ご訪問ありがとうございます。
amebaのZEPHYRの姉妹ブログです。


作家として
占星術研究家として
家族を持つ一人の男として

心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。


2016年7月21日木曜日

巨泉さん、逝く


大橋巨泉氏が亡くなられました。
まずはご冥福をお祈りしたいと思います。

私たちの世代、若いころは、巨泉さんは本当にTVの申し子とでもいうのか、時代の寵児というのか、いろいろな番組でご活躍され、私たちを楽しませてくれました。
クイズダービーなんかは、家族で観てました。

巨泉さんのホロスコープを拝見すると、あの人らしい、スケールの大きなチャートだなあということを、まず感じます。



風のエレメントでのグランド・トライン。
この中には月が含まれており、月は動きが早いので、出生時間によってはこれが成立しない可能性もありますが、私は「ある」だろうと考えております。
なんとなくですが、この日のまだ未明の時刻、午前3時あたりかもしれないと思います。
それでも、このグランド・トラインは機能していると思われます。

特徴的なものは、ほかに水星と海王星の交換配置ですね。
臨機応変なトークなどはこのあたりから。

驚いたのは、このご逝去時のチャートが、まさに「大往生」的なものになっていたことです。
後年、いろいろと闘病の日々を過ごされてきた巨泉さんですが、今のチャートはむしろ満ち足りて見えるのです……

人がこの世を去るのは悲しい出来事ですが、チャートは「ただ悲しい」のとは違う側面を見せてくれることも多いのです。

あのような方は、なかなか現れるものではない。

私たちは、巨泉さんの、数々のトークと共にあった笑顔を今は思い出すだけです。




0 件のコメント:

コメントを投稿