカーがすべて使えなくなっていたのです。

唯一は手荷物の一時預かりで、そこには長蛇の列。

ま、仕方ないかな~~と思いつつ、一応身軽になったらバスで祇園へ向かいました。






久々の八坂神社。


境内にある素戔嗚尊の荒魂(あらみたま)のお祀りする神社。

その後、またバスで移動し、かなりの距離を徒歩で、南禅寺に。

ここは京都サポートの神野悠華さんのお奨めの場所でした。



大きな三門。

立札の説明を読むと、なんと伊勢伊賀の領主、藤堂高虎公の寄進によるもの。

今の名張領主です。

私にとっては、名張はちょっとご縁のある土地なのです。



新緑が美しいのであります。

外国人観光客も多いのですが、この日はアジア系の人より欧米の人を多く見かけました。


見て思い出す。

以前TVでたしか、水路が通っているお寺の案内を見た記憶があるのですが、ここだったのか~~。

別な意味でも歴史を感じます。

水路をくぐると、谷あいからざーっと気持ちのいい風が吹いてきて、誘われるように上がっていきました。


駒ケ瀧本堂 最勝院。

近くの滝には不動明王もお祀りされているようです。


また風に送られ、下ってゆきました。

そういえば南禅寺は臨済宗。

我が家も臨済宗系のお寺の檀家なのです。



0 件のコメント:

コメントを投稿